ピクシブ百科事典

衛生兵

えいせいへい

衛生兵とは、軍隊で医療に関する業務を行う兵士。フィクションにおける職業のひとつでもある。

戦闘での負傷兵に応急処置を施し後方に連れ帰る、後方での傷病兵の看護及び治療、部隊の衛生状態の維持、防疫業務が主な仕事。
戦地の部隊は負傷した戦友を置いて前進することもあったので、戦闘中に負傷した兵士は衛生兵がくると一安心であった。
もとより専門技術のある軍医ではなく、戦場で衛生兵ができることは止血と消毒を施し鎮痛薬を打つなどして応急処置し、治療可能な場所へと届けるまで持たせる程度である。
(ちなみに現在の兵士はIFAK(Improved First Aid Kit)やコンバットトラウマキット等と呼ばれる簡易衛生キットを持っている事が多いが、衛生兵が持つものより更に簡易であり、出来て気道確保用のチューブを入れたりといった程度である。国によっては運用方法の違いや法規制により医療行為を出来る人間を制限するなどされており、更に内容が減って止血程度しか出来ないものもある)

メディックコーマンドク等、組織によって呼称が異なる。

パラジャンパーのような救助だけでなく残される機密情報の破壊も任務にする衛生兵もいる。
またアメリカ海軍EOD(爆発物処理チーム)のように違う兵科ではあるものの、負傷者を助けなければならないが当人たちしか立ち入れない状況(例えば地雷原や罠だらけの場所に負傷者がいる)で治療を施さねばならない場合、衛生兵ほどではないが応急処置を施せるようになっている事もある。

衛生兵の部隊(衛生部隊)は交戦中の保護が1864年に国際条約(ジュネーヴ条約、戦地軍隊における傷病者の状態の改善に関する条約赤十字条約)で決められており、攻撃してはいけないことや捕虜として扱ってはいけないことなどが定められている。
したがって衛生兵に持つことが許されている武器は最低限の武装であり、戦闘員として働くことはない(そもそも医療器具を大量に持たなくてはいけない衛生兵は、拳銃程度の武器しか持てないが)。
条約に批准していない国やテロリストなどが相手では条約など意味がなく、第二次世界大戦では意図的な誤射により攻撃されたり、区別なく攻撃されるなども多くあった。
さらに罰則規こそあるがまともに運用されていない為に条約自体が形骸化しており、批准国であってもしばしば無視されている。
そのため、場合によっては自衛用火器として軽機関銃アサルトライフルなど、他の兵士同様の武器を携行する事もある。

そこからゲームフィクションにおいてそのような職業が登場する事もある。

魔界戦記ディスガイア4の衛生兵

第6弾のDLCとしてノーマルの歩兵系を差し置いてファントム・キングダムより復帰。

灼眼のシャナなどで有名な「いとうのいぢ」がデザインしたキャラクターである。

コンセプトとしては「可愛いけれども毒のある」キャラクターだそうである。

キャラクターの声の種類によってはメロンパンなど食べ物の名前を言う事があるが
これはデザインした「いとうのいぢ」がイラストを手掛けた作品が元ネタであろう。

関連タグ

ファントム・キングダム 魔界戦記ディスガイア4 いとうのいぢ 僧侶 赤十字

pixivに投稿された作品 pixivで「衛生兵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111527

コメント