ピクシブ百科事典

アメリカ合衆国沿岸警備隊

あめりかがっしゅうこくえんがんけいびたい

アメリカ合衆国が誇る世界最大の沿岸警備隊である。
目次[非表示]

アメリカ合衆国沿岸警備隊( United States Coast Guard, USCG)はアメリカ合衆国(米国)の海上警察機構(司法警察)である。現役軍人4万人以上、補助隊員2万4000人、一般職員8500人を擁する世界最大の沿岸警備組織

組織

国防総省ではなく国土安全保障省に属するが、陸軍海軍空軍海兵隊とともに米国軍の一部門として位置付けられている。

保安方面を大きく太平洋アラスカハワイ含む)と大西洋五大湖メキシコ湾ミシシッピ川を含む)方面に分け、太平洋方面はボストン、ポーツマス(バージニア州)、マイアミニューオーリンズ、東海岸(大西洋岸)方面はアラメダ(カリフォルニア州)、シアトルホノルルジュノー(アラスカ州)にそれぞれ海上管区本部を置く。このほか24カ所に航空基地を有する。

本部はワシントンD.C.、メリーランド州に沿岸警備隊工廠を保有する。士官学校はコネチカット州ニューロンドン、訓練センターはニュージャージー州ケープメイにある。

歴史

1790年に設置された「税関監視艇局」が前身で、1915年1月に救命局、1939年に灯台局を統合し現在の沿岸警備隊の形になった。第二次世界大戦、朝鮮戦争などでは沿岸警備隊のカッターが海外派遣され、アメリカ海軍の指揮下で上陸支援、輸送船団の護衛などにあたった。

1967年に財務省から運輸省に管轄が移り、2003年に国土安全保障省の発足に伴い同省の管轄に移された。

装備

2019年時点で 243隻のカッター(巡視船)、1650隻のボート(巡視艇など)、 201機の航空機(ヘリコプターと固定翼機)を運用する。帆船や南極観測用の砕氷船も保有している。

関連タグ

沿岸警備隊 アメリカ軍 海上保安庁

関連記事

親記事

沿岸警備隊 えんがんけいびたい

pixivに投稿された作品 pixivで「アメリカ合衆国沿岸警備隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント