ピクシブ百科事典

目次[非表示]

脳内会議とは、漫画的表現の一つである。

概説

人間、生きていると思いがけない場面で苦悩することがある。
そんなときに人は、自身の思考回路を全回転させ、様々な知恵を絞ろうとする
これを擬人化し、表現したものこそ「脳内会議」である。

会議の風景

基本的には「思考する当人が複数人に分身して議題を論議し合う」というもの。
大抵は背景もない殺風景な空間で行われ、場合によっては椅子もなく、立ったままかその場で座っているかして、会議は進行していく。

会議の動向

大体踊っている進捗ダメです……
そもそも参加者を脳内で増やしたところで、発想元は多重人格者でもない限り一人の人間なので、大抵「あぁでもない」「こうでもない」と揉める風景が描写されているうちに、現実世界で事態が進行し、議題の解決が追い付かないのがよくあるパターンである。

会議の円滑な進行

かといって脳内会議が妙に円滑に回り出すと、それはそれで一種の負けフラグである。
先ほども言ったように、会議に参加しているのはあくまで“思考する当人の分身”たちなので、思考者当人と趣味・嗜好・思考傾向はほぼ同一だ。
特に思考がまとめ切れずいよいよ行き詰まってくると、「如何にも妙案に思える発想」に脳内議員達が群がり、大して熟考もせずに可決されてしまい、凡そ碌な事態にならない。

主な脳内会議の実行者および実行シーン

  • 花中島マサル
  • うまる会議
    • 干物妹!うまるちゃん』のアニメOPに登場するシーン。脳内会議の一種だが、まったく会議していない
  • 大槻班長
    • カイジ』シリーズのスピンオフ『1日外出録ハンチョウ』の主人公。脳内では無意識に各国の大槻達を集め、グルメ首脳会談「大槻脳内サミット」を開催し、ある日の食事はどの国の料理にするかを決めている。採用回数の多い日本大槻、や中華大槻フランス大槻やトルコ大槻、スペイン大槻、タイ大槻、採用回数は少なくとも存在感のあるアメリカ大槻等がいるが、イギリス大槻は採用数ゼロであり扱いが悪い。そして何処の国だが分からない少年大槻が現れるが、本体の大槻に料理の知識が付いてブルガリア大槻に任命された。
  • カタリナファイブ
  • 四宮かぐや
    • かぐや様は告らせたい』の主人公でありメインヒロイン。極度のストレスで人格分離を起こしており、パニックに陥ると「脳内法廷」と呼ばれる思考空間で分離人格による緊急会議が始まる。
  • 邪神ちゃん
    • 邪神ちゃんドロップキック』の主人公でありメインヒロイン。ある日の夕食のメニューをカレー、ハヤシライス、ビーフシチューの3つから選ぶ時、脳内ではオリジンの他に、コマンダー、ファイター、ジーニアス、SJ(スーパージャイアント)、エスプ達が協議した結果、ハヤシライスに決定した。
  • 刃皇
    • 火ノ丸相撲』の登場人物。何か考え事をする際に複数の微妙に人格の異なる刃皇が一同に介して「刃皇会議」を行う。なんとこのヴィジョンは自分だけでなく他人にも影響を与え、取り組み相手をこの空間に引きずり込む「刃皇裁判」も発動できる。
  • ボーボボ
    • ボボボーボ・ボーボボ』の主人公。連載開始前の読み切り版の第3話「ボーボボと首領パッチ」にて、土下座して許しを請う毛狩り隊Fブロック隊長キラリンの処遇を巡って脳内会議を行った。その規模は異常で、裁判長役を務めるボーボボを取り囲むようにスタジアム型のテーブルが何列も設置され、番号の付いた座席(103と206が確認可能)に大量のボーボボ達が座っている。


多重人格者による脳内会議

  • 仙水忍
    • 幽遊白書の登場人物である仙水忍は、仙水忍(主人格)が精神崩壊を防ぐべく生まれた別人格と合わせて7人の人格に別れている。役割は戦闘・非戦闘枠で大きく分かれており、中には女性人格のナルも存在する。
    • なお、アニメ版にて魔界での戦闘中に描かれた七人の人格たちの会話シーンにおいて、「本当は誰よりも人間界を愛しているはずだ」と反論した人格がおり、発言内容や様子などから、ユーザーからはこの人格がナルではないかと推測されている。


関連イラスト

LETS!脳内会議!!(進級制作・2年)
お嬢様たちの脳内会議



関連タグ

思想 思考 葛藤
想像 空想
表現
会議 分身
多重人格
インサイド・ヘッド
脳内ポイズンベリー
三人寄れば文殊の知恵船頭多くして船山に登る

天使と悪魔(同じく「内心の苦悩・葛藤」の漫画的表現法。こちらは概ね「善or悪」「秩序or自由」などの2択として描かれている)

関連記事

親記事

思考 しこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「脳内会議」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「脳内会議」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1296226

コメント