ピクシブ百科事典

リドル・ローズハート

りどるろーずはーと

ゲーム『ツイステッドワンダーランド』の登場キャラクター。
目次[非表示]

お前たち、覚悟はいいね?首をはねろ!

CV:花江夏樹

概要

学年2年E組26番
誕生日8月24日
年齢17歳
身長160cm
利き手
出身薔薇の王国
部活馬術部
得意科目実践魔法
趣味ハリネズミの世話
嫌いなことルール違反
好きな食べ物苺タルト
嫌いな食べ物ジャンクフード
特技クロスワードの早解き


ハーツラビュル寮の寮長。
個人のロゴは薔薇の花。

人物

厳格な性格で、自身の所属する寮のルールを破ったものには【首をはねよ(オフ・ウィズ・ユアヘッド)】という容赦ない罰を下す為恐れられているが、印象に反して表情は豊か。
常に冷静であるが、激昂すると顔を真っ赤にして怒る。
授業にも真面目に取り組む為成績は優秀で学年1位。
真面目だがノートをとる際インクの色を間違えたり、錬金術の授業で適量を大匙でドバドバ入れたり(ラギー談)、誰かさんの冗談を間に受けて実践したりと、たまにおっちょこちょいなところも見せる。
また好物はタルトだったりするがさほど舌は肥えていないらしい。

フロイドからは「小柄で食べる部分がなさそう」「怒ると真っ赤になる」という2点から「金魚ちゃん」と呼ばれている。そのため苦手意識があり近づかないようにしている描写が見受けられる。(同じクラスのジェイドも同様に苦手意識がある)
同じ寮に所属しているトレイとは幼馴染み。また、ライバル校であるロイヤル・ソード・アカデミーには同じく幼馴染のチェーニャ(猫の獣人)が在籍している。
大きめの運動着は入学当初直ぐ背が伸びるだろうと思って買ったものだが…お察し下さい

上記の性格は小さい頃から親の過度な教育に依る物。

容姿

リドルくんが可愛い
なんでもない日


朱色のショートヘアに、グレーの大きいつり目。
ハートを思わせるアホ毛が着いており、感情表現の際に伸びたりしている。
二年生の中では一番小柄。
筋肉は無いが運動も得意で乗馬部では高い技術力を誇っている。

ユニーク魔法

オフ・ウィズ・ユアヘッド!


魔法名首をはねろ(オフ・ウィズ・ユアヘッド)
効果この魔法がかかった対象者はハート型の首輪をつけられ、外れるまで魔法が使えなくなってしまう
強力な魔法だが相手の隙を突けないと上手く発動しなかったり、相手の防衛魔法が上回っていたりする場合は弾かれたりする欠点がある。
ネーミングの由来はケイト曰く「魔法を使えなくなることは首を刎ねられるのと同じだから」らしい。

余談

元ネタは、『ふしぎの国のアリス』に登場するハートの女王
リドルは英語で謎解きという意味を持っており、ローズハートもハートの女王に関連するネーミングだと考えられる。

関連イラスト

❤️🖤
リドル・ローズハート🌹


もしかして
❤️



関連タグ

ツイステッドワンダーランド ツイステ
ハーツラビュル ふしぎの国のアリス

アンジュ・カトリーナカップやきそば現象





































ネタバレ注意!!







どいつもこいつもいい度胸がおありだね……みんなまとめて首をはねてやる!!!

僕が正しい
ボクは



魔法の使いすぎでオーバーブロットしてしまったリドル。
右目からは赤い炎が出ている。
背後にはドレスを着ていて手が薔薇の木、顔が黒いハート型で王冠をした怪物が控えている。






















更にネタバレ注意









ボクは、ずっと真っ赤な苺のタルトが食べてみたかった

GROOOOVY!!



医者の家系に生まれた彼は母親から毎日厳しく躾られていた。
勉強の時間は勿論摂取するカロリーも制限され、誕生日の日でさえ好きなケーキを食べさせてもらうことはなかった。

そんなある日、母親のいない自学時間中に窓の外にトレイとチェーニャが現れる。
その日からリドルにとって自学時間は部屋を抜け出し2人と遊ぶ楽しい時間となっていた。
ある日ケーキを食べたことがないというリドルにケーキを食べさせてあげるために2人は彼を実家がケーキ屋さんのトレイの家に連れていく。
宝石のようなタルトに心惹かれ、リドルは初めてのケーキに舌鼓を打つ。

_________時間を忘れて。

ケーキを味わっている間に自学時間が終わり、母親に無断で外出していたことがバレてしまう。
母親は当然怒り、自学時間を無くして彼を徹底的にルールで縛る。
彼が規則に厳しかったのは、ルール違反を見逃せば規則に縛られて生きてきた自分を否定することになってしまうからであった。
ルールに従わなければ自由な時間まで奪われてしまう。

普段は寮長として冷静なリドルは、実際は母親のルールに雁字搦めに縛られ自分の意思が持てなかった幼い子供のままだったのである。

心の刺


教えて、ママ
どんなルールに従えばこの苦しさは消えるの?














第4章にてウィンターホリデーで帰省することになったが、やはりまだ母親には苦手意識を持っているらしい。
だが、母親と話してみようとするなど成長が見られている。
また、ホーム画面セリフで「将来をどうするかはまだ決めていないけれど、魔法医術士への憧れはずっとある」と語るリドルが見れる。苦手意識はあるものの、尊敬の念はあるようだ。

関連記事

親記事

ハーツラビュル はーつらびゅる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リドル・ローズハート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7485454

コメント