ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

週刊少年マガジン講談社)にて2017年32号から連載中。作者は宮島礼吏

「恋人代行サービス」を題材・テーマとした漫画作品。作者の宮島は実際に恋人代行サービスを利用した上で本作の執筆に取り組んでいる。
また、クラウドファンディングを取り上げたことがあったせいか、連載5周年を機に作者の宮島もクラウドファンディングに挑戦したところ、開始後25分足らずで目標の600万が集まったとの事。ちなみにテーマは、渋谷に本作の広告を個人で出す事である。

講談社のWebコミック誌であるマガジンポケットにて、2020年6月下旬からスピンオフ作品『彼女、人見知ります』が発表されている。こちらも宮島礼吏が手掛ける。

あらすじ

都内の大学「練馬大学」の経営学科に通う主人公、木ノ下和也。たった1ヶ月の交際でフラれてしまった彼は、携帯サイトで「恋人代行サービス」なるものを偶然見つけ、同サイトを活用する形で女の子とのデートを始めることになる・・・。
彼が申し込んだ「レンタル彼女」、水原千鶴は清楚可憐な見た目であったが、彼が以前フラれた件を八つ当たりしたことで、彼女の怒りは爆発するのであった・・・。

主要登場人物

木ノ下和也


本作品の主人公。
優柔不断な性格で、下心に負けそうになったり、平気で周りに嘘をつくことがある。
一方で、周囲の人を思いやるド直球な優しさも併せ持つ。
趣味は魚の飼育。

かのかり3巻表紙イラスト
かのかり8巻表紙イラスト


本作品のメインヒロイン。

かのかり2巻表紙イラスト


腹黒な木ノ下和也の元カノ。

かのかり11巻表紙イラスト


不整脈を抱えている、ある意味千鶴の「ライバル」。

かのかり12巻表紙イラスト


水原千鶴の後輩。ひどい人見知り
スピンオフ作品『彼女、人見知ります』の主人公でもある。

  • 木ノ下和
和也の祖母。女っ気のなかった和也がちづるを連れてきた際、感激のあまり号泣してしまった。以後ちづるの事を「千鶴姫」だの「天女様」だのと大袈裟に崇め奉っている。ただこれには深い訳があった。

  • 一ノ瀬小百合
ちづるの祖母。ちづるにとってはたった一人の身内。ちづるの人生に大きな影響を与えている。
実は和と結構仲がいい。

テレビドラマ

2022年7月から朝日放送およびテレビ朝日の深夜ドラマ枠であるドラマLにて放送される事になった。

テレビアニメ

2020年7月から同年9月にかけてAT-Xおよび毎日放送とかTBSほかにて放送された。全12話。原作単行本の1巻から6巻(及び7巻の一部エピソード)が描かれた。
アニメーション制作はトムス・エンタテインメント。監督はJ.C.STAFF出身で「雨色ココア」第2期を手掛けた古賀一臣が担当。音楽は前山田健一(ヒャダイン)が楽曲制作を行った。

元々はアニメイズム枠で放送予定だったのだが、「ハイキュー!! TO THE TOP」第2部放送延期のピンチヒッターとして放送枠が変更された。そのため当初予定されていたBS-TBSでの放送が無くなってしまった。なお、そのBS-TBSでは、本作の代替プログラムとして「ハイキュー!! TO THE TOP」第1部を放送している。しかも該当作品の第2部も引き続きアニメイズムで放送された。ある意味皮肉なものである。

なお、似たような例として、前番組の続行が不可能になったが故に、深夜アニメで放送するつもりがそれ以外の時間帯に変更となった「地球へ…」がある。しかもこちらも制作ホスト局が毎日放送だったりする。

2020年9月26日に最終回を迎えたが、その直後、第2シリーズの構想があることが明らかにされた。
2021年2月28日には、2022年にも放送したいと言う意向を示した。そして2022年1月14日、同年夏にも放送される事が内定、さらに同年3月20日には放送局・放送枠据え置きもアナウンスされた。

アプリゲーム

ソーシャルアプリを扱う会社のenishから「彼女、お借りします ヒロインオールスターズ」と言うタイトルで2021年9月2日からリリースされている。

だがこのアプリゲーム、千鶴ら4人だけでは足りなかったのか、何と他の「週刊少年マガジン」連載作品のキャラクターまで助っ人として参加してしまった。
それもテレビアニメ化された事のある作品はもちろんの事、2021年6月17日の制作発表時点ではアニメ放送直前だったものまで狩り出されると言う有様である。

立ち上げ時点での、本作以外の、登場人物を“派遣”した作品は以下の通り。ちなみに参加作品に関しては今後増える可能性があるとの事。

魔法先生ネギま!
FAIRYTAIL
山田くんと7人の魔女
寄宿学校のジュリエット
ドメスティックな彼女
七つの大罪
炎炎ノ消防隊
カノジョも彼女

蛇足ながら、「寄宿学校のジュリエット」以下の5作品は、テレビアニメが毎日放送とTBSで放送されたという実績があるうえ、それ以外の作品も先述の通りテレビアニメ化されたことがある。
また、このゲームが発表された当初参加作品のあらすじを見たネット民が、「NTRものの導入部」とか「もうこの作品『彼女、NTRします』ってタイトルでいいんじゃね?」などのコメント(と言う名のツッコミ)を寄せたとか。

余談

ちょうどアニメ第1期の放送が開始した時期に別番組の特撮で闇のあの人闇の力、お借りしますという発言をしたため、一部界隈でネタになっている。

関連イラスト

水原千鶴
水原と一ノ瀬


七海麻美
更科瑠夏ちゃん


墨ちゃん



関連タグ

宮島礼吏
AKB49:作者が過去にマガジンで連載していた作品。
レンタル彼女

users入り


外部リンク

関連記事

親記事

週刊少年マガジン しゅうかんしょうねんまがじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「彼女、お借りします」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「彼女、お借りします」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54262044

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました