ピクシブ百科事典

ディヴァイン

でぃゔぁいん

ディヴァインは、遊戯王5D'sに登場するおじさんである。
目次[非表示]

CV:松風雅也

人物像

アルカディアムーブメントの創設者にして総帥。赤く長い前髪が特徴。十六夜アキ同様、カードを使って超能力を発揮するサイコデュエリスト。
サイキック族で構成されたデッキを使用。切り札はメンタルスフィア・デーモン
性格は一見温厚な人格者に見えるが、本性は非常に冷酷で狡猾かつ傲慢極まりない卑劣漢。サイコデュエリストを兵士として育成し世界を掌握するのが目的であり、その根底には異端者として世間から差別されてきた事への深い復讐心が存在する。
シグナーダークシグナーの戦いには全く興味が無く自分の野望を第一としている。ただし龍可の精霊を操る能力には若干興味を示している。そのため、双子の兄である龍亞に大人気ない態度でデュエルを行い、実験をした。
自分以外のサイコデュエリストは捨て駒程度にしか見ておらず、それは腹心でもあるアキとて例外ではない。そのエゴイスティックな価値観から、ミスティ・ローラの弟であるトビーを実験の果てに死に至らしめた。

お兄さんと呼ばれていいぐらいには若い外見だが、視聴者からの愛称は「おじさん」。
これは前述の龍亞とのデュエルで「おじさんのデュエルは荒っぽいからね、本気でかかってきなさい」と、自分からおじさん扱いしたためである。

ダークシグナー編

ダークシグナー編では、侵入者のカーリー渚をサイコデュエルによってビルから転落させ殺すが、その直後ダークシグナーとして蘇った彼女に闇のデュエルを挑まれる。最終的にカーリーが召還した地縛神AsllaPiscuの一撃でビルの窓側から吹き抜けへと転落させられた。同時にアルカディアムーブメントも崩壊した。

最期

その後消息不明と思われたが、顔の右半分に大きな傷を負いながらも生存していた。治安維持局員と偽りサテライトに潜入し、深影や遊星を廃墟の金網に閉じ込めて溺死させようとした。その隙にアキとミスティのデュエルに乱入し、アルカディアムーブメントの再興のためにキーワードを使ってアキの潜在能力を解放させ、アキの破壊衝動を復活させた。その後、脱出した不動遊星に「トビーが自身の実験で死亡した罪をアキに擦り付けていたこと」を暴露するが、遊星の策によってそれがミスティに知られてしまい、トビーを「役立たず」と罵ったことが彼女の逆鱗に触れ「地縛神Ccarayhua」に捕食された。
ダークシグナー事件の後、他のメンバーのように復活したかどうか不明。

海外版

海外版ではアルカディアムーブメントがイリアステルに対抗するレジスタンス組織という設定になっており、何故か正義側の人物として扱われている(人体実験などの件はそのままなのでいわゆるダークヒーローの扱い)。
更に、本編のクライマックスであるWRGP編ではディヴァインの活躍によってイリアステルの歴史改変が阻止されていたというとんでもない設定が追加され、これに伴って本来のラスボスであるZ-ONEは退場し、アポリアが実質的なラスボスとなっている。
海外版5D'sは表現規制の問題などもあって大幅なシナリオ変更がされているが、何故彼が海外版でここまで重要な人物になったのかについては定かではない。まるで意味がわからんぞ!

TFSPにおいて

上記の通り海外版で大きく設定が変更された影響によるもの…かは定かではないが、ゲーム作品での出番にはあまり恵まれていなかったディヴァインではあるが、タッグフォースSPのアキシナリオでは大きな役割を果たす。
このゲームでは復活後長い間行方不明扱いになっている間にアルカディアムーブメントが壊滅するが、自身とアキのサイコデュエリストの力を用いた再起と、海外版アニメ同様のイリアステルによる歴史改変阻止を目論む。
「イリアステルの歴史改変を阻止する」というそこだけ聞けば正義側に思えるような行動目的についても、そのためにサイコデュエリストとしての力を使って子供達を洗脳したりアキが冤罪でセキュリティに追われるように仕向けるなど、決して真っ当とは言えない手段を用いようとしていた事が明かされた。

遊戯王ARC-Ⅴ

直接の出番はなかったが、回想シーンでディヴァインと思しき人物がジャックに敗北している。この時もメンタルスフィア・デーモンを使用している。
恐らくこの世界にはサイコデュエリストやアルカディアムーブメントも存在しないと思われるため、完全に一般のデュエリストだったと思われる。

関連タグ

遊戯王5D's
十六夜アキ

pixivに投稿された作品 pixivで「ディヴァイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 305774

コメント