ピクシブ百科事典

僕の彼女はサイボーグ

ぼくのかのじょはさいぼーぐ

2008年の日本映画。監督はクァク・ジェヨン。
目次[非表示]

概要

ヘタレな「僕」と、未来からやってきたサイボーグである「彼女」とのSFラブストーリー。
韓国映画監督クァク・ジェヨンによる『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』に続く《彼女シリーズ》第3弾。前2作は韓国映画であるが、今作は日本出資による日本映画(邦画)で、キャストもスタッフも日本人が多い。
中村あきひろによるコミカライズが『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載され、出版された。

その結末には、映画「ジュブナイル」や、その原案となった「同人版ドラえもん最終回」との類似を指摘する声も多い。
また、「彼女」はサイボーグとされており、作中でもロボットと呼ばれることを嫌うが、実際には『人工的な骨格の上から生体細胞をかぶせた』100%人工の存在であり、作中でもガイノイドを自称する。
そのため、一部のサイボーグフェチがジョーク交じりに「タイトル詐欺じゃねーか!」と言うこともある。

キャスト

「彼女」 - 綾瀬はるか
北村ジロー(「僕」) - 小出恵介

スタッフ

監督・脚本 - クァク・ジェヨン
製作 - 山本又一朗 / ジー・ヨンジュン
音楽 - 大坪直樹
主題歌 - MISIA「約束の翼」
撮影 - 林淳一郎
配給 - ギャガ
製作 - 「僕の彼女はサイボーグ」フィルムパートナーズ(アミューズソフトエンタテインメント / 電通 / ギャガ / フィールズピクチャーズ / TBSテレビ / 小学館 / 毎日放送 / センチュリオンファンド / ベアエンターテインメント)

データ

上映時間 - 120分
製作国 - 日本
言語 - 日本語

公開日

日本2008年5月31日
香港2008年8月21日
台湾2008年9月12日
中華人民共和国2009年7月28日


関連タグ

映画 邦画 SF映画

外部リンク

『僕の彼女はサイボーグ』公式サイト
僕の彼女はサイボーグ - Wikipedia
映画 僕の彼女はサイボーグ - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「僕の彼女はサイボーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13802

コメント