ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ビンボン(Bing Bong)とは、「インサイド・ヘッド」のキャラクター。

子供空想で生み出す友達、所謂「イマジナリーフレンド」である。

概要編集

CV:リチャード・カインド (吹き替え佐藤二朗


ライリーが3歳のころ、大好きな動物を掛け合わせて創り出した“空想友達”。

所謂「イマジナリーフレンド」である。

見た目はピンク色のを合わせたような姿をしており、綿あめのような肌感、鳴き声はイルカで、キャラメル味のキャンディでできている。綱引き車に乗って「楽しい友だちビンボンビンボン」と歌う事で虹色の煙を出しながら空を飛ぶことができる(ライリーと一緒に歌を歌って空を飛んでいた=そういう空想をライリーがしていたため)

ヨロコビカナシミが、頭の中の司令部から放り出された先で出会う。


彼女達を助けながら共に進むが、家族の島が崩壊したはずみでヨロコビと共に記憶のゴミ箱(忘れてしまった大量の思い出や、覚えるまででもないどうでもいい思い出が廃棄されている場所)に落ちてしまう。


目の前でゴミ箱にあった思い出が塵になったのを見て、このまま脱出できずにいればヨロコビが持っている「ライリーの大切な思い出」毎、永遠に「喜び」という感情すら忘れ去ってしまう事を察し途方に暮れるが、ヨロコビが上述の「綱引き車に乗って歌うと空が飛べる事」と、物語中盤にビンボンの持っていた綱引き車が記憶のゴミ箱に捨てられていた事を思い出し「楽しい友だちビンボンビンボン」と歌いながら走り回り虹の煙が噴き出す場所を探し、見事綱引き車を発見

二人で綱引き車にのって空を飛んで脱出しようと試みるが、崖が高すぎる事からほんの少し出力が足りず失敗


それでも諦めないヨロコビを見たこと、そして自分の片腕が消滅した(忘れられた)事から「今度は上手くいきそう」と言いもう一度歌を歌って飛ぼうとするが、飛び立つ直前に一人こっそり綱引き車を降り、ビンボン一人分軽くなった綱引き車は無事に思い出格納庫にたどり着く。

ヨロコビは上手くいったことに喜んでいたが、ビンボンが居ないことに気付き、谷の下を見るとビンボンがおり、「僕の代わりに彼女を月に連れてってくれ」と伝え彼は微笑みながら一人塵となった(ライリーに完全に忘却された)


関連イラスト編集

Bing Bong Wolfw


関連タグ編集

インサイド・ヘッド イマジナリーフレンド 空想

関連記事

親記事

インサイド・ヘッド いんさいどへっど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28920

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました