ピクシブ百科事典

終戦のエンペラー

しゅうせんのえんぺらー

2012年に公開されたアメリカ映画。監督はピーター・ウェーバー。
目次[非表示]

解説

2012年公開のアメリカ合衆国の歴史映画。
第二次世界大戦終戦直後の連合国軍占領下の日本を舞台に、昭和天皇戦犯として裁かれることをいかにして回避したのか、そして有名なマッカーサーと昭和天皇のツーショット写真が撮影されるまでの経緯を、アメリカ陸軍准将ボナー・フェラーズの視点で史実とフィクションを交えながら描いた作品。

主演はマシュー・フォックスとトミー・リー・ジョーンズ
製作はアメリカだが、岡本嗣郎の『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』を原作にとっており、宮内省枢密顧問官であった関屋貞三郎を祖父に持つ演出家・奈良橋陽子によって企画が立ち上げられた。
主な撮影はニュージーランドで行なわれた他、日本国内でのロケも行われ、商業映画としては初めて皇居敷地内での撮影が許可されたことや、西田敏行中村雅俊を始めとする多くの日本人キャストの出演でも話題になった。

あらすじ

1945年8月30日GHQ最高司令官ダグラス・マッカーサーが来日し、アメリカによる本格的な日本統治が始まる。

折からアメリカ国内では天皇の戦争責任を訴追するべしとの国民世論が多数を占め、アメリカ政府も天皇逮捕をマッカーサーへと暗に要求していた。しかし、敗戦したことで日本国民の間では連合国への反感が極限まで高まっており、そんな情勢下でもしも天皇を逮捕・処刑すれば途方も無い混乱と騒乱が日本を覆うことは間違いなく、そうなればもはや占領政策どころではなくなるのは火を見るより明らかであった。
極東における反共の防波堤建設を重要視し、自らの政界進出への足がかりとしても日本の戦後統治を是が非でも成功させる必要のあったマッカーサーは、本国を説得する材料として「天皇に開戦の意志は無かった」という証拠を得るべく、知日家である部下のボナー・フェラーズ准将に日本の開戦・真珠湾攻撃の意志決定に天皇の関与が決定的影響を及ぼしたのか否かの極秘調査を命じる。

わずか10日間という期限の中、フェラーズは東条英機元首相を始めとする関係者達に接触していくが、日本独特の観念に彩られた立憲君主である天皇制というシステムの中では確たる開戦命令の事実も不関与の証拠も見つけ出すことができず、調査は難航する。
また、フェラーズ自身も開戦前の大学時代に知り合った元恋人の島田あやの安否を気に掛けていた…。

果たして、あの戦争における天皇の「役割」とは何だったのか。そして、戦争の真の責任者は誰なのか。

スタッフ

監督 - ピーター・ウェーバー
脚本 - ヴェラ・ブラシ / デヴィッド・クラス
原案 - 芥川保志
原作 - 岡本嗣郎『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』
製作 - 奈良橋陽子 / ゲイリー・フォスター / 野村祐人 / ラス・クラスノフ / 芥川保志
音楽 - アレックス・ヘッフェス
撮影 - スチュアート・ドライバーグ
編集 - クリス・プラマー
製作会社 - クラスノフ・フォスター・プロダクションズ / フェラーズ・フィルム
配給 - ロードサイド・アトラクションズ/ライオンズゲート(アメリカ) / 松竹(日本)

関連タグ

映画 アメリカ映画 戦争映画

外部リンク

終戦のエンペラー - Wikipedia
終戦のエンペラー - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「終戦のエンペラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 784

コメント