ピクシブ百科事典

刃皇

じんおう

刃皇(じんおう)とは漫画『火ノ丸相撲』に登場する人物。第二部で大相撲の頂点に一強として君臨する横綱。
目次[非表示]

「そこにはあるのかね?」

プロフィール

CV
身長
体重
誕生日
血液型
相撲四つ相撲 「後の先」
所属朝陽川(あさひかわ)部屋 鳥取白楼高校出身
四股名刃皇 正式な四股名はいまだ不明
本名
憤懣の相静謐の相、憤懣の相+静謐の相(同時発動)、修羅の相・無道(封印状態)、揚々の相呑気の相憐憫の相恍惚の相 ※他にも数々の相を持っている様子
エフェクト蒼天裁判所


概要

モンゴル人。32歳。一人横綱で現在44回優勝している。鳥取白楼高校へ相撲留学し大相撲入りした。晩年の大和国を破り引退に追い込み台頭する。

44回目の優勝時に表彰式で突然号泣、外国人力士の問題や自分に勝てる力士がいないことなどを嘆き、「次の場所で優勝したら引退する」と宣言し周囲を動揺させた。

横綱然とした所作や風格を持つ一方で、のような粗暴さを発揮したり子供じみた言動をするなど非常に人格に幅がある。まるで多重人格者のように様々な「顔」を持ち、脳内で「刃皇会議」として複数の自分で会議を行い、取り組みでは対戦相手を裁判員や議長、裁判官が全員刃皇の法廷「刃皇裁判」へと引きずり込む。

人生の中で「愛」を重んじ、愛のために生き愛のために相撲を取る男である。相撲と妻、由美の両方を心から愛し、その両者は密接に結びつき合っているものだと考えている。そんな彼の相撲道は「修羅の相・無道」へ落ちようとする鬼丸の生き方に影響を与えることとなる。
心から相撲を愛しているものの、台頭してこない若手や異国人を理由にアラ探しに走るマスコミや観客の事もあり引退宣言の胸中は「嫌いになる前にやめたい」という深刻な物でもある。
ただし、引退は宣言したが道を譲るつもりはなく「強い相手と戦いたいが負けたいわけではない」と発言している。
それもあってか非常に挑発が巧みであり度々周囲を焚きつけている(否定できない部分も多いうえに、自分に怒りが向くように仕向けている)


歴代最強の横綱との呼び声も高く、作中では抜群の相撲勘を発揮しており、まず相手の出方を待ち後手からそれを瞬時に封殺する「後の先」を得意としている。


一つの眼の中に二つの瞳を持つ「重瞳」と呼ばれる特異な外見を持つ。また片眼には細長い切り傷が走っている。特に両目とも問題なく機能しているように見えるが、泣いているシーンでは傷のある目からは涙が出ていない。何が過去にあったのかはいまだ不明。

良く悪くもメンタルに波のある人物でメンタルに問題があるときは予想外の相手にあっさり負ける事も。

ゴルフを始めたらしいが、脳内会議がヒートアップして構えたまま打たない事もある模様。

関連イラスト

人気投票

おめでとうございます



横綱・刃皇

横綱!!刃皇(火ノ丸相撲より)



格闘漫画風

第70代 歴代最強横綱 刃皇



関連タグ

火ノ丸相撲
加納彰平 駿海 天王寺獅童 
朝青龍 白鵬 横綱 大相撲 モンゴル   
ラスボス
固有結界

ああ播磨灘…同作の主人公・「播磨灘勲」は刃皇と同じく「角界の現状を憂えるが故に奇行に走る最強横綱」である。もっとも、播磨灘と刃皇は「奇行」の内容や物語上のポジションが正反対であるが。

関連記事

親記事

火ノ丸相撲 ひのまるずもう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「刃皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6802

コメント