ピクシブ百科事典

キース・アニアン

きーすあにあん

キース・アニアンとは、『地球へ…』の人類サイドの主人公。
目次[非表示]

概要

劇場版CV 沖雅也
TV版CV 子安武人


本編の人類サイドの主人公。15歳~45歳。
機械(グランドマザー)の申し子・鉄面皮などと評されるエリートだが、喜怒哀楽のうち“怒”と“哀”の感情は誰よりも強い。
ミュウサイドの主人公ジョミーの最大のライバル。

地球のどこにいても一目置かれ、一線を画される存在である。
育英都市トロイナスの出身となっているが、幼少時代の記憶及び受けたはずの成人検査に関する記憶を一切持っていない。
エデュケーショナル・ステーションでの教育を終えた後は「メンバーズ・エリート」に選出され、その頭角を現して目を見張るスピードでエリートコースを昇進していく。
ステーションでの教育過程からミュウと遭遇し、幾度も対決していくことになる。
さらに、様々な事件のなかで幾度も葛藤を繰り返しながら、マザーが期待していた通りの成長を続ける。
そして、最終的には地球の総帥となり、ジョミー達ミュウの前に立ち塞がる。
20年近くにわたるミュウとの対決の中で、自身の出生の秘密やミュウの遺伝的要因の排除の可否、さらには地球そのものの秘密を知ってゆくこととなる。
その中で、ミュウの女性フィシスに不思議な縁を感じるようになっていく。
背後に立った者を反射的に撃つよう訓練されている。

実は、フィシスの卵子を元に生み出された、遺伝子上の“フィシスの実子”。
15歳まで人工子宮で育ち、知識は脳に直接刷り込まれていた。
統治者候補たる「無垢なる者」の1人である故に養親はおらず成人検査も受けていなかった。
1人の人間としても、1人の統治者としても、ジョミーとは対照的な存在である。
マツカサム以外に心を許せる存在がおらず、表面上は“地球国家元首”という究極の要職に就いても、2人のいない場所では常に孤独だった。

最後までジョミーをライバル視しており、ミュウの存在を認めながらも、受け入れようとはしなかった。
ジョミーがグランドマザーと戦っている時、彼の心も一緒に戦っていたというが、後もう一歩というところで、グランドマザーの思念波に操られジョミーを殺してしまう。
正気に戻った直後、それまで心に燻っていた機械への疑念が爆発し、これまで従ってきたコンピュータによる自分の意思への介入を拒絶する。
グランドマザーが破壊された後、コンピュータ・テラを停止させ、地球を自然のままにし、機械の管理から離脱することを選択する。
その後、精神体として《生きていた》ジョミーの手で殺されることを望んだ。

映画版ではジョミーを大切な同胞として受け入れる。
しかし、原作同様グランドマザーに操られ光線銃でジョミーに致命傷を負わせてしまう。
正気に返ってジョミーを抱えて逃げようとするが、2人一緒にコンピュータ・テラのもとへ落下。
ジョミーの「逃げろ」という言葉を無視、最期はコンピュータの束縛を拒否し、キース・アニアンという1人の《人間》として、自分の意思で死を選んだ。
TVアニメ版ではグランドマザーの攻撃で致命傷を負い、死の間際にセルジュに地球軍の指揮権を託した後ジョミーと共に果てる。
最後の言葉は「最後まで私は独りか…」。
ただし、セルジュやマツカなどのキースを慕っている部下の存在を考えると、決して前二作の様に独りではなかったようである。

2007年7月に行われた「テラFes2007」での質問コーナーによれば、名前の由来は“キム・ボール・キースン”という俳優の名から取ったと竹宮は語っている。
このような名の俳優はいないので、『レンズマン』のキムボール・キニスンと取り違えている可能性がある。

関連イラスト

わたしの還る場所
アニアン


almost black
孤独



関連タグ

地球へ…

pixivに投稿された作品 pixivで「キース・アニアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84861

コメント