ピクシブ百科事典

東トルキスタン

ひがしとるきすたん

中央アジアの地域。中華人民共和国新疆ウイグル自治区。
目次[非表示]

中央アジアの地域で現在は中華人民共和国新疆ウイグル自治区となっている地域。

核実験

1964年から北京政府ロプノール湖にて、実験を開始
1964年10月16日に初の核実験が、1967年6月17日には初の水爆実験が行われた。中国政府はこれまで46回におよぶ核実験を行ったと公式発表しているが、実際は、小規模の実験も含め、同地における核実験は50回以上に及ぶと推定されている。

2002年8月以降の調査で、中国が東トルキスタンで実施した核実験によって、ウイグル人を中心に19万人が急死し、健康被害者は129万人にのぼり、そのうち、死産や奇形などの胎児への影響が3万5000人以上、白血病が3700人以上、甲状腺がんは1万3000人以上に達すると発表された。
また、被害はシルクロード周辺を訪れた日本人観光客27万人にも及んでいる恐れがあり、影響調査が必要であるとの指摘がある。

民族浄化

この地域では、ウイグル人に対して民族浄化政策が実行され、多くのウイグル人が虐殺されており、ウイグル人の伝統文化の抹消や、漢民族への同化が急激に進行しつつある。

独立運動

東トルキスタンでは住民暴動が頻発しており、2013年6月、トルファン地区ピチャン県で住民グループによる暴動が発生し、警官隊と衝突して35人が死亡。北京政府は、「これは外国勢力が介入したテロだ」と断定し弾圧したが、住民側は「漢族主導の抑圧政策が事件の原因」と反発している。その少し前の4月には、カシュガル地区マラルベシ県で、住民グループと警官達が衝突、計21人が死亡する事件が起きている。
これらは最近はじまったことではなく、2009年7月に区都ウルムチでウイグル族による大規模暴動が起きて以後、収束するどころかますます頻発するようになってきている。

ウイグル人はイスラム圏とのネットワークもあり、弾圧に対する抵抗も根強く、中国は酷く手を焼いている。
東トルキスタンにはウイグル人による『東トルキスタン独立運動』を推進する勢力が存在し、現在、中国政府の弾圧から多くがトルコなどのイスラム圏やヨーロッパ・北米などに逃れている。この独立勢力は中国にとって驚異であり、2012年2月にトルコを訪問した習近平副首席(当時)は、トルコ首相との会談で「東トルキスタン独立運動を阻止してほしい」と嘆願した(しかしそれは絶対に不可能である・・・) そのため中国におけるウイグル弾圧がイスラム圏を巻き込む可能性が非常に高く、 すでに東トルキスタンの反政府勢力と北京政府の全面戦争が始まろうとしている。

東トルキスタン問題は、中国が現体制を解体しない限り、永遠に抱えていかなければならない火種であり、下手をすれば国家崩壊に繋がりかねないとされる。

余談だが、中国は現在、かつての巨大共産主義国崩壊時のプロセスに酷似した道を歩んでいる。

別名・表記ゆれ

ウイグル

関連

支那 チベット 南モンゴル 内満洲 …東トルキスタン(ウイグル)とともに現在の中華人民共和国を構成する領土。

pixivに投稿された作品 pixivで「東トルキスタン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11207

コメント