ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして→死神NO.13

概要

【破壊力 - C / スピード - C / 持続力 - B / 射程距離 - E / 精密動作性 - D / 成長性 - B】
タロット大アルカナ13番目のカード「死神」の暗示を持つスタンド。本体はマニッシュ・ボーイ
サウジアラビアにてセスナに乗っているジョースター一行に同行し、これを襲った。「ラリホー」が口癖。

大鎌を持っておりピエロを模した仮面のような顔つきだが、長い祭服を纏った聖職者のようでもある。
全身をマントで覆っているが、本体が未発達な赤ん坊ゆえかその中身はほぼ伽藍堂であり、頭と肩と腕部分しか存在しない。

生き物が寝ている時に、寝ている者の精神を自身が作り出したの空間に引きずり込むという能力を持つ。複数人を同時に同じ空間へ引きずり込むことも可能。逆に言えば、夢の中でしか発動できないスタンドとも言える。
この空間は死神13自身が作り出した空間であり、常に遊園地のような外観を有している。また、この空間におけるあらゆる現象は死神13の思い通りになる。但し、標的を直接殺傷することだけはスタンド像で直接行わなければならない。
夢の中で攻撃されると現実でも同じように傷がつき、殺されると現実でも同様に死ぬ。

このスタンドは標的の精神を支配するという性質を持っている。
そのため、自分に痛みを与えるといったような夢から醒めるための古典的方法は一切通用しない。スタンドが作り出した空間から脱出するには現実世界で他人に起こしてもらうしか方法がない。
また、その精神に干渉する能力の応用か、夢から覚めた者は夢の内容を思い出すことができない(ただし、なんとなく悪い夢を見たというような感覚だけは残る)。
寝ている時に身につけていた物のみ、夢の中に持ち込むことができる(逆に言えばこれぐらいしか付け入る隙がない)。これはつまりスタンドでさえも身に付けていなければ(発動していなければ)夢の中で操れない。劇中では花京院はこれを利用して気絶する前にスタンドを地面に潜らせて維持した状態を保ったため夢の中にスタンドを持ち込むことに成功している。そして、「スタンドはスタンドでしか倒せない」という大原則があるため、夢の中においては死神13は一方的な攻撃(勝利)が可能ということになる

弱点

このようにほぼ無敵とも思われるスタンドだが、最大の弱点は正体と能力がバレてしまうと、ほとんど無力というところ。
なにより現実世界でスタンドを出せないという枷があまりに重くのしかかる。

先述の通りデス13は現実世界では活動できず、相手が眠るか気絶してくれない限り攻撃できない。本体のマニッシュ・ボーイも生後11か月の無力な赤ん坊で、他愛のない“お仕置き”ですら自力では回避不可。

また、パラメーターの「射程距離E」に示されるように、有効範囲も限られており、目が覚めている間にどうにかして相手に接近しなければならない(これさえも、赤ん坊の身では、誰かの手を借りる必要がある)。
自らの正体が露見する前に主導権を握り、勝負を決める必要のある、“先手必勝”型のスタンドと言えよう。

またジョースター一行にはいなかったためあくまで可能性の話ではあるが、本人の意識とは関係なく動ける自動操縦型のスタンドも天敵となりうるかもしれない。

関連タグ

死神13 デスサーティーン 道化師
エルム街の悪夢……ホラー映画。能力のオマージュ元。
マン・イン・ザ・ミラー‥第5部に登場したスタンド。自らの支配するテリトリーに敵を引きずり込めばほぼ一方的に相手を完封できるという似たような共通点がある。
本当です!信じてください!…このスタンドのせいで花京院典明が同じ状況に陥った。

関連記事

親記事

スタンド すたんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「デス13」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「デス13」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 355305

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました