ピクシブ百科事典

MiG25事件

べれんこちゅういぼうめいじけん

MiG25亡命事件とは、冷戦真っ只中の1976年9月6日、旧ソビエト連邦空軍現役将校であるヴィクトル・ベレンコ中尉が当時最新鋭のMiG25戦闘機で北海道函館市に着陸し、アメリカへの亡命を求めた事件である。
目次[非表示]

概要

MiG25事件とは、冷戦真っ只中の1976年9月6日に、ソ連空軍のヴィクトル・ベレンコ中尉がMiG25で函館市に強行着陸し、アメリカへの亡命を求めた事件である。この事件は、当時の世界を大きく騒がせた。ここではヴィクトル・ベレンコについても同時に解説する。

ヴィクトル・ベレンコ

生い立ち

1947年2月15日、ナリチクの軍人の家庭に生まれた。父親は陸軍軍曹であり第二次世界大戦ではパルチザンとして活躍した事もあった。ベレンコが2歳の頃両親は離婚し、その後父親は二児の母親の女性と再婚するが、ベレンコは継母から陰湿な嫌がらせを受ける(食事内容を差別されるなど)過酷な少年時代を過ごした。家庭に安らぎを得られなくなったベレンコは、強靭な肉体と優秀な頭脳を培う事でその逆境を乗り越える事を志した。ちなみに体作りに必要なたんぱく質などは母親に頼んでも買ってくれる訳がないため自分で森の川で魚を獲って焼いて食べていたという。

防空軍へ

中等学校時代には航空クラブに所属し、兵召集後に航空学校へ入学し、ミコヤンMiG-19MiG-21の操縦を学び、戦闘機隊への道へ進み、その後防空軍の教官となるが、軍内部の堕落や不正の横暴に業を煮やしたベレンコは、現状を上官に訴え、第一線部隊への転属を申し出た。しかし、惨状が明るみに出る事を恐れた上官は、事もあろうに彼を軍規違反として独房に放り込んだのだ。結局彼は同情的な軍医の助言もあって防空軍第513戦闘航空連隊に配属された。

そして亡命へ

この連隊がベレンコの最後の任地となった。劣悪な生活環境や軍内部の不正の横行、そして浪費家の妻との冷え切った夫婦関係などの要因が重なり、29歳のベレンコはソ連に愛想を尽かし、綿密な計画を立て始める。
そして運命の1976年9月6日、訓練飛行でMiG25を操縦することになったベレンコは、計画通り墜落を装い離脱し、そのままレーダー網に引っかからないギリギリの低空を飛行し、燃料切れ寸前に函館空港に強行着陸した。ちなみにこの時、スクランブル発進したF4EJを振り切っている。

警察と自衛隊間の混乱

MiG25の着陸後、管制官が自衛隊にMiG着陸を通報したが警察に電話するように言われてしまい、警察に連絡したら今度は自衛隊に連絡するように言われてしまう。これを受けて、とにかく早く来てくれと伝えたところ、着陸から20分後にようやく北海道警察が到着し、空港は北海道警察により封鎖された。
その後自衛隊員が到着するのだが、『領空侵犯は防衛に関わる事項だが、日本の空港に着陸した場合は警察の仕事だ』との警察の主張により、自衛隊員は管轄権を盾に締め出されてしまった。こんな時なんだから仲良くしろよ…。

アメリカへの亡命

6日当日のうちに、警察による任意の取り調べを受けたベレンコは、アメリカへの亡命を希望し、本当は千歳空港に着陸する予定だったが曇っていたため断念して函館空港に着陸したと付け加えた。
ソ連側はベレンコとの面会、機体の早期引き渡しを要求したが、7日には東京に身柄を移され、8日にはアメリカが受け入れを表明したため、9日に東京国際空港から定期便でアメリカへと出国した。

自衛隊の非常態勢

当時空飛ぶ国家機密とまで言われたMiG25。それが西側で解体され、秘密を知られるとなるとソ連としてはたまったものではない。ソ連軍が機体を取り返しに来るとか、機密保持の為機体を破壊しに来るなどの噂が立ち、函館に駐屯する自衛隊は大騒ぎとなったが、結局取り返しにも破壊しにも来なかった。
ただし実際にソ連からは機体の即時返還要求がった。そこで、アメリカ軍は航空自衛隊の支援の下、機体を分解し、輸送機に搭載して茨城の百里基地まで輸送した。ちなみにこの時、機体には『函館の皆さんさようなら、大変ご迷惑をかけました』と書かれた横断幕が掲げてあった。その後機体は検査の後ソ連に返還された。

その後のベレンコ

亡命後しばらく、ベレンコは自身の安全確保の為に氏名と居住地を頻繁に変えた。1983年9月に大韓航空機撃墜事件発生の際には当時商用で国外にいたベレンコは緊急に呼び出され、大韓航空機を撃墜したソ連の戦闘機パイロットの会話の鑑定や暗号解読に当たった。
やがてソ連が崩壊し、冷戦が終結すると、1995年にモスクワを訪れている。しかし翌年、サンクトペテルブルクの日刊紙がベレンコの事故死を大きく報じ、ベレンコはブチギレ。これを受ける形で同年11月、亡命20周年を契機にインタビューに応じ、ソ連時代・亡命の動機とそれに至る動向、その後の人生についてなどを詳細に語った。

余談

ベレンコはソ連時代に裕福な家の出の女性と結婚し、一児をもうけたが、家事をほとんどせず、挙句浪費家の妻とはやがて不仲となり、亡命直前には妻の方から離婚を求められていたという。
亡命後はアメリカ人女性と結婚して二児を設けたが離婚している。
彼は今、アイダホ州で航空イベント会社のコンサルタントをしている。


別名・表記ゆれ

MiG25亡命事件 ミグ25事件

関連タグ

冷戦 MiG-25

コメント