2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

地球へ…

てらへ

「地球へ…」とは、竹宮惠子によるSF漫画、およびそれを原作とするアニメや派生作品のことである。
目次[非表示]

我々はただひとつのことだけを考えるんだ!
この戦いに勝って地球へ…
地球へ行くと!

概要

竹宮惠子によるSF漫画作品。
マンガ少年」(朝日ソノラマ)において1977年1月号から1980年5月号にかけて連載された。新装版全3巻。
ラジオドラマ・アニメ映画・テレビアニメ化された実績がある。後述。

本来なら、ひおあきらとの合作(ひおはメカニックデザインを担当)になる筈だったが、ひおが『超電磁ロボコン・バトラーV』のコミカライズの執筆を優先したため、竹宮単独の作品となった。

林ふみのによる外伝漫画『地球へ…~青き光芒のキース~』が存在する。「月刊Gファンタジー」(スクウェア・エニックス)にて2007年6月号から連載された。全2巻。
こちらは後述のテレビアニメ版絡みで執筆されたもの。

ストーリー

現代から遠く離れた未来、S.D.(Superior Dominance)の時代
人類スーパーコンピュータによる完全な管理の下、子供を教育する専用の惑星と、社会を営む大人惑星とに分かれていた。
地球から遠く離れた植民惑星アタラクシアで育った少年ジョミー・マーキス・シンは、目覚めの日(14歳の誕生日)の数日前から不思議を見ていた。
1人の盲目美少女と青い髪の若者が会話している場面である。
そして目覚めの日、成人検査と呼ばれている洗脳から、夢に出て来たその若者ソルジャー・ブルーに助けられることになる。

ミュウ(種族)

現生人類(ホモ・サピエンス・サピエンス)とは異なった新人類
英語ではMuと書く。
虚弱体質で身体障害を持つ事が多いが、その分非常に長寿で、思念波エネルギーを操ったりできる。
ミュウだと判明した者は即座に抹殺されるが、かろうじて生き延びた者達はソルジャー・ブルーのもとに集結し、コミュニティを作って生活している。

登場人物

※CVに関してはアニメ映画/テレビアニメ(単独表記はテレビアニメのCVのみ)


テレビアニメ版オリジナルキャラクター


ラジオドラマ

1979年7月23日から7月28日までNHK-FM放送にて第1部のみ放送された。全6回。
原作者である竹宮も「出演」している。

アニメ映画

1980年4月26日に東映により公開された。アニメーション制作は東映動画(現・東映アニメーション)。
原作とかなり異なる部分(恋愛要素など)があるが、原作者の竹宮は「映画化にOKを出した時点でそれとこれとは別物と考えています」と、あまり気にとめなかった。さらに竹宮は、「自分の作品で『地球へ・・・』が最も有名になったのは、アニメ映画になったからなのでは」とも述べている

主題歌

テーマソング 「地球へ…(Coming Home To Terra)」
エンディング 「愛の惑星(All We Need is Love)」
歌・演奏 - ダ・カーポ

テレビアニメ

2007年4月から9月にかけて、毎日放送ほかにて放送された。本来は金曜42時-42時30分に放送されていたが、放送局によっては同じ金曜でも41時30分-42時に差し替えられていた。また、1ヶ月遅れでアニマックスばかりかキッズステーションでも放送された。

実は、元々は該当時間帯で放送するつもりは無く、さらに言えばTBSや、CBCを始めとするTBS系列参加地方テレビ局でも放送するつもりでは無かったらしいが、前番組が視聴率不振のため半年で放送を止めるハメになったため、急遽ピンチヒッターとしてこの作品が放送されたそうである。

アニメーション製作は南町奉行所東京キッズ

2023年3月29日にBlu-ray Disc BOXの発売が決定したことが発表されている

主題歌

オープニングテーマ

「endscape」(第1話 - 第13話)
作詞∶TAKUYA∞ / 作曲∶UVERworld / 編曲∶UVERworld&平出悟 / 歌・演奏 - UVERworld
「JET BOY JET GIRL」(第14話 - 第24話)
作詞∶高橋瞳、mavie / 作曲・編曲∶TAKUYA / 歌∶高橋瞳

エンディングテーマ

「Love is...」(第1話 - 第13話)
作詞・作曲∶Miliyah / 編曲∶3rd Productions / 歌 ∶加藤ミリヤ
「This Night」(第14話 - 第24話)
作詞・作曲∶谷口尚久 / 編曲∶Tomokazu“T.O.M”Matsuzawa / 歌∶CHEMISTRY

関連イラスト

地球絵(2013)
ジョミー&ブルー


地球へ
地球絵(2007)



余談

本作のタイトルの読みである「テラ」が「寺」と同じなためか時々「寺へ…」と言うパロディが散見される。特に魔夜峰央は『パタリロ!』作中において使用したことで有名である。(アニメでも使用された)

関連タグ

竹宮惠子 SF ミュウ 星雲賞 朝日ソノラマ
竹宮惠子作品100users入り 竹宮惠子作品500users入り 竹宮惠子作品1000users入り

アクセル・ワールド:本作同様、競合するCSテレビ局で全く同じ放送時期に放送された作品。こちらはAT-Xとキッズステーション。
彼女、お借りします:本作同様、訳あって全国ネットに移行した作品。毎日放送制作ホストという点でも共通。

土6
天保奇聞 妖奇士(2006年秋、2007年冬)→本作(2007年春夏)→機動戦士ガンダム00ファーストシーズン(2007年秋、2008年冬)

外部リンク

アニメ公式サイト

関連記事

親記事

竹宮惠子 たけみやけいこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1120744

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました