ピクシブ百科事典

ジョミー・マーキス・シン

じょみーまーきすしん

ジョミー・マーキス・シンとは、『地球へ…』の主人公。
目次[非表示]

概要


劇場版CV井上純一
TV版CV斎賀みつき

本編のミュウサイドの主人公
育英都市アタラクシアの出身。潜在的なミュウとして14歳まで生きてきた。
感情過多であるため、幾度かESPチェックを受けてきたが、“無い”とまで自嘲する太い神経、タフな精神と潜在的な強い思念波のお陰で潜り抜けてきた。

他のミュウとは違い、欠けている部分のない健常者であり、人類の太く短い生命力とミュウの細く長い能力を兼ね備えた存在であることからソルジャー・ブルーに見出され、余命わずかの彼の後を継ぎ、ミュウの新しい長『ソルジャー・シン』となる。
そしてブルーの意思を継いで、ミュウが長年目指してきた地球(テラ)へ向かうこととなる。
最初はその乱暴な性分から他のミュウ達に疎まれてきたが、様々な訓練や勉強を経てカリスマ性の高いリーダーになってゆく。
その卓越した行動力と強大なESP能力で、仲間の危機を救うために飛び出すこともしばしば。
また、様々な経験を経て策士としての冷静さも兼ね備えるようになっていき、当初は反発されていたハーレイからも「戦士(ソルジャー)だ」と高く評価されるようになる。
感受性が豊かなために感情を表に出しやすいミュウ達を懸命にリードし、まとめあげた。
14歳以降外見は変わっていない。

途中、ナスカでの地球軍との衝突がきっかけで全失明・失語・失聴となり、それからはテレパシーでコミュニケーションをとっている(TVアニメ版ではそれらの喪失は免れている)。
長老達はESP能力でバリアを張らなければならない惑星ナスカの希薄な大気にその強靭な肉体と精神力で適応した。
また、室内の強烈なエネルギーに、長老達ばかりかトォニィすらも悲鳴を上げたほどの、地球のS.D.体制の敷かれた特別個室にも適応した。
ナスカで安穏と生きる道を絶たれ、多くの同胞を助けられなかった悲劇は、遠回りしながらも、彼に『地球へ帰ること』の重要性を改めて認識させた。

破壊寸前のグランドマザーに精神を支配されたキースによって射殺される。
最後の言葉は「キース、地球を頼む」。
しかし、直前で精神が肉体から分離し、コンピュータ・テラを停止させたキースの「そこにいるんだろう?今度こそ俺を殺せ」という言葉を受け、苦痛を伴わないように殺す。

映画では、キースに致命傷を負わされるものの辛うじて生きており、二人でコンピュータ・テラの前に落ちる。最後の言葉は、「キース、逃げろ」。
TVアニメ版ではグランドマザーを破壊したものの隙を突かれてグランドマザーの最後の攻撃で致命傷を負い、助けに来たトォニィを次期ソルジャーに任命した後果てた。
最後の言葉は「箱の最後には希望が残ったんだ」。

名前の由来は原作者が読んでいたSF小説『スラン』(A・E・ヴァン・ヴォークト作)の主人公にちなむ。

関連イラスト

ジョミ...!
ふたつの太陽


ジョミー・マーキス・シン
Voyager



関連タグ

地球へ…

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョミー・マーキス・シン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126936

コメント