2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

著者は涼川りん。「ヤングアニマル」(白泉社)にて掲載された漫画作品。略称は『あそあせ』。単行本は2020年9月時点で10巻まで刊行中。
涼川による繊細かつ柔らかな作画と、それにふさわしいのかどうか微妙な作風(後述)が特徴。作品コンセプトは「美少女×お遊戯コメディ」

Larcheの手によってテレビアニメ化されている。2018年夏アニメとして、TOKYOMXKBS京都サンテレビAT-Xほかにて放送。

ストーリー

遊び人研究会、通称「あそ研」に所属する3人の女子中学生の、笑いあり涙ありの心暖まる交流と成長を、凉川の丁寧な作画で描くハートフルコメディ漫画・・・

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

実態

あそ研に所属する女子中学生、華子、オリヴィア、香純の3人の『遊び』と言う名のギャグを描く強烈な笑激作品。

可愛らしい絵柄からは想像できない彼女達の顔芸が最大の売りで、その美麗な絵柄に反して躊躇無く下ネタも突っ込むギャップから、ネット上では電車で読むんじゃなかった』と、読者の腹筋をことごとくえぐっており、読む場所を間違えてしまった人が続出している。
そのせいか、「汚いきんモザ」だの「汚いゆゆ式」だの「綺麗な稲中」だの「マリアさまが見ていないほう」だの「マリアさまが見すてる」だのと散々にいじり倒される有様である。
読む際はくれぐれも周りに注意されたし。

アニメ版では、表紙詐欺といじり倒されていたことに対抗してOP詐欺とも言えるような仕上がりになっており、後には公式のテレビCMでも宣伝するようになった。もっとも、PVとホームページは隠すことはさらさらなかったが。
また、EDは、形容しがたいかなり特殊な絵柄であそ研の3人がスリーピースバンドで演奏しながら嫉妬にまみれた歌詞をハードロック調(あるいはデスメタル調)で歌う、というとてつもないインパクトのあるもので、こちらはしばらく前に放送されたスリーピースバンドアニメ「天使の3P!」と絡めて「堕天使の3P」や「悪魔の3P」といじられたことがある。
ちなみに、OPにあしらわれている黄色いユリ花言葉は…

登場人物

本田華子(CV:木野日菜)

華子


本作の真の主人公。しかしあそびあそばせは誰が主人公がハッキリと決まっていなく、ただ1番主人公っぽいだけである。あそ研部員。「腹黒バカ」
運動神経が良く成績も学年2位と勉強もできる、しかし頭が悪い。明るく泣き虫で有り活発な女の子。黒髪のツインテール。「リア充になりたいから」という理由でソフトテニス部に所属していたが、リア充になれる気配が無かったため退部。(理由は不純だが腕前はかなりのもので、あそ研がソフトテニス部に喧嘩を売った際に顧問の先生が「どんな汚い手を使っても絶対引き戻せ」(意訳)と部員に命じたほど。)その後香純と一緒にあそ研を設立。よく作画が崩壊する。奇想天外な言動で周りを振り回すこともあるが、彼女の歪んだ思想は凉川の引用であるとの事。何それ怖い。
実家はかなりの金持ちらしく家には使用人(後述の前田)がいる。
貧乳であることを気にしていて、よく香純に嫉妬するあまり変顔を披露してくれる。
また腹黒く、華子と組んだ場合は大体裏切られると覚悟した方が良い。
健太郎(CV:筆村栄心)という名前の弟がいる。

オリヴィア(CV:長江里加)

Olivia


本作の主人公の1人。金髪で碧眼の美少女(?)。「ただのバカ」
その見た目から英語が得意と思われているが、実際は両親が外国人なだけの日本生まれ日本育ちで、英語はむしろ苦手(オマケに国語が得意)。しかし周りの目もあって英語のネイティブスピーカーのフリをしている。緊張するとエセ外国人っぽくなる。
ちょくちょく作画が崩壊する。体のある部分の臭いが強烈(嗅いだ華子の鼻がもげた)。因みに教室に入ればみんな気づくレベルらしい。
典型的なアホの子で、勉強も宿題もやらず、テストも一夜漬けで済ませようとして結局赤点を取っている。
海外の大学を飛び級で卒業した兄がいる。しかし見た目は太り気味の黒髪男性で、赤いチェックシャツにリュックを背負っているというキモオタのテンプレートのようなビジュアルをしており、オリヴィアとは似ていない。
しかしその兄は英語がペラペラで頭も良い。こっち方面もオリヴィアとは全く似ていない。
それでもオリヴィアは兄によく懐いている。

野村香純(CV:小原好美)

かすみさん


本作の主人公の1人。物静かな雰囲気のあそ研部員。「隠れバカ」
黒髪をショートにした眼鏡っ娘。
中学生とは思えぬ巨乳の持ち主であり、(主に華子から)よくやっかみを受けている。華子と正反対の悩みを持ち、胸が大きくていいことなんてなかったと言っている。物理は得意らしいが、英語が壊滅的に苦手。英語研究会を設立して英語の克服を狙っていたが、華子の提案で遊び人研究会に。当人は部活を楽しんでいるようである。
所々の関節があり得ない方向に曲がる。(体や親指を後ろに90°以上というか180°曲げるなど)
男性恐怖症気味だが、隱れ腐女子でもある。青空さんにキスされてから彼女(彼?)を気にしている描写が見られる。
ズック飛ばしでいかがわしい声をあげてしまったり(わざとではない)、華子に脇の匂いを嗅がれる際に、恥じらいプレイをサービス提供してくれたり、その他で色々巨乳がネタにされ、最近ではほぼエロ担当に。
実はムッツリスケベっぽかったりする。

あそ研を取り巻く人達

生徒会長(CV:井上ほの花
おさげの眼鏡っ子。
見た目通りの地味な性格で、自分を変えるために生徒会長に立候補した。
本人にその気はないのだが、なぜかやたらと冷徹に見える一面がある。
基本的にはあそ研に振り回される苦労人ポジションだが、時々変顔を披露したりとブレーキが壊れる。

(CV:金澤まい)
本名は岡 るう。親友のアグリッパが「ルゥ」と呼ぶ以外は基本的に「岡さん」と呼ばれる。超常現象科学部(通称オカ研)部員。呪術方面のオカルトに明るく、実際に呪いを行使して楽しんでいるようである。

アグリッパ(CV:戸田めぐみ)
オカ研の部員。本名は間桐 あぐり。美的センスに著しいズレがある(岡曰く「流石、病んでる」。この発言への彼女の返答は「嬉しい」)。
華子と瓜二つの黒髪ツインテール。但し顔芸はしない。
祖母直伝の魔法の薬(本物)を複数所持している。当の祖母は「一足先にヴァルプルギスの夜に行っている」…らしい。
岡曰く「どこかに転送された」らしいが、実際はおケツの穴に出来た(かなり深刻な)できものの治療のため学校を休んでいただけだった。

青空つぐみ(CV:悠木碧)
華子達の学年で一番可愛いと噂される銀髪の美少女。体育の着替えをトイレでする一人称が「ボク」、実は付いてるらしい等、男の娘疑惑が浮上している。
理由は不明だが香純を気に入っており、彼女にちょくちょく思わせぶりな態度をとったり口付けしたり、百合なのかよく分からない描写が原作4巻からよく出てくる。
又その為か、香純と百合カップリングされる事が多い。

遊び人四天王(CV:金澤まい)
聖・淑女学園に通う女の子。名前は「紗礼頭 徳子」(しゃれこうべ とくこ)。
山の民を思わせる出で立ちをしている一方で、制服は校則通りに着ている。成績もかなり優秀。遊び人四天王という肩書きは隣の男子校の生徒ほとんどと寝た末に付いたらしい。
あそ研とは遊びに行った後も親しくしているらしく、文化祭にも招待している。
実は藤原北家の末裔

藤原さん(CV:内田秀
クラスメイト。学年一英語が得意だが、顔が平安美人のため古文が得意と勘違いされている。
ひょんなことからオリヴィアが英語を話せないことを知り、そのことを香純に問い詰めるも「誰にも言わないで…」と壁ドンしながら懇願してきたことで新しい扉がオープンした。
しかし青空さんが介入したことで交渉は決裂。フラれたショックで古文の才能が開花した。しかしまだ諦めてない様子。

來米躑躅
とても天真爛漫な新聞部の部長。本名はくるめつつじと読み、愛称はつーちゃん。黒髪ロングの姫カットが特徴の美少女(初期は前髪のみ短かった)。初期はあそ研(主に華子)の奇行に振り回された被害者の一人だが、その後なにかと縁があり部員ともども交流を深め、現在では姉妹のような関係に見えるくらい仲が良い。同学年ではぺんぺん、シャネルと特に親しく、よく一緒にいる(時折シャネルの実験台にされかけるが)。登場間もない頃は、スクープを追い求め破天荒な言動が目立つお転婆娘だったが次第に鳴りを潜め、現在は素直で親切なお姉さんキャラといった位置付けになっている。

七種なずな
新聞部の副部長。左側の一部を三つ編みにしたロングヘアと眼鏡が特徴の美少女。愛称はぺんぺん(なずなの別名称ぺんぺん草から)。冷静沈着で理路整然としておりクールな印象だが、実際はややオカルトに傾倒していて天然気味な性格。物静かで感情を出さず淡々と喋るが、時折悪気の無い毒を吐く時もある。あそ研とは良好な関係(香純を除く)で、特にオリヴィアとはとある一件を通じてスールの契りを交わしているほどである。本編はもちろん、作者の公式Twitterの落書きにおいて、シャネルから性的被害を最も多く受けてるキャラである(妙な薬を飲まされる、卑猥なコスプレを強要など)。しかしあくまでギャグとしてでありガチの嫌がらせでは無い(と思われる)。その際に露出した胸が意外に巨乳であることが判明している。

久保田みゆき
いつもスマホを手にしているウェーブボブの美少女。華子、オリヴィア、香純のクラスメイトで、教室の席は華子の後ろ。新聞部員であると判明する前にも作中に何度か登場している。本田健太郎と並ぶ作中一の常識人である。ポーカーフェイスで何事も一歩引いて物事を見ている。躑躅、なずななど周りの突飛な言動に心の中でツッコミを入れながらも、脱線しがちな人たちをサポートをしている。女子高の向かいの男子校に母親の再婚により同い年の姉弟となった久保田たかしがいる。たかしが女に対してフットワークが軽いため苛立っているが、たかしのマザコン疑惑を晴らしてあげるなど家族に対する思いやりと同時にたかしに対する恋愛感情も持っている。しかし義弟に告白する勇気はない

利屋ねる
作中一サディスティックな美術部部長。愛称はシャネル。初期はガスマスクで顔を隠していた。黒髪ロングで赤目(瞳孔が開いている)で、香純をも上回る巨乳の持ち主である(作者談)。怪しい薬草でキメてるかのような奇行、言動を度々行い、周囲に恐れられている。自分を恐れず慕ってくれている華子の事は華子嬢と呼び可愛がっている。ぺんぺんとは百合的な読者サービス(お互い胸部を晒したり、胸を合わせたりなど)を度々披露しており、この漫画のセクシー担当を二人で担ってるほどである(もちろんぺんぺんは強制的に巻き込まれてるだけだが)。中1時では今とはまるで正反対な性格で、躑躅・ぺんぺんと仲良くなるまではぼっちで絵ばかり描いている根暗じみた生徒であった。

鈴木幸子
う○こを愛する美術部部員。愛称はエルメス金髪ショート(最初はおさげだったらしいが鬱陶しかったため断髪)。初期はペストマスクで顔を隠していた。○んこ人間の指など、奇怪な物を作る技術に優れており、特にうん○に関しては本人いわく天才クオリティ(実際に生徒会長の机に置いてみたところ、見事に大事件へと発展した)。笑いのツボに関しても、う○こ関連のネタはストレートにハマり、茶色の物体を見ただけで吹き出すレベルである。美術部としてシャネルやミュウミュウとは良好な関係だが、時折シャネルに対しては謎めいた感情を抱くことも。

雲母美優
美術部部員。本名はきららみゆうと読み、愛称はミュウミュウ。常に、キラキラ目で笑顔のマスクを被っており、未だに素顔が判明していない(とある話で素顔の一部が露出した事はあるが)。美術部一クレイジーな人物と言っても過言ではないほど、ブッ飛んでいる。自身らを笑わせてもらうために唐突にあそ件にネタをやらせたり友情を試すため自身に悪霊を憑りつかせようとオカ件に突撃したりと行動力がとにかくずば抜けている。喜怒哀楽の感情は激しいが、マスクのせいで顔自体が見えないため、笑顔のまま怒鳴ってるかのように見えるので非常に不気味な面も多々ある

学校の先生

樋口先生(CV:前川涼子)
本名は樋口千紗都。あそ研の顧問。女子校出身の為、結婚というか男に飢えていた所、遊び人研究会という言葉に騙され見学に訪れた際に、三人に見事に丸め込まれて顧問に就くことになる。
半ば強制的に顧問にさせられたものの、ちょくちょく顔を出している。
ずっと女子校だったため男性との出会いがなく、未だ独身。(本人曰く「気づいたら母親が自分を産んだ年齢を越していた。」)

済南先生(CV:増谷康紀)
華子のクラスの担任の先生。国語教師。変態だが基本的には凄く良い先生。
作者の別作品りとる・けいおすに、同じ姿の登場人物がおり、セリフからおそらく弟と思われる。
生徒たちを思うあまりに、よく散々な目に遭う。そして変態という名の紳士である。

高柳先生(CV:斎賀みつき)
生徒指導の先生。男性と言われても違和感の無い屈強な体格をしている。
見た目通り女子力はゼロに近く、化粧パフを雪見だいふくと認識する
3年に妹が在学している。

松戸先生
113話にて登場した男性教師。理科担当で、新聞部の顧問でもある(躑躅いわく、園芸部など他の文化部もいくつか兼任しているらしい)。ホラー映画のキャラのような不気味な容姿をしており、名前の通りマッドサイエンティストそのもの。樋口先生に好意を寄せており、名前を聞くだけで過剰に反応するほど。その愛情は常軌を逸しており、ローラースケートで本人の周りをうろつく、不気味な創作物を本人に渡す、自身の研究室に盗撮した写真を貼りまくるなどやりたい放題。120話ではシャネルを立体物として贈るため、彼女を監禁、拘束して救助に来たぺんぺん共々シリコンで固めて型を取るという明らかな犯罪行為まで遂行した(ギャグ漫画よろしく警察沙汰には全くならなかったが)。以上の奇行から樋口先生からは心の底から嫌われている。
自身がそうであるにも関わらず、エキセントリックな人物が苦手であり、それ故シャネルをはじめとする美術部の部員は全員苦手らしい(華子いわく、同族嫌悪)。個性溢れるキャラクターの中でもトップクラスのサイコな人物ではあるが、テストに関しては甘々で、仏の松戸と呼ばれるほどである(逆に樋口先生はその難しすぎるテスト内容から、鬼の樋口と呼ばれている)。

あそ研の身内の人達

前多(CV:置鮎龍太郎)
華子の家に務める使用人。よく恍惚とした表情を浮かべる。
華子の暴走(横暴とも言う)に振り回されることもあれば、華子を思う余りに彼女を振り回すこともある。

一応人間の筈だが、若い頃に宇宙人に仕込まれたらしく肛門からビームが出る(←彼のアイデンティティーである)。

オリヴィア兄(CV:森川智之)
本名不明。いわゆるアキバ系オタのような人物。原作担当編集者のお気に入りらしい。
海外の大学を飛び級で卒業、博士号も既に2つ取得済みという、妹とはかけ離れた学力を持つ。学力以外でも、外見はもちろん性格までオリヴィアとは全然似てない。唯一とも言える共通点は綺麗な青い瞳なのだが、掛けている眼鏡のせいでほとんど見えない。
生の中学生(ナマチュウ)に尊さを感じている。 

実はヴァンパイアハンターであり、元々は今の姿と似ても似つかぬイケメンであった。
しかし呪いにかけられてしまったオリヴィアを救うために現在の姿になったことが明かされた。

関連イラスト

▫️
あそびあそばせ


あそびあそばせ
☆☆☆



関連動画



ラジオ

あそびあそばせらじお おききあそばせ
華子役の木野日菜、オリヴィア役の長江里加、香純役の小原好美がMCのラジオ。放送局は音泉

関連タグ

ギャグ コメディ 馬鹿 表紙詐欺(アニメ版はOP詐欺も含む)
りとる・けいおす
あそびあそばせ100users入りあそびあそばせ500users入りあそびあそばせ1000users入り

ぐらんぶる同時期に放送されたマンガ原作アニメで、OP詐欺つながり。
月がきれい:スタッフ及びキャストの一部が共通だが作風が180度異なるため、本作は一部の人から『月が汚い』とも呼ばれている。もっとも、ED後のおまけパートのノリは似たり寄ったりだが。

スター☆トゥインクルプリキュア:2019年冬に始まった新作のプリキュア。華子役の木野日菜と香純役の小原好美がメインキャラクターを担当しており、キャスト発表の際にネットニュースでも本作が話題に上がった。このことから巷では「きれいなあそびあそばせ」と呼ばれているとかなんとか。→プリキュア×あそびあそばせ

ソードアート・オンライン/アリシゼーション:2018年秋に始まった第3期のアニメ。こちらでも華子役の木野と香純役の小原が共に出演しており、しかも2人1組で登場した。両アニメの放送時期がとても近かったため、初登場時にあそ研を思い出した者はいたと思われる。

外部リンク

アニメ公式サイト
ヤングアニマル作品紹介ページ
ニコニコ漫画(連載中)
『あそびあそばせらじお おききあそばせ』紹介ページ

関連記事

親記事

涼川りん すずかわりん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6931971

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました