ピクシブ百科事典

スーホの白い馬

すーほのしろいうま

モンゴルの民話。
目次[非表示]

概要

モンゴルの伝統楽器「モリンホール(馬頭琴)」の誕生を語った物語。
日本では福音館書店の絵本から知られるようになり、アニメ映画化、国語の教科書への採用などで知名度が高い。
しかし、モンゴル本国では実はマイナーな童話であり、同じ馬頭琴誕生の逸話としては『フフーナムジル』の方がよく知られている。

あらすじ

モンゴルにスーホという羊飼いの少年がいた。ある日スーホは、群れからはぐれた白馬の子供を拾ってくる。
白馬は成長すると素晴らしい名馬となり、競馬大会で優勝するが、白馬を気に入った王様は、スーホを痛めつけて白馬を奪い取ってしまった。
しかしある日、白馬は王様を振り落として逃げ出した。
矢を射かけられながらもなんとかスーホの元へ帰りついた白馬だったが、矢傷が元で死んでしまう。
嘆き悲しむスーホの夢枕に白馬が立ち、自分の遺体を使って楽器を作ってほしいと言い遺す。
目を覚ましたスーホは、夢で教えられたとおりに白馬の遺体で楽器を作った。これが馬頭琴の始まりである。

関連タグ

民話 絵本

pixivに投稿された作品 pixivで「スーホの白い馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4297

コメント