ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

朔月美遊

さかつきみゆ

『プリズマ☆イリヤ』の登場人物「美遊・エーデルフェルト」の旧名。
目次 [非表示]

「……星に願い事、もしひとつだけ叶うのなら──

士郎さんと本当の兄妹になりたい」



※『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』7巻以降のネタバレが含まれます。




















神の子

それら女児は皆赤い瞳を持ち、超常の力を有したという。

人の思念を受信し、無作為に現実化してしまう子供──神の稚児。


概要

美遊・エーデルフェルトの旧名。

美遊の正体はイリヤたちがいる世界とは鏡面界を隔てた向かい側にある「平行世界」の冬木市で暮らしていた衛宮家の娘」で、生まれながらにして完成された聖杯。つまり『平行世界のイリヤ』といえる存在。

現在の本名は『衛宮美遊』で『朔月美遊』は養子として衛宮切嗣に拾われる前の名前。


彼女が生まれた「朔月家」は表向きは天正から続くという歴史の古さだけが取り柄の旧家とされていたが、その実態は「人の願いを無差別に叶える力」を有する女児・神稚児が生まれる特殊家系である。

しかし、神稚児の力には願いを叶える度に本人の魂をすり減らしていくという代償があった。


いわく…


一人目は、冬木を飢饉から救い2歳で死亡した。

二人目は、命より先に精神が尽きた。

三人目からは、出生が秘匿された。


その後、朔月家の女児は人の思念を遮断する結界内にて、母親一人の手によって育てられるようになった。

それは、神を人へと堕するための儀式。喋らず、思わず、動かずが是とされる、正常な子育てとはおよそ正反対の冷徹な手続き。

そして、数えで7歳を迎え力を無くした後は「病気が治った」「親戚の子を引き取った」などと理由を付け、人の世へと送り出される。


これらは神稚児の力を決して自らの富や繁栄に使わず、子供たちの健やかな成長だけを願っての行為であり、美遊の代に至るまでの400年間、1つの例外もなく続けられていた。


経歴

これまでの神稚児と同様に結界の中で育てられていたが、美遊が数え年で7歳になる直前、冬木市で起こった謎の闇による侵食事故で朔月家を覆っていた結界が壊れ、朔月家の人々は美遊を残して全員死亡してしまう。


神稚児の伝承を追っていた衛宮切嗣士郎は、ちょうどその事故を目の当たりにし、急いで向かった屋敷(の残骸)で独りになった美遊を発見。そのまま彼女の力を使うため衛宮家の養子として引き取った。

神稚児の力が発現出来る期間は残り少なかったため、切嗣は自分の願いである世界の救済のために弱った身体で研究に没頭するが、力を使用する方法を見つけられずに他界、後を士郎に託した。


美遊の力で「人類救済」という願いを叶え続けるためには、美遊は命だけではなく「魂ごと世界に永久に縛られる」ことなるため、士郎は美遊を道具として扱うことも、人として育てることもできずに数年間過ごした。

何も知らずに10歳になった美遊は士郎の前で星に向けて「士郎さんと本当の兄妹になりたい」と願ったが、それに応えるように美遊の瞳の色は「」から「金(士郎と同じ色)」へと変化する。


妹の人間らしい姿を見た士郎は『本当』を始めようと決意し、第一歩として朔月家跡地を訪れ美遊を拾った本当の理由を明かそうとしたが、その場に現れたジュリアン・エインズワースによって美遊を連れ去られてしまう。


攫われた先で士郎と切嗣が自分を拾った本当の理由を聞いた美遊は、全てを諦め願望器として使われる運命を受け入れようとしていたが、そこにクラスカードを用いた第五次聖杯戦争を勝ち抜いた士郎が現れ、ただ美遊の為に願いを掛ける。


「──我 聖杯に願う


美遊がもう苦しまなくていい世界になりますように

やさしい人たちに出会って…笑いあえる友達を作って…


あたたかで ささやかな──幸せをつかめますように」


士郎の願いによってイリヤのいる世界へと飛ばされた美遊は居場所のない生活を始めることになるが、偶然出会ったカレイドステッキマジカルサファイアの話でクラスカードが自分と一緒に同じ世界へ来ていたことを知る。

クラスカードが今いる世界に悪影響を与える前に、自分の手でカードを回収するためサファイアとマスター契約、魔法少女として戦うことを決意する。

Fate/Grandorder

大まかな点は美遊・エーデルフェルトの方を参照。


第3再臨で真名が「朔月美遊」となり、瞳も赤色に戻る。

また、第3スキルが「神稚児の願い(EX)」と神稚児の力を元にしたものを習得し、さらに宝具『星天を照らせ地の朔月(ほしにねがいを)』の演出も、上述した士郎の願いを叶えるシーンが元になっている。


関連イラスト

神稚児I wanna be your Hero


FGO

朔月美遊朔月美遊


余談

  • デザインコンセプトは「和風」“平行世界のイリヤと似た存在”という事で、銀髪赤眼のイリヤとは対になるよう設定された。
  • 初期プロットでは、クラスカード回収が完了した後に美遊は元の世界へ帰る予定だったとの事。しかし、元々短期連載だった第1期の段階ではそこまで踏み込む前に尺の限界となってしまったため、超敏腕担当編集エヌグっつぁんの指示により方針転換して一旦お蔵入りせざるを得なくなってしまった。
    • ちなみにこの時、超敏腕担当編集エヌグっつぁんは、作者ひろやまに「絶対に通してやる」と2期以降を約束していたが、ひろやま自身は「嘘だッ! チョーシいい事を言ってノせといて、どうせ無ぇんだるぉぉぉ!?」とか内心思っていた模様。しかし実際にエヌグっつぁんの辣腕で2期3期と実現して驚愕する事になった。
    • そして、ようやくこれらの設定が明かされたのは通算14巻目に入ってからであった。
  • 今は亡き母親の名前は「朔月陽代子」。娘同様かなりの天才だったらしく、司法書士資格を始めかなり多才な人物だったという。
    • この「代々の天才」という部分は、母親の「娘が健やかに幸せに育ってほしい」という『無意識の願い』に神稚児(聖杯)の力が反応しての結果と言われている。

関連タグ

プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い 聖杯/願い 美遊兄


衛宮切嗣:義父(故人)。平行世界にも存在しているが、イリヤたちのいる世界では存命するイリヤの父であり、世界中を仕事で飛びまわっているため会ったことがない。


両儀式:退魔四家の一つ。両儀家の時期当主。両儀の者は陰陽の人格を形成するという性質があり、本来は失われていく人格を固定する技術を有していた。


東方家:同じく特定の特徴を持つ家族が持つ特性を消すために特殊な育て方をする別作品の一族。ただし、朔月家の方法は確実に効果があるちゃんとした手続きであるのに対し、この一族の場合はただの迷信でしかなく、全くと言っていいほど効果がない。


プリヤ本編単行本化前エピソードのネタバレ注意!

関連記事

親記事

美遊・エーデルフェルト みゆえーでるふぇると

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1121610

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました