ピクシブ百科事典

ADF-11F

えーでぃーえふいれぶんえふ

ADF-11Fとはエースコンバット7スカイズアンノウンに登場する架空機である。機体愛称はレーベン(ワタリガラス)。

概要

これ以降は『ACE COMBAT 7 SKIES UNKNOWN』のストーリーに関わる重要なネタバレを取り扱っております。
到達前であればブラウザバックを推奨します。





































ネタバレ注意
作中において
ノースオーシア・グランダーI.G.とEASA(エルジア航空宇宙局)によって開発された第7世代戦闘機。プロトタイプとなる無人戦闘機ADFX-10を基に改良を加えた機体。グランダーI.Gの技術者、ドクター・シュローデルが収集したある人物の戦闘データを学習させたAIを搭載する無人戦闘機型を主体とし、少数のみ生産される有人戦闘機型も存在。基本の機体色は黒に近いダークグレー。
最大の特徴は、ノーズユニットとなる小型戦闘機・ADF-11を核とし、作戦行動に合わせて制空戦闘型・対地攻撃型・電子偵察型といった複数種類の大型ウイングユニットの装備・換装が可能な点。更に前述した無人戦闘機型に限り、重度の損傷を受けた際にウイングユニットをパージしダメージコントロールを行う事で、ノーズユニットのADF-11のみで飛行を継続し、そのまま作戦空域外への待避を行う事が可能となっている。この航空機として極めて異様な機構は、作戦行動中に蓄積した飛行・戦闘データの保護を目的として考案された。
作中に登場する制空戦闘型のF型ウイングユニット(RAW-F)は、エンジンナセルやノズルの形状はADF-01に近いもので、主翼翼面は翼端に下半角のついた後退翼となっている。
劇中ではRAW-F装備の無人戦闘機型・フギンとムニンの二機が登場。

武装
ADF-11単体にはパルスレーザー砲を固定装備として搭載し、RAW-Fの武装としてミサイルと機首部に装備された戦術レーザー砲が一門、更に小型無人機「Weapon UAV」を主翼下面に2機搭載し、こちらにも戦術レーザー砲が搭載されている。


上記の有人戦闘機型が第一弾DLCとして配信中。PSNストアによる商品紹介

関連タグ
エースコンバット 架空機

関連記事

親記事

エースコンバット7 えーすこんばっとせぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ADF-11F」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22998

コメント