ピクシブ百科事典

会議は踊る

かいぎはおどる

1814年にオーストリアで行われた国際会議「ウィーン会議」のグダグダな状況を皮肉った言葉。ドイツの映画「Der Kongreß tanzt」の邦題でもある。
目次[非表示]

映画としての『会議は踊る』

『会議は踊る』(會議は踊る)とは、1931年公開のドイツ映画「Der Kongreß tanzt」の邦題
監督はエリック・シャレル。
ロシア皇帝・アレクサンドル1世と、手袋店の売り子クリステルの逢瀬を描くオペレッタである。

ナポレオン・ボナパルト失脚後のヨーロッパを議した1814年のウィーン会議を時代背景としており、タイトルは「会議は踊る、されど進まず」(Le congrès danse beaucoup, mais il ne marche pas.)という有名なシャルル・ジョセフの名言引用

主人公のリリアン・ハーヴェイが歌う「ただ一度だけ」(Das gibt's nur einmal )は非常に有名で、宮崎駿の「風立ちぬ」の挿入歌として用いられている。
また「エロイカより愛をこめて」のエピソード「皇帝円舞曲」でエーベルバッハ少佐がこの曲を歌うシーンがある。




慣用句としての『会議は踊る』

上記の「会議は踊る、されど進まず」と評せられたウィーン会議の故事から、現代社会における会議や打ち合わせ、討論などでも参加者全員が建設的な議論を行うつもりがさらさらなく、単なるガス抜き以外に意味が見いだせないまでに収拾がつかなくなっている状態への揶揄としても用いられることがある。

作戦会議中


※画像はイメージです。

関連タグ

映画 ウィーン会議
皮肉 時間の無駄 グダグダ

関連記事

親記事

ウィーン会議 うぃーんかいぎ

pixivに投稿された作品 pixivで「会議は踊る」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 572898

コメント