ピクシブ百科事典

レオナ・キングスカラー

れおなきんぐすからー

スマートフォン向けアプリ『ツイステッドワンダーランド』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

人生は不公平だよなぁ。お前もそう思うだろ?

CV:梅原裕一郎

概要

学年3年A組13番
誕生日7月27日(獅子座)
年齢20歳
身長185cm
利き手
出身夕焼けの草原
部活マジカルシフト部
得意科目古代呪文語
趣味チェス
嫌いなこと子どもの相手
好きな食べ物
嫌いな食べ物野菜
特技3秒で寝る


サバナクロー寮の寮長。
個人のロゴは左目に傷があるライオンの顔。

人物

高い魔法力を持っているが努力する事を嫌厭し、いつも気だるそうな態度をしている。
授業をサボって昼寝している事もあり、ラギーからはまたダブる(留年する)事を心配されている場面も。
意外にも趣味はチェス。チェスは頭脳スポーツとも呼ばれるボードゲームで、日頃の態度とは裏腹に高い思考能力を持っている事が分かる。他にも、授業終了後のボイスでは授業のことを「知ってることばかりで退屈」と評し、実験着でのエピソードでは非常に難易度の高い調合を一発で成功させているなど、能力の高さは至る所で窺える。
母国で周囲から兄である第一王子と比較され続け、王位の望めない第二王子という立場であることから、皮肉を口にしたり厭世家のような言動も多い。
母国は女性を尊ぶような風潮があるらしく、これまた意外にも義理の姉(兄の妻)には頭が上がらず強く出られないらしい(同郷のラギーも同じ事を言っている)。

ねぇねぇレオナおじたん!


兄の息子、即ち次の王様になる甥っ子チェカがおり、初登場の際はレオナに早く会いたいあまりお付きの召使いや護衛を振り切って(本人曰く「置いてきちゃった」)レオナのいる保健室まで探しに来ていた。チェカはレオナのことを「(レオナ) おじたん」と呼んだり、マジフトを教えてほしいとねだったり、次はいつ帰ってくるのか聞いたり、手紙を送ったり、レオナに臆することなく彼の腹の上に馬乗りになったり……周囲から見てもかなりとても懐いている。対するレオナ自身は鬱陶しがっており嫌がっているが、レオナにとって自分から王位継承権を永遠に奪った(彼の抱える感情からすれば憎んでも良いような)存在と言えるチェカの、あの懐き具合を見るに、ある程度はちゃんと相手になってあげているようだ。
その為か、いつもはホリデーで帰るのを嫌がってはいたが、本編第4章のウィンターホリデーでは帰らないと面倒という理由で帰る。ちなみに帰るときは着替えや土産はもちろん宿題すら持って帰らずスマホと財布だけで帰っていた。(ラギーとは全く対照的である)
ちなみにその甥っ子のお陰でファンからの愛称は「おじたん」。

容姿

レオナさんの読書
レオナ先輩


ライオンの耳に尻尾、褐色の肌、左右の横髪部分を三編みにした黒い長髪、翡翠色の切れ長の目を持ち、左目には縦長の傷がある。
運動の際には後ろで髪を1つに纏めている。

ユニーク魔法


俺こそが飢え、俺こそが渇き。お前の明日を奪うもの。平伏しろ!
                            王者の咆哮(キングス・ロアー)!

魔法名王者の咆哮(キングス・ロアー)
効果触れたものを砂に変える
それがたとえ人間でも干上がらせてしまう程の効力を持つ非常に強力な魔法。
サバンナである干ばつを嫌う様な母国に於いては恐れられている。

余談

ツイステッドワンダーランド(擬獣化)


元ネタは『ライオンキング』に登場するスカー(ライオン)
黒く長い髪(鬣)に緑の目と左目の傷、王位を望めない立場であるという点が共通している。

関連イラスト

ライオン・キング
レオナ


レオナ・キングスカラー
式典服



関連タグ

ツイステッドワンダーランド ツイステ サバナクロー ライオンキング

獅子神レオナ…同名のライオン繋がり。





































































ネタバレ注意!!!






俺は絶対に王にはなれない………どれだけ努力しようがなァ………!

レオナ・キングスカラー OB.ver
荒野の反逆者



魔法の使いすぎとマイナスな感情の蓄積でオーバーブロットしてしまったレオナ。
左目からは橙の炎が出ている。
背後には褐色肌で黒い毛並み、王冠を被ったガラス細工のような顔をした獅子の怪物が控えている。






















更にネタバレ注意










生まれたときからずっと俺の頭の上にはどけられない岩が置かれていた。

レオナ・キングスカラー



朗らかな性格の兄に対して、全てを砂に変えるという砂漠では忌み嫌われるユニーク魔法を持って生まれたレオナ。
召使いからでさえも「ファレナ様(レオナの兄で第一王子)はあんなに朗らかでいらっしゃるのに」と比較され、性格のことは「気難しい」、強力な魔法のことは「おそろしい」などと、常に小言を言われていた。
やる事なす事にケチをつけられ、兄を褒め称えるためのダシにされる。
どれだけ努力しても、認められなかった。否定され続けた。

どうやったって、一番にはなれない

生まれた順番が全ての国で、いつしか彼の中には「努力するだけムダだ」という諦めが生まれた。もし自分が第一王子に生まれていたら、奴らは自分を「思慮深く、強力な魔法を使いこなす魔術師」と褒め称え、後に生まれた第二王子(現実での兄)のあの朗らかな性格を「脳天気」と否定するだろう。だがそれはただの絵空事。
どれだけ兄よりも優秀でも認められることは無い。生まれてから死ぬまでずっと。
彼にとって「1番になる」「王になる」というのは認められること同じ意味だったのかもしれない。





何故俺は第二王子に生まれた?

何故俺は永遠に一番になれない?

関連記事

親記事

サバナクロー さばなくろー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レオナ・キングスカラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11873855

コメント