ピクシブ百科事典

行政評議会

ぎょうせいひょうぎかい

「行政評議会」とはアニメ『遊戯王ARC-V』に登場するシンクロ次元シティの最高意思決定機関である。
目次[非表示]

「ですな?議長。」
「はぁい。」

概要

5人の老人から成る、シンクロ次元シティの最高意思決定機関。
曲がりなりにも極端な競争社会の頂点に立つ者たちとして、メンバーはいずれも海千山千。
本来、セキュリティですら行政評議会の下部組織でしかない。

シティの現状維持を望み、シンクロ次元の超々格差社会の元凶ともなっている。
1%のトップスと99%のコモンズの対立の激化に対し、融和を目的としたデュエル大会フレンドシップカップの開幕、及びデュエルチェイサーズを始めとするセキュリティの強化など、飴と鞭の政策を行っている。

また、最高評議会という立場からか自分達が安泰であればどのような状況であれシティも安泰と断じ自分たちを「社会のおもし」と評し自分達が安泰の道を歩むことを中心に考えている傲慢なところがある。

メンバー

ホワイト・タキ
CV:金尾哲夫
メイン画像中心の人物。白い服を着た白髪の老人。議長を務める。
自分たちをシティのおもしと断じ積極的に動かないところは共通しているが他の4人とは違いどんな時も笑みを崩さず、ジャン・ミシェル・ロジェのクーデターにも動じず零児が評議会ビルから去る時や自分達が見捨てられていると恐怖していると指摘されても慌てる様子が全くないなど底の見えない人物。

ゲール
CV:拝真之介
メイン画像左端の人物。黄色と黄土色の服を着た男。

アスール
CV:田中杏沙
メイン画像右から二人目の人物。青色の服を着た(一応)メンバーの紅一点。

グレイ
CV:野川雅史
メイン画像左から二人目の人物。オレンジと灰色の服を着たギョロ目の特徴の小男。

ボルドー
CV:藤原貴弘
メイン画像右端の人物。オレンジ色の服を着た長身の男。
「ですな?議長」と確認を込めてタキに言うのが癖となっている男。

来歴

融合次元のことは少しではあるが把握しており、赤馬零児の訴えに対して「現状維持」を望む。
ランサーズに融合次元に対抗できるだけの力があれば彼らをシンクロ次元を守るために利用し、そうでなければジャン・ミシェル・ロジェを通じて融合次元と友好関係を結ぶことを考えた。

しかし、思惑の知れないロジェを抑え込もうとしたことが裏目に出てしまい、逆にロジェのクーデターで軟禁されてしまった。
その後、敗れたセレナを救出させるために赤馬零児が動いた事で拘束からは解放されたが、ロジェの追撃やオベリスク・フォースの襲来に対して、ランサーズの存在を、彼等の協力要請をスルーして『融合次元の多次元への侵略の阻止と対抗している』部分だけを都合よく解釈している節があり、ひたすら自分たちの安全を守るように言っている。
こうした彼らの態度に、零児も口には出さないがシンクロ次元全体を含めてどこか呆れ、白けた目を向けている。

セルゲイ・ヴォルコフジャック・アトラスに敗れ暴走し始めたロジェが戒厳令を発令した直後、零児が表に出て大量のセキュリティを一掃した現場では自分たちを守る者がいなくなる恐怖からとうとう重い腰を上げたがこの時には零児に「傍観者に未来を語る資格は無い」と勝ち馬に乗り続けて高みの見物に徹する立場を一刀両断された。

その後、零児の言葉に思うところがあったのか、ロジェから主導権を取り戻してフレンドシップカップ決勝の実行に貢献。
デュエル後には格差社会の安寧に務めた事を暴露し、以降の社会を市民たちに託し退くことを宣言した。

余談

  • ED4「Speaking」では他のメンツにまじって昼寝している姿がネタにされやすい。(特に、眼を開けたまま左手で空を指差すグレイ)
  • 彼らの名前は服の色と対応している。ホワイト・タキ→、ゲール→インドヨーロッパ語で、アスール→スペイン語で水色(アズール、アズラエルとも)、グレイ→灰色、ボルドー→ワインレッド
  • その内、ホワイト・タキは紫雲院素良黒咲隼に続く、カード枠に対応する色が付くキャラであるが(シンクロモンスター→白→ホワイト)、その二人とは年齢層が大きく違う。


関連タグ

遊戯王ARC-V シンクロ次元 
セキュリティ ランサーズ
赤馬零児 ジャン・ミシェル・ロジェ

pixivに投稿された作品 pixivで「行政評議会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1028

コメント