ピクシブ百科事典

サイバー天安門

さいばーてんあんもん

中国史をありったけ、コケにした作品です。

時は大戦火時代-ジェネラル・エイジ-
産業文明を乗り越えた先に訪れる、機械【マキナ】文明の到来。
具現化された人間の欲望は尽きることを知らない中、
数々の悲劇が戦火によって生み出されていった。
増幅された負の感情はやがて、殺戮兵器へと移行し、
大衆が権力を支持する、盲目の暗黒社会へと変貌を遂げる。
荒廃した諸国家は、やがて野心家に牛耳られるようになり、
それが引き金となり、世界規模の大戦が勃発するようになった。
イルボン、ルシアン、デュイツ、メリカン、そして大チュンカ。
列強諸国を舞台に戦線が敷かれる中、
人々は嘗て思い描いた理想郷を模索しつつ、あても無く彷徨い続ける。

時は同じくして、舞台は南満州鉄道。
イルボン大帝国に支配された満州では、
偽りの傀儡政権が勃発し、大陸征服に向けて、
イルボンの魔の手が差し掛かっていた頃のこと。
共産軍に所属する若き勇士・周恩来は一人、満州帝国へ潜入してゆく。
かつて共産軍4強の一人と言われた周恩来は、
立ちはだかる列強諸国・イルボン大帝国に対し、
一人孤高と挑みゆく中で、己の無力を知り、
宿敵・甘粕正彦と対峙する運命を辿る。
果たして、勝負の行く末は如何に?!

力を制御するには、それ以上の力を行使しなくてはならない。
緊迫と焦燥感に駆られた世界各国は、泥沼の殺戮競争へと呑み込まれゆく最中、
その中で人々は何を見、そして何を語り継いだのか。
乱世の中で生き抜く彼らが垣間見たものとは・・。

pixivに投稿された作品 pixivで「サイバー天安門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24134

コメント