ピクシブ百科事典

ザ・グレイトフル・デッド

ざぐれいとふるでっど

ザ・グレイトフル・デッドとは、『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するスタンド。
目次[非表示]

概要

美とグロテスク


本体名…プロシュート兄貴
【破壊力: B / スピード: E / 射程距離: 列車一本程度は十分 / 持続力: A / 精密動作性: E / 成長性: C 】
全長1.5m。下半身がなく、胴体からは触手のようなものが数本垂れている。全身に目玉がある。

能力

生物(植物含む)を無差別に老化させるガスを放出する能力を持つ。対象の年齢とは関係なしに老化を開始するため、子供は大人にならず、子供のままで老化する。老化させられた対象は身体だけでなく記憶力等も老化し、最終的には老衰して死に至る。スタンド自身が対象に直接触れる事で、急激に老化させることも可能。
なお本体であるプロシュートは、他とは比べ物にならないスピードで自由に老化・若返りができる。
個人差はあるが体温が高い(体温の上昇スピードが速い)者ほど老化スピードが速く、そのため比較的女性よりも男性の方が老化スピードが速い。
ただし男性でも氷などで身体を冷やすことにより老化スピードを遅くすることができ、作中描写を見る限り少量の氷でも十分遅れさせることが可能。逆に運動などによって体温が上昇すれば老化は早まる。
そのため列車の乗客達やブチャラティ護衛チームにも老化スピードは個人差があり、トリッシュ以外にたまたま冷たい飲み物を飲んでいたブチャラティとミスタは他のメンバーに比べ動くことが出来た。
作中で組んでいたペッシも当然老化する対象になってしまうが、能力について知っていたため列車内のBARで氷をかじることで老化を免れていた(焦ったり動揺したりと体温が一気に上がりそうな場面に戦闘で何度も陥っていたが、彼のみ何故か例外的に老化していなかった)。

無差別かつ広範囲に発動可能で相手を行動不能にできるスタンドであるが、即死につながる訳ではない為、人よりも長寿な可能性のある生物や本体が動けずとも発動し続けられるスタンドが相手の場合死んだことや老化しつつも隠れていたことにすぐ気づかず見逃す、隙をつかれるという抜け道にもなりえる。
ただ、作中ではプロシュートの承太郎に負けず劣らずの観察眼やペッシの勘の良さでそれを補い、敵の特定への足掛かりにしてしまったことも。

一応人型をしているため格闘もでき破壊力もBと低くはないのだが、老化能力にスタンドパワーを振り向けているため素のスピードはそこまで高くない。また下半身の無いデザインである為、身体を支える際にもう片方の腕が必要となり、接近された場合実質片腕で相手の攻撃を捌かなければならない。
しかし、戦闘自体は老化させた相手と行う上に、格闘している間も能力が中断される訳ではなく、こちらが激しく動くほど身体が温まる=老化してしまうため近距離スタンド使いでも苦戦は免れない。

余談

名前の元ネタはアメリカロックバンドThe Grateful Dead
デッドヘッズと呼ばれる熱狂的なファンを生み出した伝説的なバンドである。

スタンド名としては「偉大なる死」(Greatful【偉大な】)と訳されているが、名前の由来であるバンド名(バンド名はメンバーが開いた辞書から引用して名付けたのでより正確にはその言葉)は
「彷徨える魂を成仏させる旅人の寓話」(負債を抱えていた死者の代わりに旅人が金を出し埋葬されるようにした。その旅人はその後何度か危機から脱することができ、それはその死者によるものだった)に由来する
「感謝する死者」(Grateful【感謝する】)が一般的な訳である。
稀に安楽死、尊厳死と訳される場合もあるがこれは誤りもしくは一部で使われた意訳と思われる。

なお、ASBの北米版ではThankful Dead
アニメの海外配信ではThe Thankful Death(タイトルの「偉大なる死」も同様)となっており【感謝する】の方が採用されている。


プロシュート(prosciutto)の語源は「乾燥させる」「乾燥した」にあり老化と関係があるとも言える。


ちなみに、pixiv内で「ザ・グレイトフル・デッド」と検索すると、似たような外見の(シテヤンヨのような)キャラクターが出ることもしばしば。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧
プロシュート 暗殺チーム
アレッシー・・・(正確には異なるが) 真逆のスタンド使い。適用範囲も対照的。

グレイトフル魂
老化

関連記事

親記事

スタンド すたんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザ・グレイトフル・デッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108401

コメント