ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

CV:前野智昭  実写映画:岡田准一


怒れるチビ

防衛部・図書特殊部隊所属

笠原郁小牧幹久手塚光の所属する堂上班の班長を務めている。班内で一番身長が低い。郁との口論の際(初期)に何度か「チビ」と言われている。12月生まれ。

図書特殊部隊隊員として、図書館業務・戦闘双方において優れた能力を発揮する。

実直で責任感が強いがゆえに新人図書隊員には鬼教官と呼ばれる。外面も性格通りであるため、外部の人間と接する場面では重宝されるが、その真面目さが祟って部隊内ではいじられ役になることが多い。しかし、からかいの度が過ぎると上官も先輩も後輩も同期もなく激怒する。

常識や正論を重視する真面目な性格だが、それは過去の反省からの自制によるものであり、元々は熱血で直情的型の郁と似たような性格の人間だった。

口癖は「アホか貴様!」。仏頂面がトレードマークだが、ポーズであることがままある。

叱るときや褒めるときなどは、主として頭に対して行うことがマイルールであるらしく、

ゲンコツ、叩く、小突く、撫でる、手を置くなどのバリエーションがある。

手が届き難いときには書類などを丸めて行う場合もある(対手塚など)。

またヘルメットを被っているときは例外として肩を叩くようだ。


図書特殊部隊配属のきっかけは本人が言わなかったため原作で語られることはなかったが、アニメオリジナルエピソードで小牧が郁に語る形で明かされた。


防衛部時代、小牧と共に児童館の蔵書を狙った検閲抗争に図書特殊部隊の助っ人として参加した際、抗争終了間際に敗北目前で苛立っている良化隊員が遊びに来た子供と揉めている場面を目撃。

その際、児童館に侵入した男の子に良化隊員が威嚇目的で発砲。被弾はしなかったが立派な違法行為である。

これに激怒した堂上は単身良化隊員に突っ込み、発砲した隊員を殴り飛ばすが返り討ちに遭う。

……しかし、それを喧嘩屋中年の異名を持つ玄田隊長が黙って見ているわけもなく、小牧を除く全隊員と共に堂上に加勢、一般市民の眼前で良化隊員相手に乱闘を繰り広げる(というか良化隊員が図書隊員に一方的にボコボコにされている)。

この騒動で始末書を書かされたが、「無鉄砲には役職つけて責任取らさないと何するか分からない」という玄田の計らいで、小牧と一緒に図書特殊部隊に配属となった。


また、同エピソードの終盤において市街地で発砲し小牧を負傷させた良化隊員(アニメオリジナルキャラクター)に掴みかかるが、今度は殴らず違法行為を糾弾して終わるという場面があり、小牧から「無鉄砲だけど学習能力はある」と評された。

以下ネタばれ注意

 ↓ ↓ ↓







実は郁の「王子様」である。郁の入隊面接時面接官として同席していた堂上は見計らい権限で救った少女だと気づいたものの、郁が語った「完璧超人」と言えるような当時の自分の美化されっぷりに机から顔を上げられなくなった。

この面接により、図書隊幹部及び上官たちは堂上がかつて救った少女が郁だと把握し、

面白がった玄田の計らいにより訓練期間の担当教官、及びその後も上官として郁の面倒を見ることになった。だが、自身による失態(見計らい権限の独断行使)が、郁を図書隊の中で最も危険な防衛部へ志望させてしまったことに深く責任を感じており、自分の目の前で傷つかれる前にリタイヤさせるため当初はとりわけ郁を絞っていた。

郁への気持ちには蓋をするつもりであったようだが、ごく稀に公私混同するような行動(手塚慧に会いに行った郁を強引に迎えに行くなど)や、郁が心細がっている際に手を握るなどの行動を取ることもあり、手塚以外の周囲にはバレバレである。

関連タグ編集

図書館戦争 堂上

笠原郁 小牧幹久 手塚光


堂郁

関連記事

親記事

図書館戦争 としょかんせんそう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10006296

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました