ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

あてんしょん‼︎


当記事には戦姫絶唱シンフォギアXV、ひいてはシンフォギアシリーズ全編を通しての謎に関する重大なネタバレが含まれます。未視聴の方はくれぐれもご注意ください































すまない…僕達にはもう、全てを説明するだけの時間も、言葉も、もはや失われて……ッ



許してほしい……………



フィーネ




CV:草尾毅

概要編集

人類を創造した神々とされる種族「アヌンナキ」の男性個体。緑がかった青髪で精悍な整った顔の青年。

アヌンナキにおける保安・防衛の要職を務めていた。

XV1話の冒頭で月の遺跡から「バラルの呪詛」を地球に放った張本人にしてフィーネの想い人だった。




しかし、「人が神に近づく事を許さずバラルの呪詛と言う罰を下した」というフィーネの言葉に反し、呪詛を起動させた際には左腕を失った瀕死の状態で、冒頭にあるフィーネへの謝罪の言葉を絶命直前に独白し、バラルの呪詛は彼らアヌンナキにも不本意な物だった事を視聴者に示唆した。


真実編集

未来を依り代に再臨したシェム・ハの眷属となったノーブルレッドを追い、月の遺跡に転送されたマリアは、アガートラームに導かれて遺跡の中枢に辿り着く。

そこでOSがエンキを再現したAIプログラムから、アヌンナキとバラルの呪詛の真実を教えられる。




種として進化に行き詰まっていたアヌンナキは、未来を打開すべく、地球という絶好の環境で生命を想像し、目的に応じてその進化に干渉し星の環境を改造し、生命の行き着く果てを解明しようとしていた。

人類もその試みの一端であり、惑星環境改造装置「ユグドラシル」の生体演算端末群、つまり生きたネットワーク回線兼スーパーコンピューターとして、他の生物よりも脳を進化させた生命体だったのである。


しかし、改造執刀医であったシェム・ハは権力と力を欲し、アヌンナキを裏切り彼らに戦いを仕掛けた。シェム・ハが行動を起こす前に緊急任務遂行部隊を率いて討伐に向かったエンキは、部隊の仲間を全て喪い、銀に変えられた左腕を切り捨てながらも、死闘の末に刺し違える形で彼女を倒した。


しかし、シェム・ハは自らを言語化し様々なネットワークに潜伏しそこから何度でも復活でき、しかも地球人類の遺伝子に自分の情報を紛れ込ませて自らのスペアボディ、依り代にしていたのだった。

人類を保護し、シェム・ハの復活を阻止するためには統一言語という脳波ネットワークによって繋がった人類を月の観測ベース「マルドゥーク」からのネットワークジャマーによって分断する以外になかった。


それこそが後に「バラルの呪詛」と呼ばれ、人類の相互理解を阻む忌むべき元凶とされるものだった。


致命傷を負ったエンキには時間が残されておらず、すぐに復活するであろうシェム・ハの野望を食い止めるにはすぐにバラルを起動させなければならなかったため、フィーネに何も語る事が出来ずに月遺跡を起動させた直後、命を落としてしまった。


残されたフィーネはそれを知る由もなく、他のアヌンナキ達もシェム・ハの遺骸を「棺」に納め南極の厚い氷の下へ埋めた後で地球を放棄し去ったと思われるため、「エンキが近づこうとした自分を拒んだ」と誤解してしまったのだ。

だが実際はエンキも常に寄り添ってくれた人間であるフィーネを大切に想っていたのだ。

バラルを起動すれば言葉を交わす事も叶わなくなるとしても、彼は死の間際まで彼女の事を想い、生体演算端末群として作られながらも進化の果てに自分達と同じ「個」を獲得した人類の生命と尊厳を、シェム・ハから護るためにバラルを起動させたのである。


そして銀に変換されて切り落とされたエンキの左腕は、中東にて出自不明の聖遺物として発見され、後に「アガートラーム」と言う便宜上の名前を与えられてシンフォギアへと加工される。

つまり、カデンツァヴナ姉妹は知らずして神の一部を纏っていたのである。故にシェム・ハはアガートラームを纏うマリアを「エンキの裔」と呼んだのである。


余談編集

モチーフはシュメール神話に登場するアヌンナキのエンキからでルル・アメルを創造し知識や魔法、淡水、繁殖、豊穣を司る神とされており、人間に知性を与え改良しようとしそれをよく思わない兄のエンリルとの争いなどシュムハとの争い関係の元ネタになっている。彼は蛇やドラゴンを象徴として描かれており、アマルガムを発動したアガートラームの腕もそれに倣ってか蛇やドラゴンのようなものになっている。


人間のために尽くしたその一方、旧約聖書でアダムとイヴを唆し禁断の果実を手にしようと差し向けた蛇、キリスト教などではサタン(ルシファー)、ギリシャ神話のプロメテウスなど様々な宗教で罪の象徴にされている神や悪魔と同一視や原型とされ悪や争いに利用されており神話的に見ると人間のための行動が結果的に、彼自身を争いの象徴にしてしまったという皮肉な結果になっており、バラルの呪詛による忌むべき神やアガートラームが中東で発見されたネタなどもここから来ていると思われる。


ちなみに魔女狩りもサタニズム(サタンを信仰する宗教)などから生まれた現象のため、ある意味キャロルの父が死んだ元凶とも言える。


青い髪はシンフォギアの原作・シリーズ構成を担当している金子彰史氏の担当作品、ワイルドアームズシリーズ初期の主人公のトレードマークだった。切り落とされた片腕が「アガートラーム」となるのは第一作の主人公ロディ・ラグナイトの辿った顛末であり、たなびくマフラーを纏うことは第二作の主人公アシュレー・ウィンチェスター変身形態と相通ずる意匠である。


関連タグ編集

戦姫絶唱シンフォギアXV シンフォギアの登場人物一覧 アヌンナキ(シンフォギア) アガートラーム(シンフォギア)

悲恋

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21323

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました