2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

1970年3月8日東京都練馬区生まれのO型。本名は旧字体の櫻井和寿でBank Bandではこっちを使用している。母方の実家は山形県鶴岡市の湯野浜温泉近くであり、本人の楽曲に海をモチーフにしたものが多いのも、帰省時の思い出が深く関わっている。

Mr.Childrenボーカル&ギター(最近のシングルでは使用しない事も)で、楽曲のほとんどの作詞・作曲を担当。近年はMr.Childrenとして編曲も行っている。
その他Bank Bandとしても活動したり、GAKU-MCとコラボシングルを出したりしている。本人曰く、Bank BandとMr.Childrenの違いは、歌詞に闇の部分があるかないか、だそうだ。また、Bank Bandは自分が好きな楽曲のカバーをよくやっており、代表的なカバー歌として中島みゆきの「糸」がある。

運動神経が非常に良く、特にサッカーが大好き。元日本代表の名波浩など親交を深めた選手も少なくない。
髪形によってはコブクロ小渕健太郎ゆず北川悠仁に似てるとよく言われる。また、昔は関取の寺尾に似ているといわれた。

商業音楽には否定的でありながらも、売れるための楽曲を作ることにこだわっていた(もともと社会人経験者であるがゆえの思考)、それでやっと売れる楽曲ができたと満を持して発表したのが1994年ドラマ『同級生』の主題歌、「CROSS ROADであり」、シングル4作目で初のミリオンヒットを達成。そして同年にアクエリアスのCMソング「イノセントワールド」で爆発的ヒット、ミスチル現象と言われるほどの社会現象が巻き起こる。更に大ヒットドラマ『若者のすべて』の主題歌、「Tomorrow never knows」でダブルミリオンを記録するほどとなり、アルバム『アトミックハート』は当時日本記録となった300万枚を記録する。

しかし、その栄光とは裏腹に商業音楽に対し疑問を感じ始め、加えて家庭事情とも相まって精神的に病んでいき、あるスキャンダルをきっかけに、心身疲労が限界に達し無期限の活動休止宣言。その間は自殺も考えたことがあったほどだった(しかし、その間もドラマ『きらきらひかる』の主題歌「ニシエヒガシエ」をリリースしたりするなど、音楽活動は全くやめてはいなかった)。

だが、休養中に音楽で人を幸せにしたいと願うようになり、ドラマ『ピュア』主題歌「終わりなき旅」(本人最後のミリオンセラー)をリリースして復活を果たした。その後は、精力的にライブツアーを実施するが、その前途洋々に思われた矢先に小脳梗塞を患い活動を休止。病院を転々としたほどだったが、半年後奇跡的に回復し、ライブ中、自身の楽曲「HERO」歌唱中に号泣したという(脳梗塞は言語障害が後遺症として残ることがあり、音楽ができなくなるんじゃないかという不安が常に付き纏っていた)。

そこから色々と人生への価値観が変わり、一方的に批判していた商業音楽を受け入れたり、顔見せのテレビ出演もあまり厭わなくなった。また、環境問題など社会活動にも注力しはじめBank Bandを主宰し、色々な歌手とも親交を深めるようにもなっており、後輩のスキマスイッチの大橋卓弥、RADWIMPSの野田洋次郎などはこのときに知り合っている。ほかには、プロデューサーの小林武史を通じて知り合っているサザンオールスターズの桑田佳祐、同時期にブレイクしたことでお互いライバルとして交友を続けているスピッツの草野マサムネ、GLAYのTERUなどとも親しい。

ラジオ番組のゲストにも盛んに出演するようになり、そこでは普段とは違った何でもありのトークを披露している。

ボカロといったサブカルチャーにも興味を持っていると発言したこともあるが、これは自分の長男が大のボカロ好きであることが影響している。

関連記事

親記事

mr.children みすたーちるどれん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53172

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました