ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

解説

アナログレコードや両面DVDのようなメディアでA面の反対側になる面のこと。


転じて、アナログオーディオテープリバーストラックについてもオートリバース機能が一般化するまでは物理的にテープを逆方向に向ける必要があり、リールもしくはカセットを物理的に裏返すことからこの際にリール・カセットハーフがユーザー側を向いている面をB面と称した。


片面しか記録層のないCDでは、シングル盤でも片面にしか記録層がないため、レコードからの移行が本格化する1980年代終盤から1990年代前半には、日本で歌謡曲ソフトを発売するレコード会社はC/W曲(Coupling with)と称して定着を図ったが、結局従前の慣例で「B面曲」と呼ばれてしまうことが多く、1990年代後半に入るとほとんど使われなくなった。


A面曲、B面曲の違い

通常レコード会社がマーケティング上重視するのはA面曲で、B面曲はあくまでもおまけという意味合いで、あまり重視されない。

しかしA面曲以上にB面曲が人気になり、B面曲がA面曲に「昇格」する例もある。


A面曲はレコード会社の商業戦略にある程度則った曲が使われるが、B面曲はそもそもレコード会社が重視していないので、作り手の好みが強く出ていたり、実験的な要素を取り込んでいたりする例が多い。誰だ桑田佳祐の遊び場とか言ったのは(ただし、彼はそれさえも全力)。


両A面

CDのタイトルが「○○/○○」となっているのが主に両A面と呼ばれる。例えばアニメのオープニングとエンディングや別々のエピソードで使用された挿入歌を同じシングルCDに収録する場合などに両A面となる。ラブライブ!2期挿入歌のLove wing bell/Dancing stars on me!など。


関連タグ

レコード CD 音楽

関連記事

親記事

レコード れこーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85950

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました