ピクシブ百科事典

日景典馬

ひかげてんま

日景典馬(ひかげ てんま)とは漫画『火ノ丸相撲』の登場人物。「大典太光世」の異名で呼ばれるライバル。
目次[非表示]

「―そういうのを全部ぶっ壊しに来たんでしょ。俺たちは」


プロフィール

CV細谷佳正
身長202㎝
体重約119㎏
誕生日5月2日
血液型A型
相撲突き押し相撲
所属金沢北高校2年→鈴々嶽部屋
国宝名大典太光世
四股名大典太光世
修羅の相雷帝の相
張り手・閃光、高角度素首落とし・(いかずち)、張り手・万雷大景勝直伝大車輪上手投げ
エフェクト小太鼓


概要

日景典馬(ひかげ てんま)とは漫画『火ノ丸相撲』の登場人物。国宝の一振りであり、「大典太光世」の異名で呼ばれるライバル。

長身を生かした突き押しは作中でも最強とされている。土俵全てが彼の張り手の攻撃範囲と言われるほど。また、四つ相撲も突き押しほどではないが決して弱くはなく、成長を見せている。

長い前髪の癖毛から時折鋭く暗い瞳を覗かせた力士。日本人離れした身長と手足の長さも相まって、初登場時は特にヒール然とした雰囲気が強かった。

実際、上昇志向が強く馴れ合いやぬるま湯を嫌う、ともすれば不遜に見えるような性格である。指導者やチームメイトに敬意を払っていないような面も散見され、主将の相沢亮からは殴られている。
特に自分の兄である現役大関・大景勝のことは「横綱刃皇に折れて大関に満足し、ここぞというところで勝てない力士」と嫌悪、反発していた。

しかし、火ノ丸との取り組みや兄の師である鈴々嶽親方、そして駿海とのやり取りを通じて少しずつ考えを改めていく。全国大会、大太刀高校金沢北高校との一戦ではチームのエースとしての自覚を見せた。兄にも敬意を持って接し、関係性は回復している。

作中では「国宝の中では伸びしろは一番」と言われているが、単純な実力だけでなく精神面も一番伸びしろがあった力士と言えるだろう。第二部に入ってからは前髪を上げていることも相まって、初期とは別人のようである。

が、それでも捻くれた面は残っており、単行本のおまけでは国宝組内で最も人望がないことが判明してしまった。 
ただし火ノ丸とは歴史好きで趣味が合い、本や漫画を貸し借りし合うなど普通に友達になっている様子。どちらもやや内向的で我が強いところがあるので気が合うのかもしれない。

兄を見下していたのは実は内心天王寺獅童に折れかかっている自分自身を投影していたため。 ではなぜ国宝ナンバー2の加納彰平には折れていなかったのか?と読者は疑問に思っていたが、「ナンバー1を目指す気概がない加納には今は実力で劣ろうが関係ない」という心理だったことが後に判明した。土俵に転がされた直後に、「俺、あんたのことを怖いと思ったことねえから」と言い捨てられた加納さんのメンタルが心配である。

関連イラスト

国宝・大典太光世

大典太光世



関連タグ

火ノ丸相撲
国宝組 金沢北高校 相沢亮 潮火ノ丸 沙田美月 加納彰平
メカクレ 長身 
紫原敦:高身長の天才高校生アスリート仲間。彼もチームメイトに言動が原因で殴られている。

外部リンク

日景典馬|アニメ「火ノ丸相撲」公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「日景典馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10189

コメント