ピクシブ百科事典

シンクロ次元

しんくろじげん

遊戯王ARC-Vに登場する世界の一つ
目次[非表示]

概要

遊戯王ARC-Vの世界を構成する次元のひとつで、ユーゴが住む世界。

「シティ」という大都市が存在しているが、常軌を逸した競争社会となっている。
最高意思決定機関行政評議会及びその下部組織であるセキュリティが治安維持を行っている。
上流階級の「トップス」と、それ以外の「コモンズ」という2つの階級が存在しており、トップスはシティの全人口の1%しか存在していないにもかかわらず、シティの資産の99%を独占し、贅沢三昧な生活を送っている。
反対にコモンズ達は貧しい暮らしを強要されており、生きる為に盗みといった犯罪に手を染めてしまう事も余儀なくされている程である。ユーゴたちもコモンズで、シティの下層地区で暮らしている。

シティで行われるデュエルはDホイールを使ったライディングデュエルが主流であり、シティのハイウェイにはライディングデュエル専用のレーンが併設されている。

臨海高層都市


シティ中心部には画像のような高層都市が存在しており、デュエルレーンも合わせて考えると4つの次元の中で特に建築技術が発展していると思われる。

シンクロ次元の住人

コモンズ


トップス


犯罪者

セルゲイ・ヴォルコフ

社会環境

警察機構である治安維持局やセキュリティも、完全にトップスの支配下にあり、コモンズはトップスの居住区に立ち入っただけでも罪とされ、拘束・処罰されてしまう事になり、強制的に収容所送りとなる。
逆にトップスは、違法デュエルの観戦を行ったりしても、保護対象と見なされ、罪には問われない扱いとなっている。
そういった経緯からコモンズ、トップス双方の溝はきわめて深く、互いが互いを蔑み合う殺伐とした関係となっている。

実力さえあればジャック・アトラスの様にコモンズからトップスに成り上がることも可能であるが、本当に並外れた実力の持ち主でなければ実現はほぼ不可能である。

ジャックは、コモンズ出身ながらデュエル大会で優勝し、以来3年間デュエルキングの座を守り続けているが、それ以外の例は今のところ挙げられていない。
強いてあげるなら、セルゲイ・ヴォルコフが該当するが、彼の場合は並外れた凶悪さを見込んだジャン・ミシェル・ロジェにより、特例で引き抜かれたと言うべきである為、成り上がりとは程遠い。

また、本当ならばジャックよりも前に成り上がる可能性を持っていた徳松長次郎が、トップス側の謀略によって収容所へ送られてしまった事からも、今後のトップス側がジャック以外のコモンズに成り上がりを認める可能性はかなり低い。

徳松が収容所に送られて出所するまでの10年間で階級制度こそ変化はなかったものの、シティの裏事情に詳しいギャラガー曰く「突如シティに現れた謎の男によって、この世界には無かった技術がもたらされた」ことでシティもデュエルも大きく発展した。

また10年前ほロジェの来訪を期にトップスとコモンズの間の溝が深まったという。


フレンドシップカップ

「フレンドシップカップ」とは、年に一度開かれている「トップスとコモンズの友好の証」という建前で、身分に関係なく出場が可能な大規模デュエル大会の事。

「コモンズがトップスに成り上がる為の唯一の方法」とされてはいるが、トップス側から見れば暇つぶしの「娯楽」でしかなく、また、トップスへの反感を募らせるコモンズ達の不満を解消させる「ガス抜き」的な役割を持ったものでしかない。

シティは一つ、みんな友達!!」といったスローガンを掲げているが、大会敗退者は地下の強制労働施設へと護送され、ゴミ処理といった3K的な汚れ仕事を強いられる事からも、真実を知っている人間から見れば馬鹿げた戯言にしか聞こえない。

ランサーズも参加した大会において、ジャン・ミシェル・ロジェの思惑や労働施設側のクーデターにより、大会は混乱に陥るが、榊遊矢とジャック・アトラスのデュエルで混乱は収まり、ロジェは失脚、行政評議会も解散したことで、トップスとコモンズの壁はなくなり和解し、「シティは一つ、みんな友達!!」のスローガン通りの世界にコモンズとトップスが手を取り合い、遊矢を見送った。

小ネタ

作中でファンサービスなのか、かつて『遊戯王5D's』に登場した人物や、物が登場している。

(容器の絵柄がかなり酷似)
  • 86話でユーリが飛び乗ったトラックにピリ辛レッドデーモンズヌードルのペイントが。更に言うと、遊星が拉致された時に乗せられたトラックと同じもの。
  • フレンドシップカップ終了後の行政評議会のシーンで、トップス側に一瞬両親と思しき人物と一緒に早野天兵が登場。

5D'sとの相違点

シティの設定やジャック、クロウ等のキャラの存在など、大まかな部分は遊戯王5D'sのネオドミノシティそのものである。
しかし、

  • サテライトが存在しない。(ただしスラム街は健在)
  • シティの外観がネオドミノシティのそれとは異なっており、そもそも「ネオドミノ」とは呼ばれない。
  • ネオドミノシティにはあった海馬コーポレーションデュエルアカデミアの描写が一切ない。(前者はともかく後者は融合次元との兼ね合いから存在しないとも取れる。)
  • デュエルディスク及びDホイールのディスク部分はARC-Vにおける独自の物が採用されている。(ジャック達のDホイールのデュエルディスクもARC-Vの仕様に変更されている)
  • イェーガーらしき人物が紙幣に描かれている。存命・もしくは若年の人物が紙幣に描かれるのは珍しい。後にイェーガー本人も登場している。
  • ライディングデュエルではスピードワールドは独自の「スピードワールド-ネオ」を展開しており、スピードカウンターとスピードスペルの概念がなく、通常の魔法カードを使用している。
(スピードワールド-ネオはDホイールをライディングデュエル用に切り替える為に使われていると思われる。また、デュエルチェイサーには相手を強制的にライディングデュエルに持ち込む手段として使用されている。5D'sと同じだった場合、アクションカードやペンデュラムゾーンにセットされたペンデュラムモンスターが魔法カード扱いなので2000ポイントのダメージを受けてしまうので遊矢達が圧倒的に不利になる事から通常の魔法カードを使える仕様に変更したのだろう)

など細部に違いがあることから、5D'sの世界とはまた別の歴史を辿ったパラレルワールドであると思われる。
遊戯王ARC-Vの製作監督である小野勝巳氏は5D'sの監督も務めており、シンクロ次元の設定は監督つながりのファンサービスと見るべきだろう。


パラレルワールドゆえに、不動遊星不動博士と共に幸せな生活をしているかもしれないと考える人もそれなりにおり、pixivではそれを元にしたイラストも投稿されている。

【捏造】トップスで暮らす遊星さん



関連イラスト

ジャックロおめ!
笑顔


シンクロ次元
シンクロ次元の愉快な仲間達



関連タグ

遊戯王ARC-V 遊戯王 シンクロ召喚
行政評議会 セキュリティ
ライディングデュエル Dホイール

遊戯王5D's 遊戯王ARC-5D's

pixivに投稿された作品 pixivで「シンクロ次元」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 308343

コメント