ピクシブ百科事典

パルヴァライザー

ぱるゔぁらいざー

アーマード・コア ラストレイヴンに登場する自律型機動兵器。名前は「粉砕する者」を意味し、アライアンス側によって命名された。
目次[非表示]

概要

突如として戦場に出現し、バーテックス・アライアンス双方へ無差別に攻撃を仕掛ける存在。
その正体は、サークシティ地下に存在するインターネサインと呼ばれる大破壊前に建造された施設が自衛の為にACを模して生み出した兵器。
パルヴァライザーはインターネサインが戦闘データを蓄積する事で、無制限に再生産と進化を繰り返す事が可能であり、それによって様々な戦闘形態に派生する。
当初は大した脅威ではないものの、撃破する毎にその欠点を解消した機体が再生産される為、際限なく強くなる可能性を秘めておりその存在を事前に察知していたジャック・Oはこの機体との交戦を禁じていた。

バリエーション

タンク型

ルートによっては最初に主人公(=プレイヤー)の前に現れる形態。
ブレードとレーザーキャノンを装備しており高い火力を誇るものの、機動力が低いというタンク型共通の欠点の為、あまり脅威とは言えない。

四脚型

脚部パーツを変更し、タンク型の欠点であった機動力を強化した形態。
レーザーキャノンが高出力の物(デザイン上は同一の物ではあるが)に変更され、更に機動力に物を言わせた接近戦を展開するなどタンク型と比べると極めて高い脅威となる。

二脚型

四脚型から更に高い機動力を獲得しようと二脚型の脚部に変更した形態。
基本性能は総じて向上しているが、両肩のレーザーキャノンは小型化・連射性を重視した物が装備されている(ただし発射の際に構え動作が発生する)。
エド・ワイズの見立てではあるレイヴンが搭乗する事で本来の性能を発揮するとされており、事実ルートによってはそのレイヴンが搭乗して敵対する事もある。

フロート型

フロート型脚部を採用した形態。名称こそ「フロート」ではあるが、その戦闘手段はACのフロートとは違い最早「飛行」の域に達している
両肩のキャノン砲はオービットキャノンに変更され、脚部にプラズマキャノンを搭載。高い三次元機動能力によってACの有効射程外や死角からの攻撃が可能となっている。

飛行型

本体を超えるサイズの飛行型脚部を装着した形態。
脚部にレーザー砲が搭載された四本の可動肢を有するのが特徴。
インターネサインの直接防衛の為か対多数戦闘を意識した装備が多数施されており、高出力のエネルギーシールドや全周囲レーザー、ホーミングレーザーなどを装備して高い火力を有する。

蒼いパルヴァライザー

インターネサインが破壊された後に現れた飛行型パルヴァライザー。
インターネサインが主人公(=プレイヤー)を倒す為“だけ”に生み出した存在であり、実質的なパルヴァライザーの最終形態。ゲーム中における隠しボス。
耐久力や一部武装が強化されており、元の飛行型に無かった高出力エネルギーキャノンやミサイル迎撃機能が追加されている。

どの形態でも上半身は共通だが、形態によって脚部や両肩の装備が異なる。

エンブレム

アレのマーク


関連項目

アーマード・コア ACLR
ジャック・O エヴァンジェ ジナイーダ

pixivに投稿された作品 pixivで「パルヴァライザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23081

コメント