ピクシブ百科事典

インサイド・ヘッド

いんさいどへっど

ピクサーの長編CGアニメーション映画。第88回アカデミー賞「長編アニメーション賞」受賞作。
目次[非表示]

原題はInside Out日本語で「裏返し」を意味する。
人間の「感情」「」「」をテーマとしたファンタジーである。
キャッチコピー「これは、あなたの物語―」

概要

2015年6月19日全米で公開されたピクサー・アニメーション・スタジオCGアニメーション映画。
ピクサーの長編アニメーション20周年記念作品となる。
日本では2015年7月18日に公開。
第88回アカデミー賞にて「長編アニメーション賞」を受賞。

監督はヒットメーカーのピート・ドクター
日本ではピクサー初となる、日本版オリジナル主題歌が制作された。
DREAMSCOMETRUEによる「愛しのライリー」という曲だが、作中のエンディングに使用されるわけではなく、何故か本編の上映前にフルコーラス映像が流れるため「映画を見に来たのにドリカムのPVを見せられる意味がわからない」とウォルト・ディズニー・ジャパンのおかしな商法への批判が集中した。(「アナと雪の女王」のレリゴーのような日本での楽曲ヒットを強引に狙ったものというのが、大方の分析である)

評価

アメリカの著名な映画格付けサイト「ロッテントマト」ではアカデミー賞を受賞した同監督の「カールじいさんの空飛ぶ家」と並ぶ98%という高評価を得て大ヒットした。
しかしながら、下記参照動画のように宇多丸町山智浩など映画ファンや評論家からは絶賛されたものの、日本での人気は何故かふるわずヒットには至らなかった。
上述のアカデミー賞のほか、第73回ゴールデングローブ賞など、ほぼすべての映画賞のアニメ部門を制覇しており「ピクサーの一つの到達点」とも評されている。

あらすじ

11歳の少女ライリーの頭の中に存在する5つの感情たち…ヨロコビイカリムカムカビビリ、そしてカナシミ
ライリーの誕生成長と共に生まれた彼らは、彼女を守り幸せにするために日々奮闘。
だが、ライリーを悲しませることしかできない「カナシミ」の役割だけは、に包まれていた。

ある日、ライリーは父親仕事の都合で、生まれ育ったミネソタの田舎町を離れ、慣れない大都会サンフランシスコへ引っ越すことになる。
不安定に陥ったライリーの心は、感情たちにも大事件を巻き起こし、ライリーの思い出が詰まった"思い出ボール"に触れようとしたカナシミと、それを止めようとしたヨロコビがボールを吸い込むチューブへ吸い込まれて、頭の中の司令部から消えてしまう。

ヨロコビ」と「カナシミ」、2つの大切な感情を失ったライリーの心は、このままでは壊れてしまう。
はたして感情たちは、ライリーを救うことができるのだろうか?

そして、カナシミに隠された、驚くべき「秘密」とは…?

登場キャラクター

ライリー・アンダーソン(CV:ケイトリン・ディアス/伊集院茉衣)の頭の中にいる感情たち。
それぞれが感情を元にした名前にしており、公開される国ごとの言語に変更しているためか、全世界で合わせて42種類の名前がつけられている。

ライリーの感情たち

ヨロコビ(JOY)(CV:エイミー・ポーラー/竹内結子
カナシミ(SADNESS)(CV:フィリス・スミス/大竹しのぶ)
イカリ(ANGER)(CV:ルリス・ブラック/浦山迅
ムカムカ(DISGUST)(CV:ミンディ・カリング/小松由佳
ビビリ(FEAR)(CV:ビル・ヘイダー/落合弘治

ライリーの心の中にいる「イマジナリーフレンド

ビンボン(Bing Bong)(CV:リチャード・カインド/佐藤二朗)

関連批評

宇多丸 


町山智浩 


関連イラスト


♥ INSIDE OUT ♥


It's My Life
ロケットで飛ぶよ!



関連タグ

ディズニー ピクサー ピート・ドクター

pixivに投稿された作品 pixivで「インサイド・ヘッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 682943

コメント