ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

オンボロ寮の監督生。魔法の鏡に導かれ異世界ツイステッドワンダーランドに召喚されてしまう。
グリムと共に魔法士養成学校ナイトレイブンカレッジへ通いながら、元の世界へ帰る方法を探す。クラスは1年A組でエースデュースと同じ。

グレートセブン及びこの世界に関する知識が無く、ナイトレイブンカレッジで唯一魔法を使うことができない人間(また、後述の鏡の中から話しかけた声の人物の知識もなかった)。
当初は学園長から、雑用係として住み込みで学園に置いてもらっていたが、プロローグの退学沙汰を乗り越えてからは記録係として記録を残す為のゴーストカメラというアイテムと監督生の地位を与えられ、ナイトレイブンカレッジの生徒となった。
デフォルトネームはユウ。恐らく英語の二人称である「YOU」からきたものと思われる。

人物

容姿

性別については特に言及されておらず、喋り方も中性的で一人称も「自分」というどっちつかずなもの。
男子校のナイトレイブンカレッジに違和感なく溶け込んでいる、女性を前にすると緊張するデュースが初対面で緊張した様子が無いことから、少なくとも周囲に同化できる程度には男性的と推察されるが、後述の通り学園長から「女性的」と言われることもあり、定かではない(そもそも下手な女性よりも女性のような見た目をした生徒も確認されている)。
イベントゴーストマリッジでは花婿候補に選ばれなかったことから少なくとも身長は180以下と思われる(フロイドからは小エビと例えられている=フロイドより小さい。だろうがフロイドの身長が高すぎるので基準にならない)。ただグリムによるとヴィルより足は短いらしい(一メートルというのはさすがに大げさと思われるが……)。

性格

問題行動を起こしてばかりのグリム達に振り回される苦労人だが、ツイステッドワンダーランドに召喚された当日から熟睡できたり、周囲を驚愕させるような突飛な行動を起こすなど、据わった肝の持ち主であり、ついでに度々鋭い(キツイ)物言いもする(喋るシーンは殆ど無い上選択制だが、正反対の内容もあればそのキツイ事を言う時など内容に大差は無い時も)。

監督生のキツい一言集


(4章までのキツイ一言集)

例を挙げると、喧嘩を始めたエースとデュースを一喝して作戦を提案、自ら囮となってモンスターを引きつける・リドルの行き過ぎた振る舞いをはっきりと拒絶・自分の寮の問題を1人でなんとかしようとするジャックやとことん裏切られてもジャミルを恨まないカリムに鋭い意見(グリム曰く「グサッと鋭い一言」)を告げる・レオナに協力してもらうために朝までグリムと大騒ぎして睡眠妨害をする、などその強かな物言いと行動は枚挙に暇がない。ジャックなどからたまに「この学校に染まってきた」と恐れ入られてるような評価を受けている。
また、世界的にも有名人であるマレウスに対して物怖じしない数少ない人物でもある。彼の素性を知らなかったことから、グリムの発案で『ツノ太郎』と呼んでいる。マレウス自身、その珍妙な名前で呼ぶ事を許可しているが、度々世間知らずだの恐れ知らずだのと感心している。
各キャラのホームボイスではその豪胆さに拍車をかけるかの様に、思い切り触ったり、上着を捲ったり尻尾を掴んだりまでしでかしていたりする。
ちなみに、上記のエーデュースを叱ってまとめ上げ、協力させた件を知った学園長のクロウリーは(ナイトレイブンカレッジの生徒は優秀だがプライドが高く、それ故に協調性がないので)「猛獣使いの才能がある」と絶賛した。

とはいえ基本的には優しくお人好しな性格であり、他人を偏見なく見たままに評価する。第1章では不良だった時の癖が抜けずにいるデュースを励ましたり、第3章では過去に囚われていた自分を自嘲するアズールと、彼の”努力”という才能に称賛の言葉を送っている(また反則ギリギリの方法で取引で高得点を取ったエースたちを見捨てていない)。
また星送りの祭りでは、二人で一人の扱いのために一つしか与えられなかった願い星をグリムに譲っている(当人も元の世界に帰りたいという願いがあってもおかしくないが)。

備考

成績の方は不明であるが、赤点をとったら補習という試験でごたごたで平均点が90点というので赤点をとらなかったことから頭は悪くないと思われる(異世界出身故に基礎知識から皆無のはずなので)。ただし実技の方は魔法が使えないためにどうなっているか不明(そもそもグリムと二人一組なので座学の方もグリムの影響を受けると思われる)。ただし全く赤点を取ったことはないわけではないらしく、クルーウェルのボイスでは赤点について言及されたときに目をそらしている。またグリムと合わせてとびぬけた問題児という扱いになっている(確かに作中では騒動に巻き込まれているが、監督生自身に非はあまりない)。

所持品はまったく持っておらず、身元を証明できるものはない。スマホも財布もない状態。そのため第4章でホリデー期間中の緊急連絡先としてスマホを借りている(かなり格安のものらしくあまりアプリを入れられないらしい)。なお、スマホはホリデー明けでも返していないのかフェアリーガラや第5章でもスマホを利用している描写がある。
文字通り無一文状態のため学園長の無理難題を解決する羽目になっている(学園長曰く「衣食住の面倒を見るが無償でとは言っていない」)。ちなみにグリムによると、グリムと監督生の二人でスマホを共有して使っているらしい(おそらく基本操作や持っているのは監督生)。

なお部活動は不明というか描写はないため、オルトのようにどこにも所属していないと思われる。
ただしバースデーイベントで新聞部の取材をしているような描写がある(イベント相手=知り合いということから、学園長に押し付けられた可能性もある)。
また相棒のグリムは部活動に所属している。

時折、どこか現実とリンクした内容の”不思議な夢”を見ている。”夢”は自室の鏡に吸い込まれるような演出で展開されることが多かったが、全く別の場所でも”夢”を見ることもあり、何故そういった夢を見てしまうのか詳細は不明。第5章にてその夢にグレートセブンが出ていたことに気づく。ただし主人公曰く「伝説とは違う印象」だった。
また、普段とは違う鏡が光って誰かが話しかけてくるという夢をみている。第2章では影、第3章でははっきりとした姿が見え第4章では会話をする。その時に相手の名前を聞くが……。
鏡が光っているときの”夢”はどうやら夢ではないようで、夢の中でグリムの尻尾を踏んだと思ったら、翌朝グリムから文句を言われたことがあった。

第5章でエーデュースはこの話を聞いたときに、「夢にグレートセブンが出ること自体は、毎日彼らの石像を見ているから夢に出てもおかしくはないかもしれない」と推測するが、鏡の中の人物は夢でないのならゴーストカメラで撮れば何かわかるかもしれないとアドバイスを与えた。ちなみに彼等は鏡の中の人物の名前には心当たりはないらしい。
また第5章後編にて、ヴィルの(カリム曰く)思い詰めた表情をしているのを見て夢の光景がフラッシュバックしており、少しずつであるが夢と現実が影響しあってきている。更に終盤では、VDCが終了したその日の夜にグリムがいつの間にか寮から姿を消していた事に気付いた瞬間、学園へと向かう迎えの黒い馬車と、チュートリアルで登場する謎の怪物の姿がフラッシュバックしており…?

他のキャラから見た印象

メインストーリー

  • ま、どう見てもこのか弱さは猛獣使いでも猛獣にパックリとやられてしまい…何というかしかし女性的な感じもする…私の勘が…(プロローグ7話クロウリー)※文章には表示されていない音声のみの隠し台詞
  • 冴えない(プロローグ9話グリム、プロローグ12話エース)
  • 平々凡々な普通の人間(プロローグ19話クロウリー)
  • 珍しい毛色をしている(真紅の暴君5話クルーウェル)
  • なんか抜けてて危なっかしい(深海の商人8話ジャック)
  • 美しい声もなく、一国の跡継ぎでもない本当にごく普通の人間(深海の商人10話アズール))
  • ボンヤリしてそうに見えて(深海の商人37話マレウス
  • なんだかんだ流されやすいしお人好し、たまに急に怖いときも(熱砂の策謀家11話グリム)
  • アイツ(ヴィル)○○(監督生)より1メートルぐらい足が長げぇんだゾ(美貌の圧制者7話グリム)(ただしこのセリフには監督生は台詞コマンドでそこまでじゃないと否定している)

その他

  • 何を考えているかわからないところがある(制服ケイト
  • 音痴(制服アズール)
  • 目の下の化粧オレ下手だけどお前はなんか上手そう(式典服カリム
  • 制服が大きすぎる(制服ヴィル
  • 陰キャ仲間(式典服イデア
  • 剣の才能がある(運動着シルバー
  • 細腕(式典服セベクエピソード)
  • 皿に料理を盛るのが下手(おめかしバースデーフロイド)


キャラ特有の呼び方

基本的には監督生と呼ばれているが、誰もを海洋生物に例えるフロイドや妙なあだ名で呼ぶルークなど例外もある。
監督生以外にも用いている呼び名の場合は★印。

  • 草食動物(レオナ★)
  • 小エビちゃん(フロイド)
  • 新ジャガ(or子ジャガ)(ヴィル★)
  • トリックスター〇〇くん(ルーク)
  • 人の子/ヒトの子(マレウス)
  • 人間(セベク★)

二次創作での描写

夢小説などでは女性として扱われることもある。その場合は、特例で堂々と女子として扱われているパターンと男装して女性だということを隠しているパターンがある。

プレイヤーの数だけその姿も設定も多数ある監督生だが、恋愛などの何かしらの描写のある作品で、夢主として扱うか版権キャラクターとして扱うかによって、夢向けか版権CP向けかジャンルが変わってくる。
夢描写(例えば、監督生に名前が無かったり自己投影がし易い作風の他、作者自身のオリキャラ化としている)がある場合twst夢を付ける事を推奨としているが、版権CP(例えば、監督生に「ユウ」と名前が付けられていたり作者本人が非夢としている)として扱う場合はその旨の明記が必要となるだろう。
Twitterなんかでは夢向け→「twstプラス」「twstプラスB」、CP向け→「twst_NL」「twst_BL」など派生含めれば多岐に渡る棲み分けが実施されている。
夢向けについては詳しくは→twst夢参照。

CPタグ

女性設定で扱われる作品でCPタグが使われる事が多いが中には男性設定(受け)もある。キャプションやタグで女監督生男監督生と明記する事を推奨する。
更に監督生の容姿や設定はユーザーに因って異なる為twst夢も付ける事(男監督生の場合ツイ腐テも参照)。

※夢作品でCPタグが使われる事については賛否あるが、前述の通り監督生も夢主とされる場合もあるので間違いではないと思われる。但し夢向けか版権CPかの明記は必要である。
ほんの一例だが、稀に見られるデフォルト名の「<キャラ>ユウ」というタグだと区別になるかもしれない。→監督生受け

※稀に男女問わず攻め設定もあるがこの場合「監<キャラ>」となる→監督生攻め

〇〇が監督生だったら

監督生新八
Ψ強監督生斉木楠雄


ツイステクロスオーバーまとめ
半沢監督生その2


「他作品のキャラクターが監督生だったら」という設定の作品もあり、どちらかと言うと夢やCP要素抜きのクロスオーバーと言える。
また例外的に「他作品世界の創作キャラが監督生」という設定もあり、作品によっては特殊能力などを持っていることもある。そちらはあえて言うなら夢の混合だろう。

コミカライズ版

コミカライズ版の名前は円満雄剣(えんま ゆうけん)。詳細はリンク先記事にて。

関連タグ

女監督生
男監督生
創作監督生
語り部寮の監督生
オンボロ寮の伝道者
飯テロ寮の監督生
書き手寮の監督生

not監督生

ツイステッドワンダーランド ツイステ 主人公 プレイヤーキャラクター

関連記事

親記事

ツイステッドワンダーランド ついすてっどわんだーらんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「監督生(ツイステ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16992681

コメント