ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ADF-11F

えーでぃーえふいれぶんえふ

ADF-11Fとはエースコンバット7スカイズアンノウンに登場する架空機である。機体愛称はレーベン(ワタリガラス)。

概要

これ以降は『ACE COMBAT 7 SKIES UNKNOWN』のストーリーに関わる重要なネタバレを取り扱っております。

到達前であればブラウザバックを推奨します。






































ネタバレ注意

作中において

ノースオーシア・グランダーI.G.とEASA(エルジア航空宇宙局)によって開発された第7世代戦闘機。プロトタイプとなる無人戦闘機ADFX-10を基に改良を加えた機体。グランダーI.Gの技術者、ドクター・シュローデルが収集したある人物の戦闘データを学習させたAIを搭載する自律無人機型を主体とし、少数のみ生産される有人戦闘機型も存在。基本の機体色は黒に近いダークグレー。

最大の特徴は、ノーズユニットとなる小型戦闘機・ADF-11を核とし、作戦行動に合わせて制空戦闘型・対地攻撃型・電子偵察型といった複数種類の大型ウイングユニットの装備・換装が可能な点。更に前述した無人戦闘機型に限り、重度の損傷を受けた際にウイングユニットをパージしダメージコントロールを行う事で、ノーズユニットのADF-11のみで飛行を継続し、そのまま作戦空域外への待避を行う事が可能となっている。この航空機として極めて異様な機構は、作戦行動中に蓄積した飛行・戦闘データの保護を目的として考案された。

機体運用に学習型管制AIを使用していることもあり、蓄積されたデータはセキュリティ上の問題から一般的な戦術データリンクを使用せず、航空基地や通信基地に設置された特定のミリ波アンテナによって交信されるようになっていた。


作中に登場する制空戦闘型のF型ウイングユニット(RAW-F)は、エンジンナセルやノズルの形状はADF-01に近いもので、主翼翼面は翼端に下半角のついた後退翼となっている。


劇中ではRAW-F装備の無人戦闘機型・フギンとムニンの二機が登場。


ストーリー終盤における通信網断絶、並びにエルジア政府軍の制御を離れた2基のAIの手により「エルジア大陸全土の無人機生産工場へ自身の戦闘データを送信できるミリ波アンテナを備えた軌道エレベーターを確保」すべく、アーセナルバードを巡る大規模戦闘に参加したエルジア政府軍・UAV・有志連合軍・オーシア空軍長距離打撃戦略群に甚大な被害を与える。

稼働停止した軌道エレベーターが再起動すれば実働データを積んだフギン・ムニンと同型のADF-11Fが量産され、やがて「それら」がエルジア大陸のみならず地球規模で制空権を人類から喪失させる危機が訪れる。


『灯台』を巡る戦争は、『人類とAI』どちらが勝者になるかという生存競争に変貌していた。


武装

ADF-11単体にはパルスレーザー砲を固定装備として搭載し、RAW-Fの武装としてミサイルと機首部に装備された戦術レーザー砲が一門、更に小型無人機「Weapon UAV」を主翼下面に2機搭載し、こちらにも戦術レーザー砲が搭載されている。


派生型

・ADFX-10

機動性と飛行制御、RAW-Fの着脱機能のデータ取りの為に開発された試験機。

機首にレーダーと赤外線探査装置を備え、キャノピーに相当する箇所は装甲化されており、ADF-11の設計は概ねこの時点で完成されていた。

しかしADF-11に搭載されていた光学式複合外部センサーは未装備で、機銃もパルスレーザー砲ではなく実体弾の機関砲が備わっているため、ADF-11のキャノピー部分が平滑になっているのが外観上の相違点。

ストーリーではMission10「異動命令」の終盤、試験飛行を実施していた本機の一部がボルゴデレスト南方でオーシア国防空軍サイクロプス隊の偵察攻撃から振り切る形でボルゴデレスト上空に到達。現地で輸送機護衛任務に当たっていたスペア隊のトリガーカウントと交戦の末、撃墜されている。


・ADFX-10F プロトタイプ・レーベン

ADFX-10にRAW-Fを装着したモデル。ノーズユニットがADFX-10なので実体弾の機関砲が固定装備。ADF-11F用に用意されたRAW-Fとは異なり、戦術レーザー砲は非搭載。


上記の有人戦闘機型が第一弾DLCとして配信中。PSNストアによる商品紹介


立体化

模型メーカー・コトブキヤから「ADFX-10F」「ADF-11F」としてキット化されている。

RAW-Fの偏向ノズル・エアブレーキ、ノーズユニットのADFX-10/ADF-11は設定通り分離・分離時には引き出し式主翼となるストレーキのギミックも再現されている。

ADFX-10FはADF-11の複合センサー搭載型キャノピーが、ADF-11FにはウエポンUAVとその展示用フライングベースが付属する。


余談

ガス無くなっちゃった(^o^)

エースコンバット3には本機と似た愛称の『X-49 ナイトレーベン』という架空機体が登場。


関連タグ

エースコンバット 架空機

ADF-01:レーベンの開発元と同じグランダーI.G.にて開発されていたステルス戦闘機。当機は有人機であるが将来的に無人戦闘機として使用することも考慮された設計で、そういう意味ではレーベンの先祖とも言える。

パルヴァライザー:もう一つの「AC」と言われているアーマード・コアに登場する無人兵器。戦闘経験を積むことで「より強い個体を生産する」ロジックを持つ共通点がある。

アサルト・セル:アーマード・コアに登場する勢力に関係なく無差別攻撃を行う自律兵器。宇宙開発競争の激化により空を覆いつくした結果、高高度における制空権は喪失して宇宙へと進出する手段を失ってしまった。

関連記事

親記事

エースコンバット7 えーすこんばっとせぶん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 246690

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました