ピクシブ百科事典

デイブレイカー

でいぶれいかー

2008年製作のアメリカ映画。人類の大半が吸血鬼と化し,絶滅寸前になった人間が貴重な血液の供給源として管理される未来世界を舞台にしたSFサスペンス・スリラー。これまでの両者の立場が完全に逆転した独創的な映像世界が展開する。
目次[非表示]

絶望寸前の人類に希望はあるのか──

概要

『デイブレイカー』(原題: Daybreakers)は、2008年製作のアメリカ合衆国・オーストラリア合作のSFホラー映画
人類の大半がヴァンパイアと化し、彼らによる新たな社会が築かれた近未来の地球を舞台に、人類の減少で食糧問題に直面するヴァンパイアと残りわずかなとなった人間たちの運命を描き出していく。

ストーリー

西暦2019年。普通の人間がヴァンパイアへと変貌してしまう謎のウイルスの蔓延によって95%もの人間がヴァンパイアとなり、いまや世界は彼らが市民生活を送るための社会システムに取って代わっていた。
また人間たちは捕獲され、血液供給源として管理・飼育されている。そんなヴァンパイア社会では、人類の減少による食糧問題が深刻化していた。また、ヴァンパイア同士で血をすすり合えば、サブサイダーと呼ばれる凶暴なモンスターに変貌を遂げてしまう。

巨大製薬企業“ブロムリー=マークス社”で代用血液の研究開発に従事する研究者エドワード。エドワードはヴァンパイアでありながら人間の血を飲むことに罪悪感を覚え、今や絶滅の危機に瀕している人間の未来を案じていた。
人類に同情的な彼は、ある夜、ヴァンパイアに追われる人間たちと遭遇、とっさに彼らの逃亡を手助けする。これがきっかけで人間のレジスタンス組織の信頼を得たエドワードは、やがてコーマックという謎の男と引き合わされる。
コーマックは紛れもない人間だが、首に噛まれた傷跡がある元ヴァンパイアであった……。

キャスト

役名俳優日本語吹替
エドワード・ダルトン イーサン・ホーク宮本充 血液研究員
ライオネル・コーマック ウィレム・デフォー 江原正士 人間に戻った元ヴァンパイア
チャールズ・ブロムリー サム・ニール 金尾哲夫 製薬会社社長
オードリー・ベネット クローディア・カーヴァン 五十嵐麗 生き残りの人間
フランキー・ダルトン マイケル・ドーマン 綱島郷太郎 エドの弟で人間捕獲部隊兵士
アリソン・ブロムリー イザベル・ルーカス 勝島乙江 チャールズの娘
クリストファー・カルーソ ヴィンス・コロシモ高瀬右光 エドの同僚


関連タグ

吸血鬼 ディストピア

pixivに投稿された作品 pixivで「デイブレイカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27635

コメント