ピクシブ百科事典

過食症

かしょくしょう

自分の意志に反して食べ過ぎてしまう精神疾患。

概要

過食症とは神経性大食症のことであり、ブリミアとも呼ばれる。
過食症の患者は、短時間で通常摂取するであろう分量を遥かにこえた量の食物を一度に摂取した後、代償行為(嘔吐・下剤・利尿剤・薬物・過度の運動・絶食など)を行う。代償行為を行わないものはむちゃ食い障害と言う。
激しい飲食の後に罪悪感や抑鬱が多く見られ、最悪の場合自己嫌悪から自殺を図る事もあり、その確率は拒食症のそれよりも高い。

ジェラルド・ラッセル教授によって1979年に提唱され、1980年の米国精神医学会によって摂食障害として承認された。中枢性摂食異常症(摂食障害)として厚生労働省の特定疾患に指定されている。

関連タグ

摂食障害 拒食症 過食嘔吐

pixivに投稿された作品 pixivで「過食症」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94423

コメント