ピクシブ百科事典

野地数興

のじかずおき

野地数興(のじ かずおき)は漫画『火ノ丸相撲』に登場するキャラクター。国宝「数珠丸恒次」と呼ばれる。
目次[非表示]

「やめねえよ……
相撲が好きなこの俺を こったら大きくしてくれてありがとう。

この恵まれた体で 一番になるんだ!」

プロフィール

身長約192㎝
体重約220㎏
誕生日4月29日
血液型O型
相撲四つ相撲(右四つ、がぶり寄りが得意)
所属三ノ矢実業高校→荒浜部屋
国宝名数珠丸恒次
四股名数珠丸恒次
修羅の相


概要

火ノ丸相撲』における「国宝」の中でもかなり遅くになってから登場した、巨漢力士。作中では数少ないアンコ型。
国宝でありながら地味な感じで、ひっそりと登場したイメージを持たれがちだが実は物語のキーマンと言える存在。なにせ大相撲入りした鬼丸が負傷休場する事になった理由、それこそが彼との取組だったのである。

右腕に致命的な傷を受け、必殺の右下手投げを失った事で鬼丸は更なる窮地に立たされる事になってしまい更に「危険を侵してでも、自分より大きな相手を投げ飛ばす」という自分のスタイルさえ揺らいでしまうという一大事に見舞われる。

こう書くと鬼丸にとって宿命のライバルに思えたりダーティな感じがしてくるが、実際にはそういう面は殆ど(全く?)無い。鬼丸にとって数珠丸は「因縁の相手」ではあるがライバルとしての描写は無く、また彼は作中で「気は優しくて力持ち、を地でいく人気力士」として紹介される好青年。対横綱の為集まった合宿稽古で鬼丸が「右腕はもう使えない」と明かした際には、周囲が弱点として突いてくる事を危惧して「こんなところで言っちゃいけない」と庇おうとするなど作中随一の好漢である。

ただ、競争相手をも気遣う人格のためか、対戦相手を壊してしまう可能性にトラウマがあり、鍛え上げた肉体がもたらした副作用も火ノ丸や鬼切のそれらとは対照的。当然、観客からの反応も違う。ある意味では草薙小竜景光への想いと似ている。彼らの苦悩は周囲から理解されにくく寧ろ甘えや我が儘とも捉えられかねない代物である。

このメンタル面の(長所故の)弱点からか番付は不安定で「エレベーター力士」の異名も持っている。だが、この肉体を維持できるポテンシャルとセルフマネージメントは角界においても一線級であり、天王寺からも「今の地位に収まっててよい男じゃない」と高い評価を受けており、陰ながら応援されている。

単行本の書き下ろしで、他の国宝達への好感度と彼らからの好感度が最も高いこと、天王寺加納とは小学生時代からの付き合いであることが判明した。天王寺と加納は、それぞれ最も仲良い国宝に数珠丸を挙げている(一方で、天王寺と加納は大相撲に入ってから話せてない事がネック?になっている模様)。火ノ丸とも、合宿を経てつっかえていた物が取れた。

関連イラスト

うおー「数珠丸」凄い気合いだ!「草薙」へのリベンジに燃えてるぞ!



関連項目

火ノ丸相撲
国宝組 潮火ノ丸 天王寺獅童
気は優しくて力持ち 聖人 福耳 方言キャラ
数珠丸恒次(刀剣乱舞):びっくりするほど似ていない

pixivに投稿された作品 pixivで「野地数興」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1893

コメント