ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

タロット大アルカナ4番目のカード「皇帝」の暗示を持つ。 本体はホル・ホース

能力値【破壊力/B スピード/B 射程距離/B 持続力/C 精密動作性/E 成長性/E】

オートマともリボルバーともつかぬ拳銃の形をしており、ホル・ホースが構えれば即座に手の中に現れ、発射できる。出現時の効果音はメギャン
弾丸もスタンドなので弾切れを起こすことはなく、障害物をかわしたり標的を外してもUターンして戻ってきて、再度相手を狙うような芸当も可能。
ただし射程距離から離れると威力がなくなってしまう事と、ホル・ホースの視界から外れると制御が効かなくなるという欠点がある。ボインゴと組んでの再戦の時は、この弱点のために自分の弾丸を食らってしまうという結末を迎えた。
またスタンドであるがゆえに、一般人に銃口を突きつけて脅すという用途に使うことができないのも欠点だが、街中で構えてもすぐには一般人に騒がれるリスクが少ないという長所にもなり得る。(一般人にスタンドは見えない)

弾丸を発射するまでは一切の音を立てないので暗殺向きではあるが、防御手段を一切持たないため正面きっての戦闘には不向き。
射程距離が意外と短いため確実に仕留められる間合いまで近づかなければならないのに、手を捻られただけで無力化されてしまう。
ホル・ホース本人が自認しているように、「誰かと組んでこそ真価を発揮できる」タイプのスタンドである。


銃のスタンド

ジョジョで銃火器に関連したスタンドというと、他には第五部で登場する「セックス・ピストルズ」と第六部で登場する「マンハッタン・トランスファー」が挙げられる。マンハッタン・トランスファーは特に遠距離狙撃に特化した能力のため、エンペラーは同じ拳銃使い同士としてセックス・ピストルズと比較されることが多い。

両名とも共通していることは銃弾の軌道をコントロールできる能力だということ。しかしそれ以外の要素は非常に多くの相違点とメリット、デメリットが存在している。

まずピストルズは正確に表現すると弾丸の軌道をコントロールする小人を6人出せる能力であり、スタンド能力の真価を発揮するには本物の銃と弾丸が必要である。そのため銃が破壊されたり弾切れを起こしたりすると戦闘力を失うという欠点がある。また連射数は銃の構造に依存するためミスタの愛銃の場合6発までしか連続して攻撃できず、弾を打ち切るとリロードが必要になる点も大きな欠点と言える。

その点エンペラーは銃も弾丸もひっくるめてスタンドのため、弾切れや故障といったトラブルとは無縁である。スタンドを消しさえすれば完全に手ぶらを装うこともでき、また弾も発射後に消せるため証拠が残らない事にも繋がる。

一方でピストルズの最大の特徴として、小人たちが使い手の意思とは独立した人格を持つという点が挙げられる。これによりザ・グレイトフル・デッド戦では、気絶しているミスタをピストルズが独自に行動することで守り、本体の指示なくブチャラティに敵の情報を伝えにいくなど、「意思を持つスタンド」の利点をこれ以上なく発揮している。

また弾丸を打ち込んだ先が本体の目の届かない場所であった時、エンペラーはホル・ホースの視界の中でしか制御できないが、ピストルズは小人たちがそれぞれの目で視認する事で本体の死角にも弾丸をコントロールでき、またそこの情報収集の役割を担うこともできる。

精密動作性に関しては、ピストルズが「A」である事に対しエンペラーは「E」と、大きな隔たりが存在している。おそらく銃弾の命中精度に直結するステータスのためこれは無視できない値である。しかし、ピストルズは小人の蹴りにより方向転換を行うため直線的な方向転換となるが、エンペラーの弾は弧を描きながら曲げる事ができるなど双方に特徴が存在する。

このようにそれぞれの能力は両方に長所が存在し、一概にどちらの方が強いとは言い難い。
と言うか互いの能力の性質上、張り合うのではなくエンペラーの弾丸にピストルズが取り付いてコントロールできれば、互いの短所を消し合い長所を両取りしためちゃくちゃ良いコンビになれると思われる。



なお、何の因果かエンペラーのタロットの番号は「4」である。

……少なくともミスタとホル・ホースのコンビは不可能そうである。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧
セックス・ピストルズ

関連記事

親記事

スタンド すたんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エンペラー(ジョジョの奇妙な冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34709

コメント