ピクシブ百科事典

ジャック・ハウル

じゃっくはうる

スマートフォン向けアプリ『ツイステッドワンダーランド』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

俺は誰とも つるむつもりはねえ。

CV:坂泰斗

概要

学年1年B組11番
誕生日10月11日(天秤座)
年齢16歳
身長192cm
利き手
出身輝石の国
部活陸上部
得意科目防衛魔法
趣味サボテン栽培
嫌いなこと無駄な喧嘩
好きな食べ物洋ナシのコンポート
嫌いな食べ物ねぎ
特技スノーボード


サバナクロー寮の新入生。
個人のロゴはオオカミの顔。

人物

己を磨く事に余念が無いストイックな性格。
群れで順位制度を形成するというオオカミの風貌に違わず序列を重んじているが、自身より力の劣る相手であれば従うつもりはないという実力重視の一面もある。
正々堂々と勝負する事を好み、卑怯な手段を用いるような相手には怒りを見せる事も。
また、勉強にも真面目に取り組んでおりテストには実力で高得点を取っている。また当人によると十時には寝る生活をしている。(エースなどからは真面目と驚かれた)
本編やホームボイスで監督生の事を「危なっかしいから」等と言って気に掛ける面倒見の良いところもある。
しかし真面目故に天然気味な行動もしでかす事があるようでとあるパーソナルストーリーではジェイドのキクラゲの台木を台無しにしたお詫びにモストロ・ラウンジで一時期働く事になった時は「清潔感のある服を持って来てくれ」と言われて実験着の白衣を着て仕事に臨んでいた。流石に驚きを隠せなかったオクタヴィネルの寮生達だったが彼の優秀な仕事ぶりと実直さには感心した。
尚、真面目ではあるが「他人の為に動く奴は信用ならねぇ」と言っているので正義感があるワケではない。あくまでも「自分が許せるか許せないか」という自分の感情で動いている。
そうした性格故か問題児が多い当作品のキャラの中では比較的常識人に入るキャラである。そんな貴重な人材ではあるが周りからは「自意識高くてメンドくさい」という辛辣な評価を受けている。

陸上部に在籍し運動を得意とするサバナクロー寮生らしい人物。
同じ寮生であるレオナラギーと比べてもかなり筋肉質な体躯をしている。
野性的な外見ではあるが夕焼けの草原出身のレオナたちとは違い、ハーツラビュル寮ケイトポムフィオーレ寮長ヴィルと同じ輝石の国出身。ヴィルとは面識がある様子。
マジフトも上手いがラギー曰く「個人プレイが目立つ」らしい。
ちなみに狼の獣人族は生涯ただ一人を愛するらしく、祖父母に両親も食事や散歩など常に一緒に行動をしており不特定多数に好意を持たれるというのには興味がない。(現実の狼もそういう生態である)

容姿

ジャック


褐色の肌、少し前髪を垂らしつつ逆立てた銀の髪、琥珀色をした三白眼。
大柄な体格で三白眼という事もあり、一見すると近付き難い雰囲気をしている。
余談だが監督生が初めて彼を見た時「マッチョが犬耳カチューシャとは斬新な」という強烈な第一印象の選択肢がある。

本編・イベントでの動向

本編

初登場は姿だけだが第1章「深紅の暴君」。
第2章「荒野の反逆者」で本格的に登場。自分の所の寮の黒い疑惑には目を瞑り(自分の寮を裏切る事になるので)、事件の調査をする達に監督生達も突っぱねていたが最終的には監督生達に協力した。
本編第3章「深海の商人」では学園長から押し付けられた頼みを引き受け、アズールとある契約を結んだ監督生に同行する事に。一時期オンボロ寮を追い出された監督生とグリムを自分の寮に匿うなど積極的にサポートした(エースから「優しい」などとからかわれたが本人は否定)。
因みにこの章でフロイドから「ツンツンしててウニみたい」と「ウニちゃん」と名付けられた。
第4章「熱砂の策謀家」のホリデーでは育てているサボテンをもって帰路へとついていた。休み明けではスキーをしていたせいでスキー焼けをしていた。

ハッピービーンズデー

怪物チームに所属。優れた身体能力に目を付けたアズールに共闘を持ち掛けられ成り行きで共闘する。高い身体能力とアズールが見つけ出していたアイテムから文字通り怪物となった。(アズールのような参謀がいなかった場合、良くも悪くも真正面からの勝負を好むので策略で捕まっていた可能性はある)

ゴーストマリッジ

 高身長組の第一陣に任命。呼ばれた当初は事情が分からずに戸惑っていた。作戦とはいえ偽りで愛をささやくということには乗り気ではなかったがレオナやヴィルの被害もあり対応する。が、剣を使えるか? と、言う質問に拳一つと答えたためにビンタを受けた。なお、レオナが一番に失格を受けたことに関してこの中で本物の王子なのにと嘆いた。

ユニーク魔法

オオカミと一緒に寝る


魔法名月夜を破る遠吠え(アンリイッシュ・ビースト)
効果自身を銀色の巨大な狼へと変身させる
レオナから禁術である変身薬を使ったのかと思われたがれっきとした自分自身の魔法。
余談だがジャックは他の一年生達(内は未判明だが)と違い唯一ユニーク魔法を習得している。
披露したのは一瞬だったが、狼の様に吠えていた為この姿になると人語は話せなくなるのかもしれない(ヒトの姿でも狼の様な唸り声を上げる事もあるが)。

余談

厳つく不良っぽい見た目をしているが、本当に不良である。公式のキャラクター紹介

彼の元ネタについてははっきりとこれだと言えるキャラがライオンキング内ではいない。
強いて言えばスピンオフ作品『ライオン・ガード』に登場するジャッカルのヴィランズ、レイレイが考えられる。しかしこれ以上に可能性があるキャラが直接関係のない作品で予想されている。それは実写のディズニー映画『ホワイトファング』に登場するウルフドッグ「ホワイトファング」。こちらのストーリーは彼の性格に通じるものがある。

関連タグ

ツイステッドワンダーランド ツイステ サバナクロー

関連記事

親記事

サバナクロー さばなくろー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャック・ハウル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7323315

コメント