ピクシブ百科事典

中元日芽香

なかもとひめか

中元日芽香は、日本の元アイドル・心理カウンセラー。「乃木坂46」の1期生メンバーであった。

概要

1996年4月13日生まれ、広島県出身。身長は、161cm。

2011年に、「乃木坂461期生オーディション」に応募し、合格。乃木坂46の1期生メンバーとして芸能界入り。(加入前は、アイドルグループ「SPL∞ASH」のメンバーとして芸能活動を行っており、乃木坂46のオーディション合格と同時に卒業している。)

2013年11月発売の7thシングル「バレッタ」で初の選抜入りを果たした。その後、2015年3月発売の11thシングル「命は美しい」収録のアンダー楽曲「君は僕と会わないほうがよかったのかな」で初のアンダーセンターを務めた。2015年10月発売の13thシングル「今、話したい誰かがいる」収録のアンダー楽曲「嫉妬の権利」では、堀未央奈と共にアンダーセンターを務めた。その後、2016年3月発売の14thシングル「ハルジオンが咲く頃」収録のアンダー楽曲「不等号」では、2度目の単独アンダーセンターを務めた。その後、2016年7月発売の15thシングル「裸足でSummer!」にて、8作(約3年)ぶりに選抜入りを果たし、同年11月発売の16thシングル「サヨナラの意味」でも連続で選抜入りを果たした。しかし、体調不良を理由に、17thシングル「インフルエンサー」における活動を全て休止することを発表。その後、体調不良を理由にグループからの卒業と芸能界引退を発表した。同時に、同年夏に行われた「真夏の全国ツアー2017」への不参加と同年10月開催の「アンダーライブ全国ツアー2017」に専念することを発表した。最後の活動となった18thシングル「逃げ水」収録のアンダー楽曲「アンダー」では、北野日奈子と共にアンダーセンターを務めた。その後、「真夏の全国ツアー2017 Final! in TOKYO DOME」を最後に乃木坂46としての活動を終了し、芸能界を引退した。
引退後は、心理カウンセラーとして乃木坂46LLCに所属し、並行して早稲田大学へと入学し、認知行動療法やカウンセリング学を勉強したことを公表し、カウンセリングサロン「モニカと私」を開設。2021年6月には、初の自叙伝「ありがとう、わたし」を発売予定。

愛称は、「ひめたん」。名付け親は、妹であるBABYMETALSU-METAL(中元すず香)。
必殺技は、「ひめたんびーむ」。顔文字にすると、(<・ω・>)。自分からはやらないようにしているらしい。
好きな食べ物は、お菓子。嫌いな食べ物は、魚介類。そのため、たこ焼きはタコ抜きで食べる。
特技は、歌とダンス。加入前から、アクターズスクール広島に通っていたこともあり、抜群に上手い。「乃木團」では、ボーカルを担当していた。

仲の良いメンバーは井上小百合伊藤万理華生田絵梨花斎藤ちはる
井上と伊藤とは、「温泉トリオ(湯けむり3姉妹)」を結成しているが、ことある事に、わだかまりが発生してしまうため、「わだかまりトリオ」とも呼ばれている。
生田と斎藤とは、「中3トリオ」を結成している。メンバー曰く、「いくちゃんの暴走を唯一止められるのがひめたん」らしい。

関連タグ

乃木坂46の主なOG アイドル 心理カウンセラー

関連記事

親記事

乃木坂46の主なOG のぎざかふぉーてぃーしっくすのおもなおーじー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「中元日芽香」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「中元日芽香」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2839

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました