ピクシブ百科事典

桑田佳祐

くわたけいすけ

桑田佳祐とは、日本を代表するシンガーソングライター、ロックミュージシャンである。サザンオールスターズのヴォーカル、フロントマン。
目次[非表示]

生い立ち

1956年、2月26日に神奈川県茅ヶ崎市に生まれる。父親が地元の映画館の雇われ支配人をしていた縁から、幼いころから多くの映画を観ており、その経験が今にも生きているという。母は父とのバー経営の後に平塚市で割烹を経営した。桑田によると父は鹿児島県出水市出身、母は三浦半島の血を引いているという。
血液型はA型。うお座。
身長は170.3cm。
鎌倉学園高等学校に通っており、英語の成績は良かったので、青山学院大学経営学部に合格。大学内の音楽サークルに所属していた。このころから、関口和之らと「温泉あんまももひきバンド」、原由子らと「AFT」などで音楽活動を行う。なお、彼が初めて作曲した「娘心にブルースを」を聞かせた人間はハラボーであり、この曲名は後に原のエッセイのタイトルになる。いつまでたっても仲のいい2人である(笑)

デビュー

日本を代表するミュージシャンのひとり。
アマチュアバンドとしてスキルを積んだのち、1978年サザンオールスターズとしてメジャーデビューする。デビュー曲はご存じ「今何時!!」の「勝手にシンドバッド」である。
この時、『ザ・ベストテン』で「ただの目立ちたがり屋の芸人です!!」と叫んだことが、しばらくコミックバンドや、一発屋と思われる原因となった。
ただ、これは桑田曰く、「スタッフに言わされた」(桑田流の照れ隠しかもしれないが)そうである。

サザンの桑田とソロ桑田

桑田佳祐は、音楽活動のなかで「サザンオールスターズ」としての活動と、「桑田佳祐」としての活動のふたつに分かれている。たとえば「勝手にシンドバッド」「いとしのエリー」「TSUNAMI」などはサザンオールスターズ。「悲しい気持ち」「波乗りジョニー」「明日晴れるかな」などは桑田佳祐ソロ活動である。ライブなどでは数曲入り混じっていることも。桑田佳祐にとってサザンオールスターズであることは、30年以上の歴史を持つバンド活動を経た「サザンらしさ」を背負うことであり、一方ソロワークは桑田佳祐自身のやりたいことが優先される、という微妙な違いがある。
ただ、2008年のサザン活動休止以降、あまり差はなくりつつある(現に、2005年には、自身のソロ曲として考えていた「恋するレスポール」を修正、サザンとして歌っている、等々)

ソロ名義の楽曲

1980年代哀しみのプリズナー スキップ・ビート 悲しい気持ち
1990年代真夜中のダンディー 祭りのあと
2000年代波乗りジョニー 白い恋人達 明日晴れるかな 風の詩を聴かせて 君にサヨナラを
2010年代本当は怖い愛とロマンス 明日へのマーチ Yin Yang 若い広場NHK朝ドラひよっこ』主題歌) ヨシ子さん 君への手紙

ミュージシャンとして

独特の歌唱法は、学生時代からファンだった前川清に影響を受けているという。そのほかにも、エリック・クラプトンビートルズボブ・ディランなどといった洋楽のミュージシャンにも非常に影響を受けている。
楽器に関しては、ギターを中心に、ベースドラムスピアノなど、幅広くこなせるマルチプレイヤー。ギターは、「音楽界で指折りのへたくそ」と自分で言ってはいるが、そんなことはない。まれに見せるスライドギターは一品。

また、彼は作曲から先に行う「曲先」の人であるが、2000年代から、「歌詞もけっこう大事だよな」と公言しはじめている。彼の作詞は、英語と日本語を混ぜたもの、自身のフィーリングによる造語、また古語を用いたものなど、さまざまなパターンがある。とくに、「音楽寅さん」や「ひとり紅白歌合戦」で古い日本の唄を歌い、歌詞の大切さを再認識したようだ(もちろん、昔から言葉の響きを大切にしているし、日本語でロックをやることに拘っている)。
「日本語を守るため、俺も金田一先生と立ち上がらなきゃいけない」(98年『素敵な夢を叶えましょう』)という言葉を冗談交じりで吐いてもいる。

かつては「自分もアメリカ人イギリス人みたいになりたい」「いつかなれるんじゃないかって本気で思ってた」と思う程海外のロックに憧れていたが、次第に「なれるわけない」と気づき「逆に日本人の良さを出したいというか、の感じで勝負したいな」と考えを改め、日本語の歌詞を重視した和洋折衷な方向性になっていった。実際自身の楽曲はポップスやロックのイメージが強いものの、日本の歌謡曲唱歌沖縄民謡の影響も受けており、そういった要素を取り入れる事もある。

時折世相を憂いたりその要素を取り入れた楽曲を発表する事もあるが、桑田本人は「それはあくまでも物語というか、ひとつひとつのドラマの脚本であってね。別に世の中に対するメッセージでもなんでもないんです」と語っている。ビクターのスタッフは「桑田さんは、ミュージシャンである前に一人の日本人だということを昔からよく言っていたので、今の日本の置かれている状況を感じ取って、特別に意図的ではなく、自然な感じで作っていると思うんですよね。桑田さんはあくまで音楽の表現者であり、世の中に対して直接政治的な動きは全くしないでしょうから」といった見解を示している。

CMソングや主題歌を作る場合はコンセプトの打ち合わせをしたり作品を事前にチェックしたうえで書き下ろしてからレコーディングする事がある。

曲作りやパフォーマンスに対する反省を必ず行い、よりよい作品や演出へブラッシュアップする努力を欠かさない。また、本人曰く「こう見えて」昔と比べるとコンプライアンスなどにも気を配っているという。

「芸人」

最初に「芸人」としてお茶の間に現れたことは述べた。しかし、彼のサービス精神は、芸人と呼ぶ以外の何者でもない。いかりや長介が本気で口説こうとした逸話も納得できる。

クレージーキャッツザ・ピーナッツが出演していた『シャボン玉ホリデー』や、大橋巨泉の『11PM』が本当に好きだったと著書などで語っており、音楽性と娯楽性の両立ということが観客に対する1つの礼儀、という立ち位置は長きにわたる音楽人生の中で揺るいでいない。
「音楽をやる芸やパフォーマンスを含めて観客に笑ってほしい」「二の線と三の線は表裏一体」「笑いの質の基本は皮肉やユーモアを含んだもの」という想いは彼の音楽活動を通じて多く見受けられるものである。

その一方で、ベタな笑いも多々取り入れており、サザンのライブでは『マンピーのG★SPOT』で毎回グレードアップしていくヅラを愛用、「ビートたけしか!!」と突っ込みを入れたくなる。しまいに、音楽寅さんでは「コスプレは楽しい」と言い切っている。
それ以前にも、サザンではばいきんまんに扮したり(95年、『Hotal Carifornia』)、紅白歌合戦で物議を醸したり(82年)、放送禁止用語を連呼したり…。
そもそも、青学時代から王貞治長嶋茂雄といった様々な人の物真似がお家芸だった、と関口和之斎藤誠は語っている。

ライブでのMCでギャグを織り交ぜたり、その頃流行っているギャグを使用する(2004年「ギター侍」、2003年タマちゃん、2006年「 アミューズのハンカチじじいです 」)ことも多い。

公の場で挨拶する際には林家こぶ平です」「釈由美子です」「偽TUBEです(※1)」「ましゃです」「EXILEの桑田佳祐です」「八村塁です」などと他人の名前をジョークとして名乗る事もある。後述のライブでの国歌斉唱でも照れ隠しからか歌い終わった後の開口一番が北島三郎です」だった。

  • ※1:実際にはTUBEの方がサザンの影響を多分に受けてデビューしたバンドグループである。

テレビでのお笑いバラエティが年々強まる規制圧力で演技法を封印されていく中、テレビが見てないのをいいことにはっちゃける60代。ミュージシャンとして「超一流」であることに異論はないと思われるが、一方で常にハゲヅラ・放水銃・壊れたギター・などの小道具や抜群のマイクパフォーマンスで笑いを取ることを忘れない。

お人柄

生まれ故郷の茅ヶ崎市や高校時代を過ごした鎌倉市への郷土愛を度々しみじみと話している。それが歌詞のテーマになる事も多い。

かなりハジけた性格で、見る人を楽しませてくれる。サザンのライブで、観客に向かって消防用のホースで放水したりする。みなさんもサザンのライブに行ったときには要注意である。まあ、みんな水をかけられたがっているのだが。疑うなら、サザンのライブのDVDを見てほしい。「水」のプラカードを持った人間が相当数確認できる

自他ともに認めるスケベ放送禁止用語を生放送で連呼しても許されてしまう数少ないTV関係者のひとり関口和之の最初の思い出は、桑田がまったく関係のない青学の講義で女を口説いていたことであった。また、福山雅治と並び、アミューズの変態として名を轟かせている。星野源は、桑田と福山の2人を変態の先輩と呼ぶ。
彼の楽しみのひとつは、自身のラジオ『やさしい夜遊び』の4択クイズで、リスナーに生電話する際、4番目の選択肢にどうしようもない下ネタを言うことである。ただ、女性を口説く際はその豊富な語彙を生かせない、とは本人談である。原坊に対しても、熱烈な求愛の末結ばれたようである。桑田の下ネタは、ファンサービス半分、照れが4分の1、本音が4分の1くらいに受け止めればいいだろう。ただ、その分、妄想が入り交じり過激

自他ともに認めるプロレス好き。石橋貴明と、アントニオ猪木ファン対決をたびたびやっていた。ちなみに、猪木さんは「太陽は罪な奴」のMVに出てました。よくライブでも猪木の真似をやってくれる。茅ヶ崎ライブのゲストに小川直也が来てくれたので、そのお礼に「PRIDEの唄」を作った。格闘技ではなく、あくまでプロレスね。

妻である原由子をとても大事にしているようで、芸能界随一のおしどり夫婦ともいわれている。桑田の温かい性格も垣間見える。
以前のサザンのような楽しい性格もありながら、最近は音楽界の大御所といった風格も感じさせるところもある。実際は、桑田は真面目な性格で、「天性の躁うつ病一家」と自分で述べている(『ロックの子』)。彼は桑田佳祐という役柄を演じつつ、自分でもそれを楽しんでいるのだ

日本の音楽シーンで長きに渡って活躍している理由を「自分の才能とかじゃなく、スタッフやファンのお陰である」「自分は優秀なミュージシャンじゃない。自分の手癖を愛してくださってるんじゃないかな」と謙遜する程スタッフやファンを大切にしている。

なお、湘南出身というプロフィールや、その歌の内容から、サーファーだと思われがちだが、実はサーフィンの経験はなく、初めてサーフィンに挑戦したのは1995年、アラフォーになってからのことであった。また、夏の曲のイメージが強いが、本当に好きな季節は春だと言う。

2010年代後半、ソロアルバム『がらくた』を発表する頃からボウリングにすっかりはまりこみ、自らの名を関した大会『KUWATA CUP』も開催された。

逸話

  • 桑田の思想については「僕には何か特定の主義もなければ思想もありませんし、でもでもリベラリストでもなけりゃ、聖人君子でも何でもない」と発言しており、下記のエピソードはその象徴と言える。
  • 日本文化古典への敬意を持っており、古語四季折々の情景を楽曲やライブの演出に取り入れている。
  • 本人が「僕の中にあるのは、当然、日本人の情緒そのもの」「みんな日本人であることをもっと懐かしむべきだよ」「やはり僕は日本人」と述べているように純粋な日本人である。
  • 東日本大震災発生から一週間後に放送された自身のレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』では「日本の国民のみなさんは素敵で優しい人たちだと思う。この国に生まれて良かったなと思います」と発言している。
  • 同震災から10年後の2021年3月11日付の河北新報に掲載されたインタビューでは「音楽人として東北に向き合い、復興のために活動することが第一のプライオリティー(優先順位)だと思っている」と語った。
  • ソロ名義でのツアー『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』『I LOVE YOU -now & forever-』で「月光の聖者達」を歌唱した際は日章旗(日の丸)をバックモニターに投影させている。また、1984年には日章旗を持ったサザンのメンバーのイラストが及川正通によって制作され、その年の7月の「ぴあ」の表紙になった(参照)。
  • 2013年にサザンとして行ったライブ『灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!』で「ピースとハイライト」を歌唱した際は日章旗をはじめとする世界各国の国旗が球体になって転がり、中央にピースマークが登場し世界平和を訴える映像が取り入れられた。
  • ライブやラジオで国歌君が代」を原曲通りに歌唱した事がある。また、紫綬褒章を受章した際の伝達式で、他の受章者(谷川浩司高畑淳子ら)と共に歌唱する姿が報道されたこともある。
  • 2014年秋に紫綬褒章を受章した際には驚きながらも「身に余る光栄」と語ったうえで、ファンや自身の音楽性に影響を与えた音楽家に感謝の念を述べている。明仁皇室に対する尊敬の念を述べており、皇居で当時第125代天皇だった明仁に拝謁した時には感動して涙が出ていた事を自身のラジオで発言した。現在は褒章は神棚に保管している。
  • 桑田の反戦を訴える姿勢は祖母や満州からの引き揚げ者だった父の影響によるもの。桑田自身「戦争なんて悲惨なことはもう二度とやるもんじゃないというのは、ともかく親父から刷り込まれました」と語っている。
  • 北朝鮮による日本人拉致問題の解決を訴える楽曲をCDやライブなどで複数発表している(参照)。
  • ビートルズの「Sun King」の歌詞を北朝鮮の諸問題(拉致問題、ミサイル発射実験、核実験主体思想)を批判する歌詞に変えて歌った。
  • ソロ曲の「漫画ドリーム09」で新疆ウイグル自治区騒乱を取り上げ、中国共産党を批判する歌詞に変えて歌った。
  • 「ミスマッチの仕方が定番とズレている方が面白い」という興味本位な理由で自身の楽曲や映像にスペイン語ハングルを取り入れた事がある。特に後者では出自や思想に関するデマがネット上で流れる遠因になった。


サザンオールスターズとザ・ドリフターズ

サザンオールスターズのデビュー当時、ライブや公開録画などでのあまりのハジケっぷりに、業界関係者から「サザンオールスターズはクレイジーキャッツドリフのようなコミックバンドだと思われていた(と本人は話している)。ちなみに、「勝手にシンドバッド」は、当時志村けんがやっていたギャグと同じ名前である。
前述の通り、お笑いの方にもかなり思い入れは強かったらしく、サザンの初期黄金期(原由子の産休による活動休止期以前。アルバム『人気者で行こう』収録まで)には、音楽活動の傍ら『8時だョ!全員集合』ばりのコントを披露したこともあった(三宅裕司らと行った番組「サザンの勝手にナイト〜あ、う○こついてるッ!!〜」)。

2013年のAct Against Aids『昭和八十八年度!第二回ひとり紅白歌合戦』では、サザンオールスターズ5人がそれぞれドリフターズのメンバーに扮し、「ドリフのズンドコ節」をはじめとするドリフの楽曲を歌った他、松田弘が加藤茶の「ちょっとだけよ」を披露するなど、本家並みのコントを行った。
2018年の『平成三十年度!第三回ひとり紅白歌合戦』でも同様の展開があり、この時には何とサザン5人でSMAPの「世界に一つだけの花」を披露した。

デビュー当時、ドリフメンバー入りを打診されたこともある。そのときの理由は、桑田によると「高木ブーさんが辞めるって聞いた」との事(1993〜1994年・年越しライブでのMCより)だが、真偽は不明。なおこのとき、「いかりや長介に直接打診された」というのが通説になっているが、桑田の言は「TBSの『全員集合』のプロデューサーから」である。

また、同じ学年(昭和30年度。桑田は2月生まれのため昭和30年生まれの感覚になる)というつながりから明石家さんまと親交がある。(皮肉なことに『全員集合』を終了に追い込んだ)『オレたちひょうきん族』の1コーナー、『タケちゃんマン』でのさんまが扮するアミダばばぁが登場した際の『アミダばばぁのテーマ』は桑田が作詞・編曲したことで有名。そのときの報酬は桑田曰く「CDウォークマン(ディスクマン)1台」だったらしい。

また、ビートたけしからは、桑田の監督作品『稲村ジェーン』を批判されたことで、仲が悪いと思われがちだが、97年に「SEASIDE WOMAN BLUES」を提供しており、『やさしい夜遊び』で「たけしさん面白いよね」や、たまに「バカヤロー!」「コマネチ!」など彼のギャグを使うので、尊敬している(桑田とたけしの類似点を指摘する人もけっこういる。現に、『MUSICMAN』を扱った雑誌で、爆笑問題太田光テリー伊藤ミッツ・マングローブなどがその旨の発言をしている。)ようだ。
たけしも、自身の番組『TVタックル』で、「サザンの桑田さんは天才だと思う」とコメントをしたことがある。

タモリとは非常に仲がよく、彼に「狂い咲きフライディナイト」を提供、「ミュージックステーション」でタモリとマニアックな話題で花を咲かせ、タモリが本当に嬉しそうに身を乗り出して話すのは恒例。
いわゆるBIG3全員に音楽を提供しているのである

原由子復帰後は本格的ロックバンドとしてのイメージが定着したが、それでもアドリブで観客の笑いを取ることを常に忘れない。

病気による休養、そして復活

2010年7月、定期的に受けている健康診断で、初期の食道がんを患っていることが判明、その後入院し、大手術。そして桑田は見事その試練に打ち勝った。
その病気をした年の大晦日、NHKの「紅白歌合戦に出場。紋付き袴姿でギター片手に「それ行けベイビー!!」と「本当は怖い愛とロマンス」を熱唱。
年は明け2011年2月、ニューアルバム「MUSICMAN」を発売。桑田佳祐の復活である。

現在の活動

「月光の聖者達」が三井住友フィナンシャルグループのCMソングに起用。
そんな中、2011年3月11日に起こった東日本大震災に際し、「自分の生きるエンターテインメントの世界でできることは、やはり歌で人を勇気づけることだ」とし、同じ事務所のポルノグラフィティ福山雅治BEGINなどと一緒になって『LET’S TRY AGAIN』というチャリティーソングを発表した。

2011年9月10日・11日には、東日本大震災復興支援として『宮城ライブ〜明日へのマーチ!!〜』を開催した。このライブでは冒頭で犠牲者に黙祷を捧げる、随所で東北・宮城に関連する楽曲を歌唱するといった配慮をしっかりと行ったうえで、普段のスタイルを維持している。チャリティーソングやライブの収益は日本赤十字社を通して被災地に寄付された。

2012年にはソロ25周年記念ベストアルバム、『I LOVE YOU - now & forever-』を発表。そして5年ぶりに全国ツアーを行う。その最初の場所は、やはり宮城県だった。

2013年、サザンオールスターズの活動再開。デビュー35周年記念ライブツアーの会場に、2000年以来となる故郷・茅ヶ崎が含まれ、そして宮城仙台がツアーファイナルとなる。

2014年、日本の大衆音楽へのこれまでの取り組みが評価され、紫綬褒章を受章。Gヅラつけて歌っても、良いものは良いのだと評価される。同年の年越しライブでのサービス精神と照れ隠しが曲解され一騒動となる。が、そういうのはとっくの昔の70~80年代に色々な物議を醸してきた桑田であることを忘れられているだけのだ。目立ちがり屋の芸人は、良い歌を作り続ける。そして2015年、サザン15枚目のアルバム「葡萄」を発表。

2008年から5年間隔で行われた『ひとり紅白歌合戦』では、日本歌謡史を彩ってきた様々な歌手の名曲を、敬意を込めてずっと歌い続けてきた。
そして平成最後の本家『NHK紅白歌合戦』のラストステージでは、かつて色物と評価された「勝手にシンドバッド」で、松任谷由実北島三郎らとともに、日本中を熱狂に巻き込んだ。

2018年にデビュー40周年を迎えた後に、2019年に開催されたサザンの全国ツアーでも、定番曲からファン泣かせのマニアックな曲、そしてツアーで育ててきた「愛はスローにちょっとずつ」を披露し、その姿勢は衰えていない。

2021年におけるソロの配信ライブ『静かな春の戯れ』では、沢田研二浅川マキティン・パン・アレーなどカバー曲、「グッバイ・ワルツ」や「愛のささくれ」など落ち着いた「オトナ向け」の雰囲気と、「SMILE~晴れ渡る空のように~」「明日へのマーチ」など人々を励ます、静と動を両立させた彼ならではのステージを披露してくれた。



桑田はこれからも、あるいは素直に、あるいは過激に、あるいは笑わせ、あるいは他人の歌で、大衆音楽の粋を究めながら、日本を励まし続けるだろう

関連タグ

サザンオールスターズ 歌手

関連記事

親記事

サザンオールスターズ さざんおーるすたーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桑田佳祐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92282

コメント