ピクシブ百科事典

潮火ノ丸

うしおひのまる

潮火ノ丸は週刊少年ジャンプに連載中の漫画「火ノ丸相撲」の主人公である。
目次[非表示]

プロフィール

身長152㎝。背伸びして160㎝。
体重79㎏(くらい)
相撲四つ相撲
CV江口拓也(VOMIC)


概要

大太刀高校に入学した少年。小柄な体でありながら相撲を心から愛しており、土俵での礼節や流儀を乱すものは許さない。父親の存在は不明だが、母を既に亡くしている。

かつては小学生相撲で2冠を取り天下五剣鬼丸国綱』に例えられる異名を持ち(後の大相撲編ではそのまま四股名として名乗っている)恐れられていたが、中学になっても全く身長が伸びず、小柄な体のせいで屈辱を味わう。身長が160㎝にも満たない彼は、大相撲の新弟子検査を受検すらできない体格なのであった。
それ故に、体格基準を不問とされるアマチュア相撲のタイトルを総ナメにして、大相撲界が自分に頭を下げてくることを望んでいる。

心・技・体の内、体の不足を痛感しながらも、磨きに磨き抜かれた技と体を生かした四つ相撲が多いが、最大の武器はどうにもならぬ身長と言う逆境にさえ挫けず己を鍛え抜いた『心』である。
主に下手投げを得意とするが親友桐人の教えから、両差しからの投げに光明を見出す。
部員への助言も理に適った物が多く、単なる脳筋ではないところを見せる。また、計算づくめの言動が多く、学業面での成績もかなり優秀な部類である。なお、言葉遣いと信念は時代に逆行していて実直で、かなり謙虚である。ただ、最近は「手前(てまえ)」が「てめぇ」になるなど、この言葉遣いだけは荒くなっている。余裕の無さも影響しているのだろうか。また、ありがちだが、相撲と身長のことでバカにされると怒る。ただし、静かな怒りを示すのもジャンプ主人公としては珍しい。

昨今でも珍しい、既に「壁を乗り越えた」「完成に近付いている」主人公。なので、劇中では彼の成長よりも仲間の成長の方が成長する姿が描かれているが、火の丸も他者を導いたり、仲間よりも熟しつつあるその上で次のステップに進む、などの成長の余地がある。また、身体や境遇などで恵まれてこなかった反動か、仲間や師匠などは非常に恵まれた環境に置かれている。

大和国の言葉である「3年越しの稽古」などを心の支えとしながら、仲間と共に「三段目付出」の資格を取るため、インターハイでの優勝および全日本選手権への参戦を狙うことになる。
そして、見事「戦後最小の関取」としてデビューし、大きな注目を集めることとなる。

そんな火ノ丸にとって、憧れであり、「3年越しの稽古」を耐える希望の一つとなったのがアマチュア横綱である「童子切安綱」こと天王寺獅童である。持前の「鬼車」などをはじめ、火ノ丸の得意とする横綱相撲は天王寺の影響が大きい。天王寺と火ノ丸は、「身体が年齢相応に大きくなったかならなかったか」の違いこそあれど、小学生時代などは似た境遇を経験している。久世草介も「大きくなった火ノ丸」と称される事こそあれど、天王寺は見た目も含め、さらに共通点が多い。「3年越しの稽古」を耐えた火ノ丸を天王寺は褒め、結果的に負けるも素直に称賛(火ノ丸が「三段目付出」の資格を得た時にも祝辞を送っている)、負ける瞬間も笑顔を見せる天王寺に火ノ丸は、心ではまだまだ勝てないと尊敬している、など、良好なライバルとしての関係を築いている。大相撲編でも、天王寺は火の丸や他の関取を気にかける完璧なアニキ分であり、人間性、性格、実力、フレンドリーさ、見た目、など全てを揃えた完璧超人である。そのため、宝刀・宝槍間に於ても皆天王寺の先導を受け入れている。

大相撲編では、それまでの「天王寺さん」という呼び方から「(心の中で)天王寺」になるなど、より凌ぎを削る者同士のような変化を火ノ丸が見せている。これは他のメンバー同士にも同様であり、かつての敵が同部屋になればその逆もあるのだ(拝借情報)。

また、草介の父親に憧れた皆が相撲に入り、天王寺に憧れた火の丸に憧れた沙田が相撲を始めるなど、皆の運命が密接に絡み合っていることになる。

同じ国宝の「数珠丸恒次」こと野地数興とは、実名と四股名だけでなく、出次や家族、大相撲にデビューした年齢に至るまで、ほとんど全ての要素が互いに対するメタファーであり、鬼丸の怪我で双方苦しんできた。互いの勝率が見せる「相撲の神様に愛される」という事の奥深さも必見である。これにより、天王寺に借りた「鬼車」を火の丸は返上することになる。大横綱刃皇の強さの一端はそのコンディションの維持力にもあるとされ、怪我をした当時の火の丸は「引く強さ」を知らなかった(今までの対戦において、数珠丸のように鬼丸相手に本気を出しきれなかった力士がいるのかは不明)。

刃皇のアドバイスである「死にたがりではなく、相撲で生きて幸せになれ」というアドバイスも含めて、全ては相撲の神様が「強くなれる地獄」を恵んだのだろうか…。

余談

  • その実力を『国宝級』と称されているが、異名の元である鬼丸国綱は国宝・文化財指定は受けておらず、御物(皇室財産)である。


  • ケガに悩まされるであろう体格から「相撲取りとしてのハッピーエンドは見えない」とされているが、これに関して本人は「相撲の神様はよっぽど俺が嫌い」だと語っているが、聴衆から「神懸かった強さ」だと評価されている。


  • この人とはよく比較されるが、同じ熱血漢でも趣が異なる。

「火ノ丸相撲」VS「バチバチ」


関連タグ

火ノ丸相撲


国木田花丸とある別世界の登場人物、名前にが付くほか身長が同じ152cmで高校一年生であるなど共通点が多い(なお、花丸という名だがこの子は女の子であるので注意)ちなみに、VOMIC版における火ノ丸の中の人この作品のファン

pixivに投稿された作品 pixivで「潮火ノ丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145535

コメント