ピクシブ百科事典

モンスターズ・インク

もんすたーずいんく

『モンスターズ・インク』は、2001年に公開されたディズニーとピクサー製作の長編フルCGアニメーション映画。2013年には続編であり前日譚である『モンスターズ・ユニバーシティ』が公開された。
目次[非表示]

あらすじ

舞台はモンスターの世界。毛むくじゃらの青いモンスターサリーと、その相棒である一つ目モンスターマイクは、大企業であるモンスターズ株式会社(モンスターズ・インク)で働いている。モンスターズ・インクの業務内容は、無数に保持している“人間の子供の部屋へ通じるドア”から子供部屋にモンスター達を送り込み、怖がる子供たちの悲鳴をエネルギーに変換、モンスターの世界へ供給するというもの。この世界では「人間の子供は危険」とされており、怖がらせるのが仕事であるモンスター達は、同時に子供達を恐れてもいる。サリーはこの会社で誰からも尊敬される「ナンバー・ワンの怖がらせ屋」である。
昨今、テレビゲームなどの影響からモンスターを怖がらない子供が増え、会社の業績は悪化、またエネルギー不足も深刻になっていた。そんなある日、サリーは人間の女の子ブーがドアの向こうからこちらへ入って来る場に居合わせてしまう。サリーとマイクは、彼女をなんとか人間の世界に戻そうと奮闘する。

登場人物

サリー

日本語吹き替え:石塚英彦
本作の主人公。本名:ジェームズ・P・サリバン。
モンスターズ・インク社内一の怖がらせ屋で、悲鳴エネルギー獲得量はいつもトップ。

サリー


マイク

日本語吹き替え:田中裕二
本名:マイク・ワゾウスキ。
サリーの親友であり、仕事のアシスタントでもある。

いっぱいマイク


ブー

日本語吹き替え:井上愛理
モンスターの世界へ入り込んでしまった少女。本名:メアリー・ギブス。

ブー画伯


ランドール

日本語吹き替え:青山穣
本名:ランドール・ボッグス。外見は8本の手足を持つ紫色のトカゲのようなモンスター。

とかげちゃん



関連タグ

ピクサー モンスターズインク

pixivに投稿された作品 pixivで「モンスターズ・インク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 338862

コメント