ピクシブ百科事典

ぐらんぶる

ぐらんぶる

「ぐらんぶる」とは、ダイビングを題材とした漫画作品。
目次[非表示]

もしかして:グランブル(ポケモン)

概要

講談社の漫画雑誌「good!アフタヌーン」にて2014年5月号から掲載されている。原作は井上堅二、作画は吉岡公威。

ダイビングに青春をぶつける漢(をとこ)達(と、そのノリに馴染んじゃってるお姉ちゃん約2~3名)の、お気楽でおバカな日々を描く。

メディアミックス

アニメ

2018年夏アニメとして、AT-X毎日放送BS-TBSTBSほかにて放送。毎日放送とBS-TBSとTBSではアニメイズム枠で放送された。
アニメーション制作はゼロジー。監督は高松信司
なお、飲酒シーンが多い関係上、登場人物は全員成人済みという設定変更がされた(そのため1年生組は全員2浪だとか、734制の異世界かもしれないなどと噂された。ちなみ原作より2歳ほど年が上がったためか”誰”の”どこ”かは言わないが結構盛られていた)。

なお、ポケモンの一種であるグランブルや、人気ソーシャルゲームである「グランブルーファンタジー」とは一切関係ないので念のため。ちなみに「グランブルーファンタジー」はアニメ化された実績があり、本作を放送しているAT-Xと毎日放送にて放送されている。

実写映画

2019年11月20日、2020年夏にも実写映画化される予定であることが発表された。関口大輔がエグゼクティブプロデューサーを、英勉が監督を、それぞれ務めるとの事。なお、原作のシナリオを担当する井上は、実写映画化が発表された日の前日に実写化構想が明らかにされた「ゆるキャン△に絡めたボケを自身の公式ツイッターでかましている

2020年1月31日、同年5月29日に公開予定と発表されたものの、新型コロナウイルス肺炎の影響もあり、同年4月3日、当面の間公開を見送ることが明らかにされた。そして本来の公開予定日であった同年5月29日、「(同年)8月7日に公開します」とアナウンスされている。
そして予告では主役俳優2人の全裸が惜しげも無く晒されているという、ある意味予想通りかつ前代未聞の動画に大話題となる。

登場人物

北原伊織
CV:内田雄馬、演:竜星涼
女っ気ある生活を求めて男女共学の伊豆大学に入学した。
だが、居候先がダイビングショップだったばっかりに・・・・・・・・・・・・

古手川奈々華
CV:内田真礼、演:朝比奈彩
伊織の居候先のダイビングショップの店主・古手川登志夫(CV:川田紳司、演:高嶋政宏)の娘。
ものすごいシスコン(ちなみにアニメにおける中の人はややブラコン)。

古手川千紗
CV:安済知佳、演:与田祐希
奈々華の妹。おそらく本作唯一の真人間。

今村耕平
CV:木村良平、演:犬飼貴丈
伊織の友達。二次元系の残念なイケメン

時田信治
CV:安元洋貴、演:鈴之助
ダイビングサークル(兼飲んべえの集まり)・ピーカブーの親方。
アルコールが入らなければいい男。

寿竜次郎
CV:小西克幸、演:岩永洋昭
腕利きのバーテンにしてダイビングの達人な金髪の好青年。だが、アルコールが入ると人格が破綻してしまう

浜岡梓
CV:行成とあ、演:小倉優香
(アルコールが入らなくても)残念な美人。バイセクシャル。

吉原愛菜
CV:阿澄佳奈、演:石川恋
訳あってピーカブーに移籍した女子大生。厚化粧をしたりアルコールが入ると壊れる

マスター
cv:速水奨
寿のバイト先のバーのマスター。学生でも気安く飲めるよう料金を安く設定、客の評判のいい寿を信頼していたが、伊織や今村たちがバーを訪れたことにより、とんでもない誤解をしてしまう。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


ぐらんぶる 梓
センシティブな作品



関連動画

アニメPV

実写予告


関連項目

  • あまんちゅ!:本作同様ダイビングが登場する漫画。また、静岡県伊東市が舞台という点でも共通。ただ、中身はものの見事に正反対。アニメ化された実績があるのだが、なんの因果か2期の「あまんちゅ!〜あどばんす〜」が「ぐらんぶる」の放送直前にあたる2018年春アニメとして放送されたこともあり、本作は「汚いあまんちゅ!」だの「あまんちゅ!~すぴりたす~」などと呼ばれてしまう有様である。
  • 湘南乃風:本作の主題歌を担当。アニメ作品では過去にタイガーマスクW(メンバーの個人活動も含めると宇宙兄弟も)、特撮では仮面ライダー鎧武を担当していた。曲の方はオープニングと合わせて、ある意味でもOP詐欺と言われるような仕上がりとなっている。
  • あそびあそばせ:同時期に放送されたOP詐欺繋がり。こちらの方は表紙詐欺とも言われており、それをオープニングに反映させた形だが。
  • ハッピーシュガーライフ:本作の前時間帯に放送されたアニメ。原作はガンガンJOKERにて連載中の鍵空とみやき氏による戦慄の純愛サイコホラー。同じアニメイズムにて放送されるということでそれぞれの編集部Twitterでコラボ番宣が行われた。この作品に引っかけて本作を「ハッピー酒豪ライフ」といじる輩もいらっしゃるが、この作品は本作とは真逆ブラックな作品。
  • バカとテストと召喚獣:原作者の前作。作風も似通っており、12.5巻のあとがきにて、もし明久達が大学に行ったらこうなると語っている。
  • sumika:実写版の主題歌を担当。



外部リンク

作品紹介サイト(アフタヌーン公式サイト内)
アニメ公式サイト
Wikipedia
実写映画公式サイト

関連記事

親記事

good!アフタヌーン ぐっどあふたぬーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぐらんぶる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2849059

コメント