ピクシブ百科事典

華氏451度

かしよんひゃくごじゅういちど

レイブラッド・ベリのSF小説。
目次[非表示]

概要

1953年にレイ・ブラッドベリが書いたSF小説。1964年に映画化もされ、映画日本語表記は『華氏451』。
華氏451度≒摂氏232.78度はが燃え出す温度を意味し、読書が禁じられた世界を舞台にした人々の物語で、ディストピア関連のジャンルでは代表的作品。
焚書」を題材としたこの作品は国家による情報の検閲に対する批判、として有名だが、作者は物語のテーマをそれよりもテレビによる文化の破壊」を上げている(日本でも1956年に「一億総白痴化」(テレビを見ていると馬鹿になる)と言う言葉が流行ったことがある)。

物語

物語の舞台の世界は、情報の全てがラジオやテレビの音声画像のみで、本の所持や読書は禁じられ、市民に有害情報をもたらせず、社会の秩序を守るとしている。本を持っていた者は「ファイアマン」(本来は「消防士」の意味)と呼ばれる機関に摘発され、本は即刻燃やされる。密告制度もあり市民はお互いに監視もしている。その結果、人々の思考力と記憶力は失われていっていた。
そんな世界で生きるファイアマン隊員であるガイ・モンターグは、クラリスという女性と出会い、彼女との交流から自分の行いに疑問を感じ始め、現場で本を拾って読み始め、社会への疑問を感じ始める。しかし、本の存在がバレ、彼は追われの身となる。

関連タグ

SF 小説 SF小説 焚書 ディストピア
リベリオン 華氏911
図書館戦争 蒼き流星SPTレイズナー(第二部)

pixivに投稿された作品 pixivで「華氏451度」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101

コメント