ピクシブ百科事典

リベリオン(映画)

りべりおん

『リベリオン』とは、2002年公開の近代SFアクション映画。カート・ウィマー監督。原題は「Equilibrium」(均衡・落ち着きの意)。
目次[非表示]

概要

文明崩壊後管理社会を舞台に、後述する特異なアクションで敵をなぎ倒す主人公の戦いを描いたSFアクション映画。作品テーマは「無感覚」と「検閲」。

主演はアクション映画初主演となるクリスチャン・ベール。宣伝コピーは「Forget “The Matrix”!」(『マトリックス』を超えた!)とアクションシーン並にハッタリが効いているが、劇場公開時には人気がイマイチでDVDリリース後に口コミで人気が高まった。

ヘルメットでモブキャラ役を兼務させまくったり、ロケ地(ドイツ)の地下鉄工事現場を使ったりと工夫を凝らしているが、編集ミスやチープさが散見されるなど低予算なため細部にはツッコミ所もある。しかし未来を思わせるモノトーン・無機質・無個性なデザイン、ガン=カタに代表される斬新なアクション表現、主人公が次第に感情を取り戻していく王道的な設定は高い支持を得ている。特にガン=カタに影響を受けたと思われる作品は多い。


あらすじ

第三次世界大戦の惨劇からようやく立ち直り始めた世界。その世界の新興都市「リブリア」。そこは、テトラグラマトン党の党首ファーザーが君臨し、二度と戦争が起らないように感情を持つことを禁じられた社会だった。
人々は「イクイリブリウム」という政府機関が生産・配給する感情抑制薬「プロジウム」の服用を義務付けられ、感情を呼び起こす原因となるあらゆる芸術を禁止していた。芸術を所持したり薬の服用を拒否したり感情が芽生えた者はことごとく逮捕・処刑されていった。そしてそれを実行しているのが特殊捜査官「グラマトン・クラリック」であった。
物語は第一級クラリックであるジョン・プレストンが芸術品を所持していた同僚を違反者として射殺したところから始まる。

主要人物

ジョン・プレストン・・・主人公。最強クラスのクラリック。
メアリー・オブライエン・・・ヒロイン。政府の弾圧に反抗している。
アンドリュー・ブラント・・・ライバル。凄腕のクラリックでジョンの新パートナー。
デュポン・・・テトラグラマトン党の副総裁。ジョンとブラントの上司。
エロール・パートリッジ・・・ジョンの同僚のクラリック。
ユルゲン・・・政府に反抗する地下組織のリーダー。
ファーザー・・・テトラグラマトン党の総裁であり、都市の支配者。

ガン=カタ

本作品の代名詞的な戦闘術が登場する。二挺拳銃を用いて相手の面前に躍り出て戦うという銃撃戦の常識を覆した設定は本作の代名詞とも言える。
詳しくはガン=カタへ。

キャスト

役名キャスト吹き替え
ジョン・プレストン/クラリッククリスチャン・ベール小山力也
メアリー・オブライエンエミリー・ワトソン田中敦子
アンドリュー・ブラント/クラリックテイ・ディグス楠大典
副総裁デュポンアンガス・マクファーデン山路和弘
エロール・パートリッジショーン・ビーン田中正彦
ユルゲンウィリアム・フィクナー菅原正志
ファーザーショーン・パートウィー小川真司
ロビー・プレストンマシュー・ハーバー浅井清己


スタッフ

監督・脚本 - カート・ウィマー
製作 - ヤン・デ・ボン / ルーカス・フォスター
製作総指揮 - アンドリュー・ローナ / ボブ・ワインスタイン / ハーヴェイ・ワインスタイン
音楽 - クラウス・バデルト
撮影 - ディオン・ビーブ
編集 - トム・ロルフ / ウィリアム・イェー
配給 - ディメンション・フィルムズ(アメリカ) / アミューズピクチャーズ(日本)

関連タグ

リベリオン
映画 洋画 アメリカ映画 SF映画 アクション映画 カルト映画 映画の一覧
ガン=カタ (ガンカタ)
SF ディストピア ポストアポカリプス

外部リンク

リベリオン
リベリオン - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「リベリオン(映画)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34951

コメント