ピクシブ百科事典

M27IAR

えむにじゅうななあいえーあーる

HK416を改修した分隊支援火器モデル

概要

 アサルトライフルであるHK416を原型として開発された分隊支援火器

 これまで米軍では専用設計の分隊支援火器であるM249を使用していたのだが、

  • 機関銃持ちは遠目でも目立つため優先的に狙われる
  • 銃自体が重すぎる、大量の弾が嵩張る
  • 一戦闘あたりの使用弾数の減少
  • 専用の訓練が必要で分隊の誰もが使えるわけではない
  • 機関銃持ちは機動力が低下する
 以上の理由により、「分隊誰もが使えるアサルトライフル型支援火器」を開発するという、合衆国海兵隊のIAR(Infantry Automatic Rifle)プロジェクトが発足。
 基本的にはM16M4カービンと同じ操作で、専門の訓練を必要としない事が前提となっている。
 プロジェクトにはコルトディフェンス(6940 IAR)、LWRC(M6A4)、FNH(SCAR IAR)、H&K(M27)、ゼネラルダイナミクス(ウルティマックス100 MK.5)、パトリオットオードナンスが参加し、最終的にH&K社のM27が採用された。

 M27では精密射撃能力と軽さを重視しているためバレル交換機構は採用されていないが連続射撃に耐える16.5インチ長のヘビーバレルを採用している。
 そもそもIARを必要とする状況ではM249でも長く撃ち続けるような運用はされておらず、ある程度狙ってバースト射撃を繰り返す制圧射撃を行なうため、銃身交換は殆ど行なわれていない(装備の軽量化のために予備銃身を持っていかないこともある)。
 HK416譲りの精度も健在で、M16以上に正確な射撃を可能とし、アサルトライフル、マークスマンライフルとしても非常に優秀。550mの有効射程を持ち、800m先まで制圧効果を発揮することができる。
 着剣機構を持つために銃剣の装着も可能で、海兵隊が得意としている銃剣突撃も可能となっている。
 給弾機構はベルトリンク給弾の出来ないアサルトライフルのままなので、1マガジンあたりの弾数は減るが、C-MAG(100発装填)やSureFireMAGPUL等が開発した複々列マガジン(60発や100発装填)等の大容量マガジンを使用する事で解決は可能。
 しかしマガジン自体の給弾不良や壊れやすいといった問題、軽量な分隊支援火器と言うコンセプトに合わない、といった事から大容量マガジンは廃案となり、既存の30発装填のマガジンが使用されることになった。(廃案となったものの大容量マガジンのテストは継続されている)
 M249の後継として採用されているが、完全に置き換えるものではなく、併用される(中隊指揮官が使用を判断する)事になっている。

他のプロジェクト参加銃はオープンボルト(ボルトの閉鎖と共に発射。発射時に閉鎖の衝撃があるので一般的に命中精度は劣る)とクローズボルト(ボルトは閉鎖状態で発射)が併用可能で、精密射撃時にはクローズボルトで、フルオート射撃時にはオープンボルトで作動すると言う機構を搭載したものもあったが、M27ではそのような機構は採用されず、HK416同様にクローズドボルトのみとなっている。

 導入当初不満たらたらだった現場も使ってみると手のひらをひっくり返し「こいつは一人二役をこなせる銃だ」「コイツの一発は従来のSAWの三、四発分の効果がある」と大絶賛。
 携行弾数は規定では通常1,000発~500発(ベルトリンクの収まった200連マガジンや100連マガジンを複数)を携行するM249に対しM27IARは660発(30発マガジン×22)と弾数は減少しているものの、M249以上に精密な射撃が可能であるため一発あたりの効果も増し、必要弾数が減るため、むしろM249よりも長く戦闘を継続することができる。
 傾向としては余裕があるなら30発マガジンは規定以上の数を携行する事が多いが、M249用マガジンはかさばる事から余分に持つことは殆どないため、IAR使用時の実際の携行弾数は900発以上とM249と殆ど変わらない例もあるとの事。
 また、共通のマガジンを用いていることでアサルトライフルを使用する兵士から分けてもらうだけでなく、逆に機関銃手が他の兵士に弾を分け与える事も可能となった(ベルトリンクで繋がった弾薬を用いている場合はリンクから分解して弾を込めなければならず、戦闘中の受け渡しは不可能である)。
 武器が軽いため兵士の疲労が少ない、ばらまく銃弾が減れば付随被害が減る、というのも昨今の戦争では見逃せない。
 海兵隊では陸軍と弾薬の調整をするに辺り、ついに主力小銃をM16からM4カービンへと切り替える事もあり、マークスマンライフルとしての運用も多くなっていく事も予想されており、実際に(おそらく海兵隊が使用するMk318弾を使う場合)同口径のマークスマンライフルのSAM-Rより適していると判断され、M27を用いてマークスマンコースでの訓練も行なわれている。

 また、海兵隊内ではM27は陸軍のM855A1弾薬を使うと給弾不良が起きると言った問題も報告されており、これは陸軍でもM855A1 EPR弾の装弾問題(銃弾先端が覆われずにスチールコアが露出している弾の為、すべりが悪い)が報告され新型のEPMマガジンを採用するにまで至ったが、今回に至ってはM27が問題視されている。
 海兵隊では給弾不良に対処するためPMAGを採用する事を決定した。当初は原型となったHK416同様にPMAGとの相性が悪く(マグウェル部とマガジンのワッフル模様が接触して使用できない)、一部の部隊では使用を禁止しており、2012年に正式にPMAGを含めた非GIマガジンの使用は禁止となった。当時は対応したEMAGやPMAG(Gen3)が登場していたが使用は認められていなかったために海兵隊員の中には私物として使用していたものも居た。その後、PMAG M3を正式に採用、陸軍のEPMマグも訓練用として限定的に採用されている。
 しかしM27にM855A1を使用すると出る問題は給弾不良だけでは無くボルトの故障やバレルの故障も報告がされており米軍の弾薬共通化の理想実現に新たな障壁が出たとも言える


ちなみにIARは海兵隊独自のプロジェクトであり、陸軍などでの採用の予定はない。

関連項目

H&K 制圧射撃
L86

pixivに投稿された作品 pixivで「M27IAR」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1730

コメント