ピクシブ百科事典

ソイレントグリーン

そいれんとぐりーん

1973年にアメリカで制作されたSF映画。

ソイレントグリーンとは、1973年にアメリカで制作されたSF映画
監督は「海底二万哩」や「ミクロの決死圏」を手掛けたリチャード・フライシャー。

あらすじ

2022年、ニューヨークでは際限の無い人口増加によってあらゆる資源は枯渇。社会は荒廃していた。
人口爆発によって多くの人民が、食品や住居を満足に得ることが出来ず、街はスラムと化し、「本物の野菜」は一生のうち目にすることが出来るか否か、という超高級品に成り果てた。代わりとなる食品は「ソイレント社」が供給するクラッカー状の合成食糧の以外には殆ど口にする事ができない有様であった。
一方で、僅かな特権的階級は巨万の富を以て至上の価値を持つ「本物の肉や野菜」を食する極度の二極化社会となっていたのである。

ある夜、裕福な生活を送っていた弁護士のサイモンソン(ジョゼフ・コットン)が何者かによって殺害される。
殺人事件を担当する警察官 ソーン刑事(チャールトン・ヘストン)は、同居人で相棒である老人 ソル(エドワード・G・ロビンソン)の協力を得て捜査に乗り出すが、何度も妨害を受けた末に暗殺すらされかける。

捜査を重ねた末、ゾーン刑事はある真実に辿り着く。事件の背景には大きな禁忌が…

関連項目

ディストピア みんなのトラウマ 近未来 バールのようなもの

ソイレントシステム

pixivに投稿された作品 pixivで「ソイレントグリーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4746

コメント