ピクシブ百科事典

久世草介

くぜそうすけ

久世草介(くぜ そうすけ)とは『火ノ丸相撲』に登場するキャラクター。異名は「草薙剣」で、第一部では最強格のライバル。
目次[非表示]

「何を言われても構わない。
 父さんには胸を張って報告するよ、
 君に勝ったことを!

「――僕にとっての相撲の神
 大和国の相撲の中にある」

プロフィール

CV武内駿輔 ※ちなみに武内氏はVOMICでは五條佑真を担当していた
身長195㎝
体重142㎏
誕生日10月27日
血液型AB型
相撲四つ相撲
所属栄華大学附属高校1年→大和国部屋
国宝名草薙剣
四股名草薙草介
静謐の相
右上手投げ・大蛇断(おろちだち)、大蛇断呼び戻し・身神槌(みかづち)
エフェクト八岐大蛇


概要

作中における最後の日本人横綱大和国息子であり、大和国部屋の坊ちゃんとされる栄華大付属1年。
過去に取った小学生の相撲大会で親友狩谷俊重傷を負わせてしまったことが原因で、殆ど出場していないが、作中でも破格の恵まれた体格とその血筋から注目の逸材とされており、中卒即部屋入りを確実視されていたが、父親の意向で高校進学。
高校相撲においても相撲部に籍は置いているが、出場する事はないかと思われていたが…。

人物像

一代年寄と言う偉大な存在である父の元に生まれた事から、父親に恥じぬ存在であろうとする所が有り、良くも悪くも真面目な男。
狩谷に怪我をさせてしまった事も自分の責任としょい込んでしまい、どこか闘争心に欠けた所が見受けられるが、土俵の上では常に相手を捻じ伏せる圧倒的な実力者。

  • 鬼丸に怪我をさせた数珠丸にも言えるが、これは怪我をさせた方が優しいほど罪悪感などに囚われ易く、本来は武器である筈の身体が仇となっており、怪我をさせた側の力士生命にとっても危険である。刹那の世界の無差別級の勝負事においては、とくに致命的となりうるが、草介の場合は壊した相手に救われたと言っても過言でははない。
典型的な四つ相撲の取り口を得意とし、恵まれた体格で右四つに持ち込んでからの上手投げは大蛇断と呼称される。
作中優れたアマチュア力士は日本刀の異名を付けられているが、その風格と実力から、古代日本において日本武尊が振るった神剣である草薙剣から取り草薙の異名を付けられる(大相撲編でも火ノ丸同様異名をそのまま四股名として使用している)と言う最高クラスの評価を受けている。

関連イラスト

草薙剣

国宝・草薙の剣



関連項目

火ノ丸相撲 
国宝組 狩谷俊 栄華大学附属 ダニエル・ステファノフ 潮火ノ丸 
素戔嗚 草薙の剣 三種の神器
ライバル ポニテ 巨漢 

外部リンク

久世草介|アニメ「火ノ丸相撲」公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「久世草介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87818

コメント