ピクシブ百科事典

ジェイド・リーチ

じぇいどりーち

ゲーム『ツイステッドワンダーランド』の登場キャラクター。
目次[非表示]

結んだ契約を果たせなかった、あなたが悪いんですよ?

CV:駒田航越乃奏(幼少期)

概要

名前Jade Leech
学年・クラス2年E組13番
誕生日11月5日(蠍座)
年齢17歳
身長190cm
利き手
出身珊瑚の海
部活山を愛する会
得意科目魔法薬学
趣味テラリウム
嫌いなこと予定調和
好きな食べ物タコカルパッチョ
嫌いな食べ物アナゴ
特技紅茶をいれること


オクタヴィネル寮の副寮長
個人のロゴは左向きのウツボ。

人物

フロイドとは双子の兄弟。
物腰が柔らかく、誰にでも丁寧な口調で接する。
アズールの補佐役でもあり、その有能さは寮長達の間で『スーパー秘書』として評判。一見すると真面目で、自由人なフロイドと腹黒いアズールの二人に振り回されているようにも見えるが彼も腹黒い。仲間内の悪巧みにも積極的且つ誰よりも愉快そうに乗っている。バイオレンスな片割れが暴力的手段に出そうになっても(場合にも因るが)止めそうで止めない。そんな口より手が出る片割れの代わりに口が出るタイプで、サラッと物騒な事を言ったり遠回しに相手を罵ったりと毒舌で一言多い。入学式直後には新寮生の個人情報やSNSの裏垢まで把握しており、その情報ファイルを寮長に丸ごと上納していた
フロイドの事は「一緒に居ると何が起こるか解らなくて楽しい」と行動を共にしており、授業ボイスでも「フロイドが心配です」と発言するなど何かと彼のことを気に掛けている…が、あるエピソードではあっさりと相棒を売って文字通り暫く歩けない身体にしたりと時として薄情になることも…。
滅多に動じず、基本的に(たとえ某狩人からストーカーされようと)何が起こっても興味深そうに事態を楽しむ傾向があるが、カリムから(本人なりの厚意で)砂糖30個入りのお茶を振る舞われた時は苦笑いしてたり、本編のある事件には余裕のある態度が崩れていたりと、多少の予定外や危険事でも自身の手に負えるレベルまでに限るようだ。
それでいて他人からの評価は気にしない、実に食えない人物である。 そのため長い付き合いのアズールからは「フロイドよりいかれ具合がわからないから余計にたちが悪い」と評されてる。

表情の変化は大人しめだが歯が見える程口角を上げて(意地悪そうに)笑う事も。怒ると無表情になるタイプ。

ルークからは「ムシュー・計画犯」と呼ばれている。

アズールよりマシでしょう?


魔法薬学は得意だが、飛行術は苦手で授業開始直後は浮かない顔をしておりモチベーションも低い。腕前に関して本人は「アズールよりマシでしょう?」と言い張ってはいるがユーザーの目からすれば……
因みに意外にも「燃費が良くない」ようでファンからは大食漢に見られている。実際おめかしジェイドのホームボイスにて食べる量が多いことは判明している。

双子であるフロイドが「海の中じゃ靴は履けない」「折角足が出来たんだから好みの靴を履かないと勿体無い」等と元々はよく見る姿とは違う姿をしていたのを仄めかすような事を言っていたが、第三章「深海の商人」にて兄弟揃って真の姿が明らかになった。
フロイドがクルーウェル先生から「リーチ弟」と呼ばれているので、ジェイドは「リーチ兄」と呼ばれている可能性があるが、どちらが兄であるかは明かされていない
珊瑚の海の中でも北の方出身。ウィンターホリデー中は海面が流氷で覆われ帰るのが大変なためフロイド、アズールと共に寮で年を越すという。

ツイステ log.01
ジェイド


また山、とりわけ山の恵みの一つであるキノコに異常な執着を見せている。一時は二週間、ほぼ毎日のようにラウンジにてキノコ料理を出していた。キノコ嫌いであるフロイドは元より、無料で低カロリーの食材と喜んでいたアズールまで文句を言うほどのものだったようだ。
学園では「山を愛する会」を自身で設立し活動している。他の部員に関しては詳細が明かされていなかったが、第5章にて設立者であるジェイド一人で活動していることが判明。ちなみにホームボイスでは主人公を勧誘している。なお一見運動部と思われるが文化部である(これを理由に学園祭ではモストロラウンジの手伝いやステージ設営を拒否している。代わりにバルガスキャンプにも呼ばれなかった)。

容姿

ジェイド
ジェイド


ターコイズブルーの短髪にゴールドとオリーブ色の釣り目のオッドアイ。
また髪に黒のメッシュが入っている。
フロイドと同じだが目の色とメッシュの向きが反対。
普段は気付きにくいが口角を上げて笑うとフロイドと同じギザ歯が見える。

本編・イベントでの動向

本編・第2章

初登場。マジフト大会を目前に生徒が相次いで怪我をする事件を追っていた主人公が、ケイト情報でターゲットにされるであろう生徒として兄弟揃ってマークしていた。 彼等に気付くと貼り付けた様な笑顔で片割れと共に追い掛け回した(ゲーム上ではバトル)。

本編・第3章

イソギンチャクの奴隷達を解放するべく契約を果たそうとする主人公達をフロイドと共に邪魔をした。作戦には愉快そうに乗りつつも、アズールの危機を察知すると主人公達に拘るフロイドを窘めたり自棄を起こして暴走するアズールを説得して止めようとするなど片割れや副寮長としてしっかりした場面も見られた。

本編・第4章

続けて登場。ウィンターホリデー期間中の為兄弟と幼馴染みと共に学園に残った。そこで偶然モストロ・ラウンジに転がりこんだ主人公達からスカラビアの事に関するトラブルを聞き、三人揃ってスカラビア寮に乗り込む。最近情緒不安定だというカリムには原因があるのではとユニーク魔法で本人の口から情報を聞き出そうとするが……。

本編・第5章

文化祭にて「山を愛する会」展示ブースの準備を行なっていた。会場設営をサボり持ち場を追い出されたフロイドもブースに遊びに来ている。同好会の活動内容や山の魅力を主人公達に解説していたがあまり理解されていない様子。

ハッピービーンズデー

ツイステ絵まとめ2


同じ農民チームとして主人公と共に行動をする。主人公の窮地を二度救っている。副寮長という立場ゆえゲームのルール上同じ寮の寮長であるアズールとは敵対。相方のフロイドは興味を持たずにどこかへ行ってしまったものの、当人はノリノリでアズール含む怪物チームと戦っていた。
事前にアズールから聞いていたスミスの情報もきっちり有効活用している。
情報、狙撃、役割分担、サバゲーのあらゆる要素で結果を出しておりアズールからも「お前を敵に回すとロクな事がない」と言わしめた。
因みに合流する直前までは「怖くて木の上で震えていました」などと供述していた

ゴースト・マリッジ

ゴーストマリッジ前半の感想絵的なもの


花嫁ゴーストイライザからイデアを奪還する為の花婿候補として兄弟揃って参戦させられる(高身長がゴーストの理想に適っていた為)。
丁寧な物腰と花のプレゼントで好印象は持たれていたものの、フロイドから実は毒草だとバラされ、「物騒!!」と失格の平手打ちを食らってしまった。(自分だけ失格にされたのが気に入らなくて)バラしたフロイドもフロイドだがそんなモンを渡したジェイドもジェイドである。

星に願いを

願い事は特にないと言って『アズールとフロイドの願いを叶えられますように』と願った。ただしイデアからは胡散臭い、と疑われている。

スケアリー・モンスターズ!

Happy Halloween!


ハロウィーンの実行委員にして本ガチャのSSRの一人。
飄々とした対応をしつつも、何時も通り笑顔で毒のある発言などをしていた(スカラビアの飾りつけでボロボロデザインになったサムの店をオンボロ寮のようだと評したなど)。一方子供や一般客には丁寧な対応を行なっている。
マジカメモンスターに怒るフロイドを止めることなく見守っており、一連の騒動もやり甲斐のある仕事だと満更でも無さそうだった(彼等の迷惑行為を肯定するワケではないだろうが)。
ハロウィーンパーティーの実行が危ぶまれた6日目には、パーティーを実行させる為マジカメモンスターを撃退すべくアズール、フロイド共々作戦を提案。生徒一丸となり、マジカメモンスターを自分達の仮装と演技で怖がらせ彼等を追い払うという手段に出る。
本番では封印を解かれた人魚のマミー役を担当。フロイドを「封印されている人魚の怨霊」として人魚姿で水槽に入れ、マジカメモンスターが水槽に傷を付けたタイミングでジェイドがフロイドと入れ替わり「復活を果たした人魚のマミー」として登場することで同一人物のふりをするという双子ならではの作戦を実行した。
なおその後、アズールを自在に操れるマミーにしたという設定のもと(台本の都合上)逆らえないアズールにアドリブで踊りを披露させている。 「あんなの打ち合わせになかっただろう!」

マスターシェフ

『辛味のふるさと』にて、ランダムに選出される審査員の一人として登場。
判定は甘くもなく厳しくもなくと言った風。怪しげな料理を出すと唖然とした表情をして仕方なく一口だけ食し、珍しく立腹した顔で1点評価を下す。

番外編

  • 誕生日
リーチ兄弟誕生祭2020


トレイに次ぎ、フロイドと共にバースデーキャンペーンのキャラクターとなったジェイド。
ストーリーは他のバースデーカード同様普通のカードとは異なり、『誕生日の人へのインタビュー』形式のものとなっている。

このエピソードで彼とフロイドの耳を飾っているピアスはデザインではなく本物のチョウザメの鱗であることが判明。ミドルスクールに上がる前、彼ら兄弟に勝負を挑んできたチョウザメがとても綺麗な鱗をしていたので、勝負に勝った暁には鱗をくれる約束を取り付け、見事勝負に勝って手に入れた思い出の品だとか。ちなみに海の魔女の呪文に力有るものとしてチョウザメが登場するので、チョウザメの鱗は珊瑚の海ではお守りとして人気があるらしい。

また彼の趣味であるテラリウムは、彼の憧れの偉人である海の魔女がビンの中で生き物を飼っていた逸話を聞き「魔女の気持ちを少しでも知れたら」と始めたのがきっかけだそう。たまに予想外の事態が起きることも相まって、現在では彼のお気に入りの趣味になっている。
彼の実家は本人曰く「様々な商売をしている”ごく普通の自営業”」を営んでいるらしいが……真相はいかに。

  • ニューイヤーキャンペーン2021
ニューイヤーストーリー3日目のオクタヴィネル編に登場。
本編で語られた通り、ホリデーは帰省せず学園に残っていた。
新年早々、ラウンジでニューイヤーキャンペーンを始めようとするアズールに「お手柔らかにお願いします」と承知し、主人公には締めの挨拶を行った。

ユニーク魔法

あなたの力になりたいんです


『そんなに怖がらないで、力になりたいんです。かじりとる歯(ショック・ザ・ハート)』

魔法名【かじりとる歯(ショック・ザ・ハート)】
効果一度だけ相手に真実を喋らせることができる
一度使ってしまうと、その相手には二度とこの魔法は効かなくなってしまう。
また魔法耐性が強い人間や、アズールのような用心深い人間にはほとんど効かない。
逆にカリムのような心のガードが緩い人物や、気が動転するなどして心に隙が出来た相手にはかなり効きやすいらしい。しかしそれでも相手の義理堅さによっては第三者との約束で詳細を話すことを拒否されるなど、魔法の発動中に話を聞きだすのが難しい時もある。
その性質故、ジェイドはユニーク魔法のことを気軽に話したがらない。
余談であるが、魔法そのものは第三章でも出ていたが名前や効果の詳しい説明が出たのは第四章である。

余談

リーチ兄弟


モチーフはアースラの部下である双子のウツボの片割れ『ジェットサム』と思われる。

関連イラスト

無題
制服ジェイド


スケアリ🐬
mummy



関連タグ

ツイステッドワンダーランド
オクタヴィネル  NRC二年生 副寮長ズ リーチ兄弟

関連記事

親記事

オクタヴィネル おくたゔぃねる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェイド・リーチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175484631

コメント